妊婦さん必見!尿糖や血糖値が高いときは食事制限よりも血糖コントロール!

妊娠中の血糖値の高い場合は「妊娠性糖尿病」と言って、普通の糖尿病とは区別されます。しかし、ママや赤ちゃんにとっても決していいことではありません。どんな食事に気をつければよいのでしょうか。

view1158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 尿糖検査

  • 尿糖の「糖」はブドウ糖のこと。血液中に含まれる糖の量が多いと、尿の中に漏れ出てくる。尿中にブドウ糖が出ると血糖値が高い、つまり、糖尿病合併妊娠、妊娠糖尿病が疑われる
    出典 :妊娠中の尿タンパク・尿糖検査|プレママタウン
  • 「尿糖値が高い=血糖値が高い」ではない

  • 尿糖値が高くても多くは生理的なもの。でも、血糖値も高い場合は注意が必要
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
     

    妊娠によって糖を血液内に保持する力が弱くなるので、尿に出てしまうこともあるそう。

  • 血糖値が高いと?

  • 血糖値の高い状態が続くと巨大児が生まれたり、産後、ママが本物の糖尿病になるおそれがあるのです。
    出典 :妊娠性糖尿病(1) - gooベビー
  • 妊娠性糖尿病の食事について

  • 血糖は高いと言っても、必要なカロリーと必要な糖質(ごはん、パン、パスタ、うどん・・)は摂取しないといけません。お腹の赤ちゃんが飢餓状態になっては困ります。
    出典 :妊娠糖尿病に対する誤解と食事療法 - ファイル - アピタル(医療・健康)
  •  

    おなかの赤ちゃんにもちゃんと栄養はあげましょうね!

  • 糖尿病食というとエネルギーコントロール食(食事量減らしてバランス重視)を思い浮かべますが、基本的には食後の血糖が急上昇したり、空腹時血糖が高止まりしないような食事ができれば良いという事になります。
    出典 :妊娠糖尿病ってどんな食事をすれば良いの? - とらねこ日誌
     

    ジェットコースターみたいに急降下する血糖値がダメということですね。

  • 低カロリー指導をされるのは、肥満体型の人はインスリン抵抗性が高くなり、血糖をコントロールするのが難しくなるからです。
    肥満体型でない妊婦さんがカロリー制限をすることは、赤ちゃんにとってもよくありませんよ。

  • 食事回数を増やして1回の食事量を減らす

  • 食事の回数を細かく分けることで、急激に血糖値が上昇するのを抑える
    出典 :妊娠糖尿病について取り上げています【糖尿コラム】
     

    血糖値のグラフが穏やかな線を描くようにしましょう。

  • 野菜から先に食べる

  • 食物繊維を先に食べると、膨らんで満腹感が得やすくなるとともに、糖の吸収を穏やかにする効果があります。
    出典 :血糖値を上げない食べ方-糖尿病ネット
  • 食べる順番と血糖値の関係

     

    野菜から食べると、血糖値の上昇が穏やかですね。

  • GIの低い食材に入れ替える

  • Gl値が低い食品をとると、食後血糖値の急激な上昇を抑えやすい
    出典 :糖尿病・食品の選び方(グリセミック・インデックス)
  • 低GI食品とは

     

    GI(グリセミックインデックス)とは、血糖値の上がるスピードを数値化したもので、血糖値の上がるスピードが遅い食品は「低GI食品」と呼ばれています。海藻類や野菜、大豆などが代表的です。

  • 高GI食品の白ごはんを中GI食品の玄米に換える、というような方法ですね。

  • 糖質エネルギー比を低くする

  • 糖質エネルギー比50%、脂質エネルギー比30%、たんぱく質エネルギー比20%ぐらいのエネルギーバランスの食事は特に健康に悪いというようなエビデンスはありません。
    出典 :妊娠糖尿病ってどんな食事をすれば良いの? - とらねこ日誌
  • 糖質を60%から50%に

     

    一般的には、糖質60%、脂質25%、たんぱく質15%の比率が推奨されています。ここから、血糖値を上げる一番の要因である糖質を少しカットして、その分質とたんぱく質を増やします。
    総摂取カロリーは変わりませんよね!

  • 大事なのは、血糖値の急上昇・急降下をいかに抑えるかということです。食べ方の工夫次第ですね!赤ちゃんにもちゃんと栄養をあげて、丈夫な体を作ってあげてくださいね!