踏みとどまって!「妊娠とお酒」の関連性はこんなにある!

妊娠とお酒の関連性はどう?考えたことありますか。妊婦さんにとってはお酒も煙草も危ない害になりかねないのです。少量なら大丈夫という人もいますが本当にそのような事で良いのでしょうか!情報をここに集めてみました!

view31

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠とお酒の組み合わせが増加している?

  • 増加した女性の飲酒率と妊産婦の飲酒40年前に比べ、女性の飲酒率は約4倍も増加しました。 そのため、妊娠しても飲酒習慣が切れず、妊娠中に一度でも飲酒したことがある妊産婦は半数にも上り、約7%の妊産婦が習慣飲酒を続けています。また、出産後まだ授乳期にも関わらず、多くの方が飲酒頻度を上げてしまっています。
    出典 :妊娠とお酒
     

    やはり昔と比較すると増加傾向にあるようです。妊娠中の飲酒は体に影響を与えるだけではなく、日常生活での危険性を上げてしまう事もあるのです。妊娠中の女性ホルモンの上下によってアルコールのまわるスピードは個人差が出てしまいます。あの人は大丈夫だからと安易にお酒を飲んでしまい、深酒になってしまえば転倒の危険性など様々なリスクがあると考える方が良いかもしれませんね。

  • 妊娠前に

     

    飲酒をしていて習慣化している人っていますよね。もちろんお酒は適量なら健康になる為に必要と考える人もいます。私の場合ですが、血圧を上げる為だけに少量のお酒を医師からすすめられるという事がありました。しかし、この習慣も子供の為には辞めなければいけないと考えるわけです。それではお酒を飲む事で胎児や母体にどのような影響があるのでしょうか

  • ここが危ない所

  • 妊娠中にお酒を飲むと、胎盤を通じてアルコールが胎児にまで運ばれてしまい、胎盤を通じて胎内の赤ちゃんもアルコールを飲まされた状態になってしまいます。このとき、胎児性アルコール症候群(FAS)が引き起こされる可能性があります。
    出典 :妊娠とお酒
     

    胎児アルコール症候群はとっても危険な状態と言えるでしょう。この場合知能障害や発達障害や顔の異常など、想像もしていないリスクが伴ってきてしまうのです。精神的にも情緒不安定の場合があるとの事!これは飲酒しない方が良いのではないかとかんがえますよね。

  • 考えた事がありますか?

     

    妊娠中は我慢しました。元気な子供が生まれました。そこからまたお酒を飲み始めたとしましょう。アルコールはどこまで回ると思いますか?なんとびっくりする事に母乳にもアルコールはまわってしまうそうです。アルコールは母乳を通して赤ちゃんへ行きます。そうすると・・・そう考えると飲まないようにしようと思いませんか?

  • 妊娠がわかる前なら大丈夫!?

  • 不安がつのるというのもよくわかります。
    でも、妊娠に気づかぬころ、お酒やタバコを少々たしなんだからといって、その程度で赤ちゃんの異常を心配する必要はありません
    出典 :少々のお酒やタバコは心配ありません。 - gooベビー
     

    気付いたときには辞めましょう。長い間続けてしまった場合は赤ちゃんにも影響があります。もし、妊娠が発覚したならその時点で禁酒・禁煙をお勧めします。妊娠発覚からスタートと考えるのが良いでしょう。妊娠に気づかずにというのは良くありますが、そこからすぐにやめればほとんどの場合問題ないとされているようです。

  • 良くある質問ですが、基本的には妊娠に気づかずに~してしまったというのがありますよね。そんな場合は妊娠発覚から気を付ければ良いのです。体も子供を認識するまでに時間がかかると言います、ましてや妊娠が分かるまでのまだ小さな時期にはそこまで重大な問題が起きる可能性は低いそうです。妊娠発覚からはどんどん体が順応していくので、そこからしっかりと管理を始めるのがよさそうですね。

  • してしまったことで悩むより、これからは飲まない、吸わないようにするほうが、妊婦さんにとってはたいせつです。自分で不安の種を増やさないためにも、今後は注意してくださいね。とくにタバコは、赤ちゃんへの酸素供給量を減らしてしまいますから、この機会にきっぱりと禁煙してしまいましょう。できたら、夫にも協力してもらえるといいですね。
    出典 :少々のお酒やタバコは心配ありません。 - gooベビー
     

    愛する旦那様の協力も大事な事です。目の前で美味しそうに飲まれたら・・・我慢できなくなってしまいますよね。そうなる前に理解の範囲内で行動してもらうようにしましょう。そのあたりの配慮が旦那様に出来る事なのです。

  • 妊娠中はどうしても

     

    色々な食べ物や飲み物に気をつけますよね。コーヒーなども同じ事だと思います。しかし、神経質になりすぎるほうがあまり良くありません。要は過ぎなければ良いのです。毎日何杯も飲むなら問題になるかもしれませんが、食後に一杯くらい飲んだところで大きな影響はないのです。もちろんその他のものも同じです。基本的な生活を少し気を付ける程度にしないと精神的な方が問題になってしまいますよ。

  • いかがでしたでしょうか?妊娠中のコーヒーや飲酒に関してはこのような事があるのです。もちろん前述しましたが、飲酒による転倒なども危険と言えるので、そのあたりもしっかりと私生活で考えたいですね。妊娠生活はとても大変ですがこれからの楽しみをしっかり考えて明るく過ごしましょう。