聞こえづらい時ありますか?老人性難聴の症状

聞こえづらいなど、老人性難聴の症状があらわれたことがありますか?老人性難聴とはどんな病気か見ていきましょう。

view100

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 老人性難聴

     

    高齢者にみられる聴力の生理的な年齢変化のことを指します。生理的変化はさまざまな個人的な身体的条件に影響されている可能性があります。

  • 老人性難聴の症状

  • 聴力の低下は高音域から発生し、徐々に会話音域、低音域へと広がっていきます。さらに、両側性で左右にあまり差がないのが特徴です。
    出典 :老人性難聴 - goo ヘルスケア
  • 早期には難聴の自覚がなく、耳鳴りだけを感じる場合があります。 なお、難聴が発生した場合、ただ単に音が聞こえなくなっただけでなく、音は聞こえるが何をいっているかがわからないという状態がしばしばみられます。
    出典 :老人性難聴 - goo ヘルスケア
  • 一般的に、この聞き取り能力の低下は50〜60代にかけて顕著になってくるといわれています。
    出典 :老人性難聴 - goo ヘルスケア
  • 詳細

  • 仮に健康な人が「あ」と聞こえるとすると、伝音難聴の人は小さく「あ」と聞こえ、老人性難聴の人はややひずんで「あ」と聞こえる具合です。
    出典 :l高齢者の難聴と補聴器の活用法について
  • 老人性難聴は治すことができないので、治療としては補聴器を用いて、低下した聴力を補うようにします。
    出典 :高齢者の難聴と補聴器の活用法について
  • 補聴器について

  •  

    補聴器を慎重に選びましょう

  • 補聴器のタイプには、ポケットに本体を入れる箱形、耳たぶにかける耳かけ型、耳の穴にいれてほとんど外からは分からない耳穴型などがあります。
    出典 :高齢者の難聴と補聴器の活用法について
  • まず耳鼻科医による診察を受け、聴力検査を行ってどの程度の難聴なのか調べましょう。そして自分に合う補聴器を選択してもらい、調整してもらうことが大事とのことです。

  • 補聴器の支給

  • 現在補聴器は、公的支給が身体障害者福祉法、児童福祉法、厚生年金保険法等によって行われています。身体障害者福祉法では6級(両側の聴力が70dB以上の者)に該当すると補聴器が支給(交付)されます。
    出典 :全日本民医連 医学生のページ
  • 補聴器が必要(適応)となる聴力レベルは、良聴耳の平均聴力が40~45dB以上とされており、公的支給可能な聴力にまで悪化すると実際には補聴器が役立たないことが多いという矛盾が存在します。
    出典 :全日本民医連 医学生のページ
  • 補聴器は安価なものでも数万円以上ですから、補聴器が必要であっても(適応があっても)経済的理由で購入できない人が少なくないのが実状です。