脳を上手に使うと「運」も「頭」も良くなり「成功」への近道となります

脳にも使い方があります。上手に使えば「運」も良くなり、「頭」も良くなれます。脳を上手に使うにはどうしたらいいのかまとめてみました。脳にはどんな秘密があるのでしょうか?

view284

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳の使い方で運がよくなる

  • 脳を上手に使って「運」がいい人になろう

  • ◎ツキを呼ぶ脳と見放される脳の違い

    『科学がつきとめた「運のいい人」』の著者・中野信子さんは「脳にも個性があり、使い方があります。“運がいい”とされる人たちには、科学的に説明がつく行動パターンや脳の使い方があることがわかってきました」と話す。

    そもそも、人間の脳には、持って生まれた特徴があるという。セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の量には個人差があり、さらにそれらの分解の度合いによっても、脳の個性が異なってくる。例えば、セロトニンの分泌量が多い人は安心感が強く、反対に少ない人は不安を感じやすい、といった具合だ。
    出典 :脳科学者が解説!「運のいい人になる5つの方法」 (@DIME) - Yahoo!ニュース
  • 運が良くなる方法

  • 口に出して言うと、運がよくなる

  • 「一般的に、運・不運は誰の身にも公平に起きていることです。運のいい人は、単に恵まれているのではなく、運をキャッチするのがうまい。それと同時に、不運を防ぐような行動や考え方をしているのです。その第一条件が“自分を大事にしている”という点ですね」

    また、運がいいことを口に出して言うのも脳科学的に有効だ。

    「心の中で『ラッキー』と思うよりも、実際に『運がいいぞ!』と口にしたほうが、多くの感覚器官が働き、記憶が強化されやすくなります。声に出せば『自分は運がいい』と脳に定着しやすいのです」

     逆に、自分を粗末にしている人は、絶対に運に恵まれないと断言する。「自分にはできっこない」と決めつけている人、意見が対立した時に無条件で必ず折れてしまう人などは要注意だ。
    出典 :脳科学者が解説!「運のいい人になる5つの方法」 (@DIME) - Yahoo!ニュース
     

    思っているだけでは不十分です。声に出すことで、自分の耳にも聞こえるので、多くの感覚器官が働き始めます。一人でいる時に声にだして言ってみましょう。毎日の習慣にすれば、運が向いてきます。

  • 理想の人の真似をしてみる

  • ◎自分を騙さず、不安と真っ向勝負する
    「意志と想像が真逆にある場合は、必ず想像のほうが勝ってしまうんです。これは“努力逆転の法則”というメジャーな法則です。例えば、悪いことが起きそうな予感がする時、『きっと大丈夫』と言い聞かせても必ず失敗するものです。

    ◎人の真似をすると脳の回路も似る
    「ですから、成功している人や、この人みたいになりたいと思う人の真似をすべきです。持ち物や使う言葉、企画書の書き方、食べ物、何でもいいのです。そのうちに脳の回路も似てきて、『あの人なら、この場面でどう決断するだろう』ということまでわかるようになってきます。ただし、脳の使い方は1日では変わりません。新しい回路ができるのには少なくとも3週間かかるとされていますから、意識して3週間続けるといいでしょう」
    出典 :脳科学者が解説!「運のいい人になる5つの方法」 (@DIME) - Yahoo!ニュース
     

    自分がああなりたいと思う人の真似をすることは有効です。
    いろいろと真似ていくうちに、そういう人物になっていきます。
    その後は、徐々に自分の個性が出てきます。いつまでもコピーではありませんので、ご安心を!

  • 夢を思い描く

  • ●自分を大切にする
    自分を大事にする姿は、他人に伝わる
    愛車をていねいに扱うように、自分自身にも心を配る。

    ●不安と向き合う
    できないことはできないと素直に認めて
    「自分はできる!」と思えればいいが、そうでない場合は、「できる!」と思い込もうとしないほうがよい。

    ●運がいい人の真似をする
    なりたい人物の考え方に近づく
    成功している人や、こういう人になりたいというロールモデルがいたら、話し方や考え方、ファッションや持ち物まで、ありとあらゆることを真似してみるといい。

    ●毀誉褒貶(きよほうへん)に惑わされない
    運がいい・悪いは、自分で決めること
    「自分にとっての幸せは何か」というものさしがなく、世間の評判に流されて生きていると、いつまでたっても幸福感に満たされない。

    ●常に夢を思い描く
    センサーを働かせて幸運の矢をキャッチ
    明確な夢がなければ、幸運の矢が目の前に来ても、キャッチできないどころか気づかずに見過ごしてしまう。夢をかなえる人、セレンディピティーを発揮できる人は、夢や目標がかなった状態をいつも頭のどこかで思い描いている。
    出典 :脳科学者が解説!「運のいい人になる5つの方法」 (@DIME) - Yahoo!ニュース
     

