脳を上手に使うと「運」も「頭」も良くなり「成功」への近道となります

view304

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳にも使い方があります。上手に使えば「運」も良くなり、「頭」も良くなれます。脳を上手に使うにはどうしたらいいのかまとめてみました。脳にはどんな秘密があるのでしょうか?

  • 脳の使い方で運がよくなる

     
  • 脳を上手に使って「運」がいい人になろう

  •  
  • 運が良くなる方法

  • 口に出して言うと、運がよくなる

     
  •  
     

    思っているだけでは不十分です。声に出すことで、自分の耳にも聞こえるので、多くの感覚器官が働き始めます。一人でいる時に声にだして言ってみましょう。毎日の習慣にすれば、運が向いてきます。

  • 理想の人の真似をしてみる

     
  •  
     

    自分がああなりたいと思う人の真似をすることは有効です。
    いろいろと真似ていくうちに、そういう人物になっていきます。
    その後は、徐々に自分の個性が出てきます。いつまでもコピーではありませんので、ご安心を!

  • 夢を思い描く

     
  •  
     

    常に夢を思い浮かべてみましょう。
    いつも自分が思っている人になるように脳は働くからです。

  • 脳の力を高めていく習慣を身に着ける

  • 脳には睡眠が必要

     
  •  
     

    体にとって睡眠は不可欠のものですが、特に脳には重要です。
    アインシュタインは、脳を使っていたせいか睡眠時間は10時間もあったそうです。

  • 片づけは脳の準備運動になる

     
  •  
     

    仕事の前に短い時間でいいので、掃除をしたり、デスクの上を片づけたりすると、脳の準備運動になります。

  • 制限時間を設ける

     
  •  
     

    制限時間があることで、脳は活発に動き出します。
    たっぷり時間があると、脳はそれを知っていますから、のんびり動くのです。

  • 行動予定をたてる

     
  •  
     

    やることが整理されて書かれていることで、脳は動きやすくなります。

  • 幸せな自分を思い浮かべる

     
  • 小さな目標から達成してみよう

     
  •  
     

    小さな目標を達成しても、脳は「成功」したと認識します。
    こうして成功体験を積むと、脳は大きな目標もクリアーしてしまうのです。
    まずは、何か小さな目標をたててみてください。

  • 脳に良い習慣をもちましょう。