アスベストが原因で引き起こされる!?じん肺とは☆

アスベストや粉じんが肺に侵入すると引き起こされる
じん肺という病気を知っていますか?

view189

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • じん肺とはどんな病気?

  • 空気中に浮遊する微粒子(約1〜5μm)である粉じんを肺に吸入することによって肺に生じる病気で、肺内に線維性病変などをつくります。多くは、粉じんを吸入する環境ではたらく場合に発症することで、職業性疾患に分類されます。
    出典 :じん肺(珪肺症、石綿肺) - goo ヘルスケア
     

    一般的には長期間かかるのですね

  • 日本では金属鉱山や炭鉱のじん肺被害補償を求める訴訟が1980年代以降多発したが、現在でもトンネル掘削工事でじん肺患者が発生しており、被害補償の訴訟が起こされている
    出典 :じん肺 とは - コトバンク
  • これらも含まれる

  • アスベスト(石綿)鉱山、アスベスト製品製造工場の労働者や周辺住民が、アスベストの吸引により、じん肺の一種であるアスベスト肺、アスベスト肺がん、中皮腫、胸膜プラークを患うケースがある。アスベストの繊維は、髪の毛の5000分の1程度と細かいため、肺の奥深くまで入り込み、分解されず体内にとどまる
    出典 :じん肺 とは - コトバンク
  • アスベスト肺は10年以上後、アスベスト肺がんは20〜40年後、中皮腫は30〜50年後、胸膜プラークは20年以上後に発症する。とくに、中皮腫はアスベスト特有の疾患で、発症後数年以内に死亡に至る。
    出典 :じん肺 とは - コトバンク
     

    長い間苦しむ事になるのですね!

  • 原因

  • 粉じんの吸入によって起こりますが、粉じんの種類は数多くあります(表15)。病気になるのは、この粉じんが肺内に沈着して、肺の線維化、気管支炎、気管支拡張などを起こすためです。そのため、病変が進行すると肺からの酸素の取り込みの低下が強まって、呼吸困難などが生じます。
    出典 :じん肺(珪肺症、石綿肺) - goo ヘルスケア
  • 数年から十数年の長期間にわたり、遊離珪酸(SiO2)の粉じんを吸いこんだ人に発症するじん肺で、珪肺症と呼ばれています。職業性肺疾患であり、鉱山での作業、砂岩や花こう岩の切り出し、研磨作業、トンネル工事、鋳物工場での作業、陶器職人など、日常的に珪酸を吸入する環境での仕事により発症します。
    出典 :じん肺(珪肺症、石綿肺) - goo ヘルスケア
     

    こんな仕事をしていたら引き起こされてしまいますね!

  • 吸いこんだ珪酸は肺に到達し、肺組織を障害し、さらにマクロファージ、上皮などを刺激することにより線維化を起こす病気です。障害のはじまりは、上側の肺に密な粒状の陰影がみられ、さらにそれらが、徐々に結合して大きなかたまりになり、塊状(かいじょう)となります。
    出典 :じん肺(珪肺症、石綿肺) - goo ヘルスケア
  • 定期的診断がある

  • 常時粉じん作業に従事する労働者(じん肺管理区分が管理2、管理3又は管理4と決定された者を除く。)が安衛法第66条第1項又は第2項の健康診断において、じん肺の所見があり、又はじん肺にかかっている疑いがあると診断されたとき。
    出典 :じん肺:じん肺の健康管理
     

    このような時以外にも他にもありますが、難しいので割愛しますね

  • (3) 合併症により1年を超えて療養した労働者が、医師により療養を要しなくなったと診断されたとき。
    出典 :じん肺:じん肺の健康管理
  • 症状は

  • 症状

     

    症状などはどのようなものがあるでしょうか
    Q&Aから抜粋してご紹介したいと思います
    いがいと、考え付かない症状があるのですよ

  • A3:呼吸困難、慢性気管支炎、胸痛、チアノーゼもみられます。症状は吸入した粉じんの濃度、暴露した期間、呼吸の深さ、粒子の大きさ、粉じんの毒性、肺組織の線維化などにより異なります。
    出典 :じん肺症
     

    このような症状が見られます
    ここまでの症状がでるのですね

  • Q4:じん肺症の予防の法律は、どのようになっていますか?
    A4:粉じんが発生する職場で働く方々をじん肺から守るため、「じん肺法」、「労働安全衛生法」、「粉じん障害防止規則」等が施行されております。
    出典 :じん肺症
  • 予防

     

    マスク等でしっかりと
    予防をする事が一番ともいえるでしょう
    現在出ているマスクは
    安価で高性能な場合が多いのです

  • 根本的な治療法はなく、喀痰(かくたん)が多い場合には去痰薬の投与、さらに合併症に対する治療が行われます。また、低酸素状態に対しては酸素療法が行われます。
    出典 :じん肺(珪肺症、石綿肺) - goo ヘルスケア
     

    重要な事は予防なのです