    常に夢を思い浮かべてみましょう。
    いつも自分が思っている人になるように脳は働くからです。

  • 脳の力を高めていく習慣を身に着ける

  • 脳には睡眠が必要

  • 十分寝る

    基本中の基本とも言える「睡眠時間の確保」ですが、実際は削ってしまっている方も多いのではないのでしょうか。

    睡眠時間を削るという行為は、脳にとってはよろしくないことなんでしょう。誰でも経験があると思いますが、「寝不足で頭ぼぉーっとしてどうにもこうにもいかないや」ってなってしまっては効率的もへったくれもあったもんじゃない。脳がちゃんと働くことができない状況は、何としても避けたいところ。寝不足で良いことなんて一つもないじゃないかと思うので、睡眠時間の確保は最優先していきたいものです。
    出典 :上手な脳の使い方〜「脳が冴える15の習慣」を読んで学んだこと〜 - iPhoneと本と数学となんやかんやと
     

    体にとって睡眠は不可欠のものですが、特に脳には重要です。
    アインシュタインは、脳を使っていたせいか睡眠時間は10時間もあったそうです。

  • 片づけは脳の準備運動になる

  • 準備運動をする

    体を効果的に動かすためには、”準備運動”が欠かせません。それは脳にとっても言えること。なんたって脳みそもまぎれもなく体の一部なのですから。「いきなりトップギアで」ってわけにもいかないので、まずは軽く働かせてやることが必要です。

    準備運動には、「片づけ」がけっこう有効なようです。
    確かに片づけは、手に取ったものの「使う/使わない」「いる/いらない」を判断する、選択・決断のオンパレードです。これが前頭葉にいいんですね。また、片づけでは多少なりとも体や目を動かすことにもなり、それも脳にとってはいい刺激です。
    出典 :上手な脳の使い方〜「脳が冴える15の習慣」を読んで学んだこと〜 - iPhoneと本と数学となんやかんやと
     

    仕事の前に短い時間でいいので、掃除をしたり、デスクの上を片づけたりすると、脳の準備運動になります。

  • 制限時間を設ける

  • 脳には「基本回転数」と呼ぶべき要素があるそうです。「基本回転数」は、つまりは頭の回転の速さ。これを高めるために必要なのが、”準備運動”とそれにもう一つ。「制限時間」です。制限時間がない状況とは、つまりは基本回転数を上げる必要がないということ。基本回転数を上げる必要がないのに、脳が自ら進んであげてくれるとは思えません。多少はお尻を叩いてやらないと、脳は動いてはくれないということでしょう。

    まずは脳に準備運動をさせて、基本回転数が上がりやすい状態をつくっておく。次に、時間の制約がある中で仕事をし、集中力、頭の回転の速さを高めます。この時間の制約というのは、長くても2時間が限度
    出典 :上手な脳の使い方〜「脳が冴える15の習慣」を読んで学んだこと〜 - iPhoneと本と数学となんやかんやと
     

    制限時間があることで、脳は活発に動き出します。
    たっぷり時間があると、脳はそれを知っていますから、のんびり動くのです。

  • 行動予定をたてる

  • 脳の力を最大限に発揮させるには、自分の行動予定表を書くことも有効

    もちろん一つひとつのタスクには、それを行うのにかかるであろう時間を書き込んでおきます。そうすることで”制限時間”を設けることになり、脳の基本回転数をあげることができます。
    出典 :上手な脳の使い方〜「脳が冴える15の習慣」を読んで学んだこと〜 - iPhoneと本と数学となんやかんやと
     

    やることが整理されて書かれていることで、脳は動きやすくなります。

  • 幸せな自分を思い浮かべる

  • 小さな目標から達成してみよう

  • 「達成できると、脳内でドーパミンという報酬物質が出て脳が喜び、直前にやっていた行動回路が強化されます。『強化学習』といって物事が上達するコツです」 ―日本経済新聞2008年3月10日付

    大きな目標、素晴らしい目標を立てることもとっても大事ですが、細かく小さな目標を立てて、それを達成することで成功体験をたくさん積んでいくことで、行動が強化されてゆき、成果につなげるための習慣になり、果てはゴールに定めた大きな目標も達成できるという考え方です。

    脳科学の分野においても、こんな風に目標の立て方や、日頃の行動の習慣化に対するエビデンスがあるんですね。
    出典 :“強化学習”のススメ!脳科学分野における目標の立て方のコツとは? | habi+Do!
     

    小さな目標を達成しても、脳は「成功」したと認識します。
    こうして成功体験を積むと、脳は大きな目標もクリアーしてしまうのです。
    まずは、何か小さな目標をたててみてください。

  • 脳に良い習慣をもちましょう。