胸の張りが起こる妊娠初期

原因・対処方法について、まとめています。オススメ下着も紹介!

  • S 更新日:2014/04/07

view431

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「ホルモンの働き」による原因の場合。

  • 「プロゲステロン」による影響も原因に考えられます。

  • プロゲステロン分泌の流れ・仕組み

     

    全女性が対象になります。

  • 子宮の中で排卵がされた直後には、プロゲステロンという黄体ホルモンが発生します。これは受精前の段階ですので、生理トラブルの一つでもあります。胸が張ると生理が近い…というのはこのホルモンが原因です。このホルモンは、受精後の妊娠トラブル胸の張りや痛み、つわりやだるさなどにも関わってきます。
    出典 :妊娠中に胸が張るのは何故? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    主に黄体ホルモンについて。

  • トラブルを引き起こす悪役のホルモンではなく、妊娠した体を守るためのホルモンなんですよ。余談ですが、このホルモンは、乳癌の発生を抑制する力も持っています。妊娠経験した女性が乳癌になりにくいのは、このホルモンのおかげです。しかし閉経後はこのホルモンの分泌が一気に下がってしまう為、リスクが高まってしまいます。
    出典 :妊娠中に胸が張るのは何故? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    上記の続きです。

  • RT @rockybabyto: プロゲステロン(卵巣ホルモン)の特徴

    プロの応対で体ほてり妊娠

    プロ→プロゲステロン
    応対→黄体ホルモン
    体ほてり→体温が高温となる
    妊娠→妊娠を維持
     

    プロゲステロンの特徴です。これにより妊娠を維持しているとの事でした。

  • 胸の張りへの対処方法は?

  • 胸の張りを抑える方法はありません。初期の胸の張りは、マッサージ等で張りを抑えるような事はしなくて大丈夫です。自然と治まるか、そのまま中期・後期の授乳に備えての張りが始まります。安定期後の中期から後期は、マッサージをする産婦人科も多い様です。特に初産の場合は、皮膚の伸びもよくありません。
    出典 :妊娠中に胸が張るのは何故? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    以下に続きます。

  • 赤ちゃんはすごい力で、おっぱいを吸います。その際に皮膚が硬いと、激痛で、更に乳頭亀裂を引き起こしたりもします。なるべくなら産後のトラブルを未然に防ごうという事で、マッサージをするのです。しかし切迫早産の場合は控えます。マッサージは、主治医や助産師の指導を元に行うようにしましょう。
    出典 :妊娠中に胸が張るのは何故? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    上記の続きです。

  • 以下、下着での対処法です。

  • 妊婦さん用の「マタニティーブラジャー」

     

    ゆったりめで楽です♪

  • 胸の張りや痛みにも、大きな個人差があります。

  • 張りや痛みの症状は個人差が大きいものですが、困った事に同じ人でも1回目の妊娠の時と2回目の妊娠の時とで、症状が異なる事があります。最初の妊娠の時には張って痛みもあった女性が、第二子を妊娠した際には、こうした症状が殆ど無かったというケースもあります。こうした場合は妊娠してる事に気づくのが遅くなります。
    出典 :おっぱいの張り | 妊娠初期の症状