出産後の疲れ、ストレス、不安・・・そんな時は産後入院!

出産後の疲れ、ストレス、不安・・・そんな時は産後入院! しっかりと病院で過ごして、元気になってからお家に帰りましょう。

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産後のストレスや疲れには産後入院が一番!

  • 手当てによるケアとお一人ひとりの体質や体調に合わせた食事で産後の体をゆっくり休めるようお世話させていただきます。
    お母さんのからだ、心、感情が落ち着いていれば、それが母乳となって赤ちゃんを穏やかに育みます。
    だから、産後は、なによりもまずお母さんのからだの安静が第一です。
    出典 :産褥入院・産後ケア 産後養生院としてのBe born l 産褥入院のメリット
     

    産後すぐ退院してお家に帰るのも一つの手ですが、せっかくなら産後入院を利用してみては。

  • なんといっても、周囲にいるのは医師や看護師、助産師ばかり。病院にいれば赤ちゃんのお世話についても聞けますし、自分自身のケアもできます。なにより、自宅に戻ると家事をしなければなりませんが、病院にいれば楽ちんです。

  • 産後入院なら栄養バランスも大丈夫

  • 産後は自分が思っている以上に疲弊しています。それに、出産という一大事を終えた後はホルモンバランスも崩れやすく、産後うつになってしまう場合も。しっかり養生することが大切です。

  • 入院中は、栄養バランスを考えた食事が提供され、睡眠を取りたい時は、赤ちゃんを預けることもできる。赤ちゃんのもく浴や授乳をする時には、助産師が指導する。
    出典 :「産後入院」体制整備へ 「ケアセンター」授乳指導も
     

    これ、すっごい楽なんです。

  • 赤ちゃんの抱っこの仕方やげっぷの出させ方、それに周囲に先輩ママがいれば、彼女たちから育児のポイントを教えてもらえることも。

  • 産後入院って実際、どんな感じなの?

  • というわけで、実際に産後入院制度を利用した方の体験談をご紹介。

  • 3日目

    この日から母子同室。2日目と同じ生活を送りながら、赤ちゃんのお世話をしながら入院生活を送りました。看護婦さんの指導にメモを取りながら慣れない手つきで、ミルク、母乳マッサージ、おむつ替えをしました。さらに赤ちゃんも毎日体温を摂ると体調がわかるとのアドバイスもありました。
    出典 :しっかり体と心を休める!産後の入院生活の方法 | nanapi [ナナピ]
     

    初産なら、はじめて赤ちゃんのお世話をすることになります。この方は親戚中に連絡してしまったそうで、お見舞いラッシュでへとへとになってしまったとか。

  • 4日目

    入院3日目同様、母子同室の生活。
    24時間の赤ちゃんの世話、産後のお見舞いラッシュで疲れ果ててしまいました。さらに出産当日から出産の興奮でろくに寝ていなかったので心もボロボロ。
    看護婦さんに事情を話しあまり寝ていませんと話したら、睡眠薬を処方してくれました。さらに

    ゆっくり休むようにと、産院で一晩中赤ちゃんを預かってくれ、しっかりと眠ることができました。
    出典 :しっかり体と心を休める!産後の入院生活の方法 | nanapi [ナナピ]
     

    これが良いんです! すぐ自宅に帰ってしまうと、そこにいるのは旦那さんか、義両親か、両親です。育児や健康管理のプロが周囲にいる分、安心して子どもを預け、自分の体力回復に専念することができます。

  • 5日目

    入院最終日。ゆっくりと休むことができたせいか、心も晴れ晴れ。3日目からと同じ生活を送りながら空き時間に沐浴をしました。いろいろコツを教えてもらいながら実践。さらに自分もシャワーを浴びて退院に備えました。
    出典 :しっかり体と心を休める!産後の入院生活の方法 | nanapi [ナナピ]
     

    この方は5日でしたが、施設によって1週間くらいあったりもします。また、サービス内容も微妙に違ったりしますので、産後入院するならどこが良いか、まで考えてかかりつけの病院を探すのが良いかもしれません。

  • 出産は人生のいち大事。これから何年中何年と子育てをしていくのですから、多少のコストをかけても、しっかり休養してはいかがでしょう。無理をして体を壊してしまっては、元も子もありませんよ。