「低血圧症」どんな症状が出る!?

低血圧で朝起きれない・・・などよく聞きますよね!
実際どんな症状が出るのでしょうか!?

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低血圧症

  • 低血圧は最高血圧が100mmHg以下のことで、低血圧に伴う症状がみられる場合を低血圧症といいます。
    低血圧症にはいくつか種類あり、本態性低血圧症、症候性低血圧症、起立性低血圧症などがあります。
    出典 :低血圧症(症状/治療/原因)
  • 若い女性で低血圧に悩む人は多い。高血圧のように深刻な病気を招く心配は少ないが、体がだるく、朝起きられない、気力がわかない、など日常生活を送る上で悪影響があるのも事実だ。食事や日常生活を工夫すれば不快な症状を減らすことは可能だ。
    出典 :低血圧症状どう防ぐ
  • 本態性低血圧

  • 原因がわからない低血圧です。
    出典 :低血圧症(症状/治療/原因)
  • 起立性低血圧症

  • 立ち上がると血圧が下がって低血圧の症状が見られます。
    起立性低血圧症には原因が明らかな症候性起立性低血圧と、原因がわからない特発性起立性低血圧症に分かれます。
    出典 :低血圧症(症状/治療/原因)
  • 症候性低血圧症

  • 何らかの疾患や薬などが原因で低血圧となることをいいます。症候性低血圧症の治療はその原因となる疾患を治すことが大切です。
    出典 :低血圧症(症状/治療/原因)
     

    原因の疾患を治す事が根治の為に必要ですが
    出来る事なら、しっかり対策をしてならないようにしておきたいですね

  • 症状

  • 症状

     

    色々な症状があります
    しっかりしって低血圧に備えましょう
    何かがあってからじゃ遅いのです

  • 本態性低血圧の場合は、めまい、失神、便秘、倦怠感、朝の調子が悪い、立ちくらみ、動悸、頻脈、食欲不振など様々な症状があります。起立性低血圧症は、立ち上がると血圧が低下して、めまい、立ちくらみ、失神などの症状があります。
    出典 :低血圧症(症状/治療/原因)
     

    立ちくらみがあるようです
    学校などで、いきなり倒れる人がいるのは
    この症状だと言われています

  • めまいや立ちくらみのほか、頭が重い、肩が凝る、耳鳴り、脱力感、頭痛、食欲不振、冷え性など数え切れない。
    出典 :低血圧症状どう防ぐ
  • 治療法

  • 普段の生活での改善が行われます。
    「夜更かししないで規則正しい生活を過ごす」「食事を規則正しく」「適度な運動と体操」「禁煙」などを心がけます。
    出典 :低血圧症(症状/治療/原因)
  • まず、症候性低血圧症の有無の鑑別が重要です。原因疾患が認められる症候性低血圧症の場合は、原因疾患の治療が優先されます。 一方、原因疾患が認められない本態性低血圧症の場合は、愁訴に対して食事療法、運動療法、生活リズムの調整などの生活指導を行い、それでも効果が認められない時は薬物療法を試みます。
    出典 :低血圧症 - goo ヘルスケア
  • 対策

  • 対策

     

    対策というのは
    いつまでも出来るものです
    何かがある前に
    出来る事はしっかりしておき
    備える事をおすすめします

  • 日常生活における対策 ●定期的に500ミリリットル(コップ2杯強)の水を飲む●特に夜は汗をかくため、朝は水を飲むようにする●ジョギングや体操など1日10分間運動をする●チーズを1日50グラム食べる●弾性ストッキングをはく●朝早く起きて、朝食を取るようにする
    出典 :低血圧症状どう防ぐ
     

    これらを実践して対策をしておきましょうね

  • 日常生活に影響を及ぼす症状が認められ、血圧測定が自宅で可能な場合は、低血圧の有無を調べるのが重要です。
     低血圧症が疑われた場合は、低血圧症の病気分類により生活指導および治療法が異なるので、診断および原因疾患の精査のため専門医(内科)に受診することが大切です。
    出典 :低血圧症 - goo ヘルスケア