不妊の遺伝子検査について考える

子供を欲している方にとって、不妊の遺伝子検査は治療の一環として受けておくことをおすすめします。
不妊の原因としての遺伝子疾患のほか、体外受精での着床前診断の是非など、この機会に一度考えてみましょう。

view290

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊と遺伝子検査

  •  

    不妊にはさまざまな原因が考えられますが、その中には男女ともに精子・卵子の遺伝子に何らかの問題があることが考えられます。
    不妊治療はその原因を知ることから始まります。

  • 不妊の原因

  • 職場30~40代独身女性や、それくらいで初婚の人たくさんいるから、高齢出産、不妊治療、男女産み分け、遺伝子検査とか身近な話題
     

    近年は晩婚化が進み、上記のような年齢で初婚・初妊娠のパターンも増えてきました。

  •  

    しかし、女性が問題なく妊娠できる年齢には制限があることも事実です。

  • 配偶子(卵、精子)に染色体異常を認めると着床障害、科学的流産を引き起こします。染色体、遺伝子、DNAの各レベルに損傷があると、妊娠は不成功となり ます。ART(体外受精や顕微授精)では配偶子形成、受精、胚培養過程における染色体損傷に細心の注意をはらっています。
    出典 :原因不明不妊(機能性不妊)
     

    不妊の原因だけでなく、不妊治療においての過程でも遺伝子に影響がある可能性を含んでいるということです。

  • 命の選別

  • 特に着床前診断などで前もって遺伝子検査を行うことは、障害の是非で産み分けるという観点から「命の選別」であるとして批判的な意見も存在しています。

  • 日本産科婦人科学会の「重篤な遺伝性疾患」なら容認するという指針自体、何を持って「重篤」と言うのか、さらに重篤であれば、なぜ、生まれないようにして 良いのか、まさに「命の選別」のあり方自体に障害者団体・女性団体や社会的なコンセンサスや生命倫理の観点からも十分議論は尽くされていない。
    出典 :<抗議声明>大谷レディスクリニックによる着床前診断に見られる生命操作に抗議する | 障害者問題を考える兵庫県連絡会議 ~障問連~
     

    日本産婦人科学会では、重い障害の有無を判定するもの以外の着床前診断を禁止しています。この問題には倫理観なども深く関係しており、不妊治療そのものと含めて一考の価値はあります。

  • 遺伝子由来の不妊

  • 不妊治療してたママ友に聞いたけど、流産や不育、死産が続けば、遺伝子検査をすると。大沢樹生が検査したのは自然の流れだし、息子を検査したのも将来自分のような思いをさせたくなかったんじゃないかと。なるほどね。
     

    余りに妊娠がうまくいかない場合は、やはり男女どちらかの遺伝子疾患を疑うもののようです。

  • 不妊の原因はさまざまで、一般的には排卵因子と卵管因子、男性因子がそれぞれ不妊の理由の25~35%を占める「3大因子」とされる。
    出典 :「不妊治療の救世主」か「命の選別」か 新型着床前診断が投げかけた波紋: 小だぬきのつれづれ日記
     

    女性だけでなく、男性の遺伝子疾患もおおきな原因の1つであることを認識しておきましょう。

  • 進む研究

  • 【日本の研究.comニュース】男性不妊の原因となる遺伝子を発見―精子の運動・受精に働くタンパク質減少招く:産業技術総合研究所/東京歯科大学/理化学研究所ほか http://t.co/1C4KcHYRwH (独)産業技術総合研究所は1月9日、東京歯科大学、(独)理化学研...
     

    精子に含まれる遺伝子のうち、不妊の原因たりうるものの1つを特定したという報告です。詳細な内容がこちら。

  • (独)産業技術総合研究所は1月9日、東京歯科大学、(独)理化学研究所、千葉大学と共同で男性側が原因の不妊症を引き起こす遺伝子を発見したと発表し た。これは正常な精子を作るのに欠かせない遺伝子で、男性不妊症の原因の一つである精子無力症の患者では正常に働いていないという。不妊症の半分を占める 男性不妊症の原因を的確に判別し、適切な治療法を選択するのに欠かせない技術になると期待している。
    出典 :【注目記事】男性不妊の原因となる遺伝子を発見―精子の運動・受精に働くタンパク質減少招く:産業技術総合研究所/東京歯科大学/理化学研究所ほか - 日本の研究.com
     

    このように、原因となる遺伝子を突き止めることによって、今後の不妊治療の発展につながります。

  •  

    不妊治療にかかる遺伝子検査は、男女ともに受ける必要があります。

  • 一方で、体外受精や精子・卵子提供、また着床前診断など、倫理面からの議論は今も続いています。日本では認可されない動きも多く、まだまだ課題が山積している問題です。