薬の使用期限と効果的な使用方法についてのまとめ

薬の使用期限と効果的に薬を使用するための方法についてまとめてみました。

view85

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 薬の使用期限とは

     

    薬を上手に使用するための薬の使用期限についてです。

  • 薬の使用期限を知って効果的に薬を使用していくようにしましょう。

  • 一般的な薬の保存期間は6ヶ月から3年です

  • 薬の保存期間を過ぎた薬は体に悪い影響を与えることがあるので、使用をしないようにしてください。

  • 保存期間を過ぎた薬の体への影響

  • 保存期間を知らずに使用してしまった薬の体への影響にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 有害物質に変化することもある

  • 使用期限が切れた薬は劣化・変質している可能性があり、その状態では効果が期待できないばかりか、毒性が増し、体に有害な物質に変質していることもあります。
    出典 :薬の使用期限と効果・影響 -これであなたも医の達人-
  • 開封していなくても使用はしないようにしよう

     

    開封していないから大丈夫ということはない

  • もったいないからと使用をするのも体に悪い影響が出ることがあります。

  • どのように対処をすれば良いのか

  • 急に子供が熱を出したからといって、冷蔵庫 においてあった何年も前の座薬を使うのは非常に危険です。
    出典 :薬の使用期限について:子育ての悩み.net
  • 容器に開封した日付を記載しておくと安心です。

  • 目薬の使用期限は

  • 目薬の使用期限もあまり知られていませんが、1ヶ月程度で使い切るようにした方が良いでしょう。

  • 病院・診療所から渡される薬 基本的に使用期限はなく、薬を処方された日数が使用期限となっています。それは医師がそれぞれの患者さまの症状や体質などに合わせて処方しているからです。
    出典 :埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-18【東大宮総合病院】