【歯周病と全身疾患の関係】

歯周病と全身疾患にはとても深い関係があります。歯周病は、お口の中の問題だけではなく、放っておくと全身に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

view168

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周病とは?

  • 歯周病は歯のまわりの組織であるハグキ(歯肉)、歯槽骨(しそうこつ)などの病気で、細菌によって引きおこされる感染症です。お口の中に細菌が定着すると、炎症が起こり、ハグキが赤くなったり、腫れたりします。この炎症が継続して起こると、歯の周りの組織(歯周組織)が破壊され、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
    出典 :歯周病と全身のかかわり|お役立ち情報|サンスター
  • 正常な歯と歯周病の歯の違い

  • 歯周病と全身疾患の関係

  • 歯周病の原因菌は、お口から体内に侵入することで、様々な疾患を引き起こします。
    出典 :全身疾患
  • では、歯周病のよって引き起こされる疾患にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 歯周病に関連している全身疾患

     

    歯周病のよって引き起こされる疾患にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 心臓血管疾患

  • 誤嚥性肺炎

  • 要介護の高齢者などは飲み込む力や咳反射が低下しているため、唾液やプラークなどが気管に入りやすく誤嚥を起こします。そのように入り込んだ歯周病原性細菌などのお口の中の細菌が肺炎を起こしやすくすると考えられています。
    出典 :歯周病が及ぼす全身への影響 | 日本歯科衛生士会
  • 糖尿病

  • 「糖尿病」には網膜症・腎症・神経障害・末梢血管障害・大血管障害などの合併症があり、歯周病はこれらに続く第6の合併症と捉えられています。そのため糖尿病患者さんの多くに重度の歯周炎が見られます。
    出典 :歯周病が及ぼす全身への影響 | 日本歯科衛生士会
  • 歯周病と血糖値

     

    歯周病が原因でインスリンの効きが悪くなり血糖値が上がってしまいます。糖尿病で歯周病を合併している人は、歯周病を治療・予防することで血糖コントロールが改善できます。

  • 骨粗しょう症

  • 歯周病になった歯肉で産生されるサイトカインには、骨代謝に影響を及ぼすものがあり、歯の喪失と骨密度の減少には関連があるという研究報告があります。
    出典 :歯周病が及ぼす全身への影響 | 日本歯科衛生士会
  • 早産・低体重児出産

  • 妊娠中の女性が歯周病に罹患(りかん)している場合、早期低体重児出産のリスクが7倍も高まるという報告が、1996年に米国で発表されました。
    出典 :妊婦さんは要注意!歯周病は早産のリスクを7倍も高めると判明
     

    歯周病も細菌による感染症のひとつなので、胎児に影響を及ぼすことは十分考えられますよね。

  • 歯周病予防で身体も元気に!

     

    お口を通して細菌が体内に侵入することは、とても一般的です。お口の中をきれいにし、歯周病を治療・予防することは、実は全身疾患の予防にも繋がるのですね。