痛みをどうにかしたい!成長痛の対処方法は?

成長期といえば身長が伸びで成長痛を感じる年頃ですよね。そんな成長痛の対処方法を紹介していきたいと思います。

この対処方法を知っておけば辛い痛みを緩和させることが出来るかもしれませんよ。

view45

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 成長痛とは?

  •  

    成長痛というのは、主に子供に現れる症状です。

  • 『成長痛』という病名は、小児期の特に夜間に起こる原因不明の下肢の痛みに対して用いられます.かつては、急激な成長に伴う成長線への負荷による痛みとされていた時期もありましたが、正常な成長過程において激しい痛みを伴う成長などは存在しないとされ、現在、この説は否定されています.従って、この『成長痛』という名称は、不適切であるという説もあります.
    出典 :『成長痛』について
  • 2~6歳の子どもで、日中は元気よく遊んでいるのに、夜寝ているとき、急に脚(あし)が痛いといって目を覚まし、泣いたりしますが、痛みは長く続かず、さすってやったり、だっこしたりすると治り、また寝てしまう状態をいいます。
     脚にけがや炎症はなく、翌日には何事もなく跳びはねているという特徴があります。月に1~3回の割合でおこり、1~2年くらい続くことが多いものです。
    出典 :成長痛 とは - コトバンク
     

    発症する年齢は2歳~6歳と幅広い年齢の子供に起きる症状です。

  •  

    ですが、12歳未満の子供であれば症状が出る可能性が十分にあります。

  • 成長痛の原因は?

  • 成長痛の特徴として、筋肉、関節、骨などには異常を一切認めません。仮に異常があれば別の疾患となりますので、鑑別疾患を疑う必要があります。仮に異常があれば捻挫、打撲、骨折など別の疾患を考える必要があります。
    出典 :成長痛の診断・原因 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    成長痛には、肉体的に異常が見られないというのが特徴なようです。

  • 心意性の成長痛を感じやすい子供
    ☆神経質な子供
    ☆兄弟がいる場合は上の子供
    ☆甘えが強い子供(あまえんぼう)
    出典 :成長痛.COM
     

    成長痛というのは心意性の物が多いと言われています。

  •  

    心意性の場合は、子供の不安を無くすためにも、親子との触れ合いが重要になります。

  • 昔は「足の骨が成長するときに痛くなる」といわれていましたが、ただ骨が成長するだけでは痛みは起こりません。しかし、成長期に足を痛がる子どもが多いのは事実で、何らかの原因があるはずです。原因として様々な病気や状態が考えられていますが、ひとつの病気として成長痛を説明することはできませんし、最近の医学の教科書には成長痛という病名は記載されなくなっています。
    出典 :赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【病気・予防接種】Q&A
     

    成長痛は、まだ原因がはっきりとしていない部分もあります。

  • 成長痛の対処方法

  • では、気になる成長痛の対処方法をご紹介していきます!

  •  

    まず、大切なのは無理をせずゆっくりと休養を取ることです。

  •  

    成長痛が起きることによって、不安を覚える子供も多く居ます。

    そういった時は親が子供の心のケアをしっかりと行い、子供を安心させてあげることが成長痛の対策になります。

  • 成長痛は軟骨の問題ですが、
    お母さんが消炎軟膏でマッサージ
    したり お風呂で温めると
    落ち着きます。
    出典 :成長痛の対処法を教えて下さい - 赤ちゃん・こどもの発育の悩み - 日本最大級/医師に相談できるQ&Aサイト アスクドクターズ
     

    温めることにより、痛みが緩和することもあるようです。