簡単にできる乾燥肌の改善法

乾燥肌の原因は季節的なものではありません
日頃の栄養バランスや、生活習慣も密接に関連しているのです!
生活習慣を見直すだけでも乾燥肌の改善は十分可能なのです

view115

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌に水分が足りず、カサカサしたりヒリヒリしたりしてしまう乾燥肌。乾燥肌が進行するとかゆみや湿疹が出てしまったり、敏感肌にまで発展してしまうこともあります。
    出典 :0円で乾燥肌を改善させる方法 | nanapi [ナナピ]
     

    乾燥肌は放っておくと様々な疾患に発展してしまう可能性があります

  • 乾燥肌用クリームなどのスキンケア商品もありますが、効果には個人差がありますよね。またアトピー性皮膚炎があったり子どもが乾燥肌だったりすると、化粧品を使うのは少し抵抗があるかと思います。
    出典 :0円で乾燥肌を改善させる方法 | nanapi [ナナピ]
  • まずは、肌が乾燥するメカニズムを覚えましょう。

  • 乾燥肌は、皮膚の潤い成分が減少することで起こります。悪化のメカニズムが分かれば、乾燥を押さえて、潤いを取り戻すことが可能。うるおいは、皮膚の一番外側にある角質層が、正常に機能しているかどうかで変わります
    出典 :簡単にできる乾燥肌体質改善法
     

    乾燥肌の原因は角質層の機能が重要なのです

  • 角質層にある潤い成分は、大きく分けて3つです。

     

    皮脂

    細胞間脂質

    天然保湿因子

  • 皮脂腺から分泌される皮脂は、ホルモンによってコントロールされています。女性は40代からホルモンの分泌量が減少し、それに伴い皮脂量も激減します。
    出典 :簡単にできる乾燥肌体質改善法
  • セラミドやコレステロールで構成される細胞間脂質は、角質細胞を満たす重要な物質で、肌は刺激物質の進入を防ぐ作用を持っています。皮脂が減ると肌は紫外線などの影響を受けやすくなります。
    出典 :簡単にできる乾燥肌体質改善法
     

    皮脂を充分に分泌させることが大切なのですね

  • かさかさ肌は、本来なら体に自然に備わっている潤い成分が、減少したり破壊されたりすることで起こります。肌を改善するため必要なのは、加齢で減少した潤い成分を補給することと、皮膚のバリア機能を損なう生活習慣を見直すことです。
    出典 :簡単にできる乾燥肌体質改善法
     

    加齢とともにうるおい成分は減少していきますので、それを補う工夫が必要です

  • 加齢以外にも次のような乾燥を悪化させる原因があります。

     

    誤った洗顔方法
    紫外線の影響
    タバコや飲酒
    偏った食事
    化粧品やコスメ、洗濯石鹸や洗剤による刺激

  • できるだけ肌に何もつけないのが有効なのです

  • クレンジングや洗顔後、化粧水などをつけないと乾燥してパサパサになるかと思いますが、我慢しましょう。しばらく続けると、何もつけなくても乾燥しなくなると思います。市販の基礎化粧品には保存料など天然成分でないものが含まれています。今顔につけている化粧水を飲んだり食べたりできますか?できませんよね。
    出典 :0円で乾燥肌を改善させる方法 | nanapi [ナナピ]
     

    よほど高価な天然成分のみの基礎化粧品でもない限りはつけないようが長期的にみて肌には良いようです

  • もし乾燥がなおらないようでしたら、精製水にアロマオイルをミックスしたものを化粧水代わりに、リップの代わりにハチミツを使いましょう。
    出典 :0円で乾燥肌を改善させる方法 | nanapi [ナナピ]
  • 化粧品も肌には刺激になります。なにもつけないのがベストですが、まったく化粧をしないのは難しいと思います。化粧をするなら今よく売られているミネラルでできたファンデーション、アイシャドウ、チークを使うと良いでしょう。UVカット効果もあり、クレンジングも石鹸でできます。
    出典 :0円で乾燥肌を改善させる方法 | nanapi [ナナピ]
  • ボディーソープでなく石鹸を使いましょう

     

    ボディーソープには界面活性剤がもちろん含まれていますから、石鹸をお勧めします。

    タモリさんの入浴法が一時期話題になりましたが、湯船につかっていると80%~90%の汚れが落ちます。実際お風呂に入った後ってお湯が少し濁っていますがあれが私たちの体についていた汚れです。

  • 規則正しい生活をする

  • 肌のターンオーバー(肌が生まれ変わること)はPM10:00~AM2:00が最も活発になるといわれています。成長ホルモンは寝てから30分後に分泌が始まり、その後約1時間が最も分泌が盛んになるので、遅くとも12時までには寝るようにしましょう。
    出典 :>乾燥肌を予防する生活習慣
  • ゴールデンタイムと言われる23時~2時の眠っている間に肌の再生が行われています。なるべく早く寝ましょう。
    出典 :0円で乾燥肌を改善させる方法 | nanapi [ナナピ]
     

    日付が変わる前に就寝することが肌のために良いようです

  • 夜更かしが肌に良くないというのはこのためなんですね