顎関節症の治療法(多種多様)

顎治療の関節腔洗浄療法。運動療法。薬物療法。神経への治療。鎮痛剤。

  • S 更新日:2014/04/21

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 多種多様な治療方法。

  • 顎関節症の原因とは人それぞれですから、治療方法もその人に最も合った方法を提供しています。
    例えば、歯の治療・顎の治療・それ以外(神経からくる病気など)・マウスピース・薬・運動など。
    まさに多種多様なのです。

  • 顎の治療「関節腔洗浄療法(かんせつくうせんじょうりょうほう)」

  • 顎関節は、関節包というものに包まれています、そしてその関節包の中は関節腔と言います。 関節のためのお部屋と思っていただいてもいいでしょう。 この関節包の中は、関節液という油見たいのが存在し、 この関節液が顎を滑らかに動かす潤滑剤の働きをしています。
    出典 :主な治療方法|顎関節症ナビ
  • そこに何らかの原因により関節液の循環がうまくいかず、 古い関節液が老廃物として残っている場合などに適応されます。 注射針で関節包生理食塩水を入れたり出したりを数回行うことで、関節腔を洗浄する方法です。
    出典 :主な治療方法|顎関節症ナビ
  • 運動療法。

  • 筋肉の緊張を緩和させるのが目的の治療方法になります。
    以下、生活指導の内容です。

  • ・頬杖、うつぶせ寝の禁止。
    ・痛みのある側でものを食べることの禁止。
    ・硬いものをガリッと噛むことの禁止。
    出典 :顎関節症の運動療法
     

    生活指導の内容。

  • ・出来るだけ歯ぎしりや食いしばりをしないように指導。
    ・パソコンの横に「食いしばらないように!」などの張り紙を貼る(リマインダー法)
    ※要は、「アゴに負担をかけないように!」ということです。
    出典 :顎関節症の運動療法
     

    生活指導の内容(上記の続きです。)

  • 薬物療法。

  • 痛みが強い場合に薬で炎症を鎮めたり、筋肉が痛みで固まっている場合に筋弛緩剤を用いたりする。また夜間の歯ぎしりや食いしばりを抑えるために入眠剤、痛みの軽減のために抗不安薬、抗うつ薬を使用する場合もある
    出典 :顎関節症の治療 知っておこう!顎関節症■アゼガミ治療室■</TITLE>
     

    薬物療法の詳細です。

  •  

    薬と聞くだけで抵抗のある人は、なんでも医師に質問してみましょう。解消できる不安は全部解消するべきです。

  • 神経への治療

  • 急な顎の痛みや顎が痛くて寝れないような方は、痛み止めを飲むことも一つの選択肢です。 痛み止め自体は、顎関節症を治すのに直接的には何の効果もありませんが、 痛みにより交感神経が過剰に働くと、治す神経である副交感神経が働かなくなるということを防げます。 また痛みにより二次的な緊張を取ることもできます。
    出典 :主な治療方法|顎関節症ナビ
  • 顎周辺の緊張が顎関節症に深くかかわっているため、 痛いのを力を込めながら堪えるよりも痛み止めを飲んで筋肉の緊張を和らげるのも一つの選択肢です。 顎関節症の軽い方なら緊張がなくなることで治ってしまう方もいます。
    出典 :主な治療方法|顎関節症ナビ
  • 鎮痛剤