悪性リンパ腫の痛みは?実は痛みがないのが特徴なんです

悪性リンパ腫の痛みはないために、発見が遅れてしまうことも多いそうです。早期発見するためにも症状を知っておきましょう。

view322

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 悪性リンパ腫の症状

  • 最も多い症状は、首や脇の下、足の付け根など
    リンパ節の多い箇所に、痛みのないしこりができます。
    出典 :悪性リンパ腫の初期症状と進行状況、生存率
  • 悪性リンパ腫の痛みはありません。したがって、痛くないから安心というわけではないのです。

  • 痛みを感じないのが特徴です

  • 痛みを感じないため、気づかずに進行してしまうことも多いそうです。

  • リンパ節の腫れは風邪などの症状として起こることも多いのですが、数週間リンパ節の腫れが続いていたり、痛みのないしこりがある、身体の複数個所にリンパ節の腫れがある場合は、一度病院を受診することをお勧めいたします
    出典 :悪性リンパ腫の症状〜こんな症状には要注意〜
  • 風邪など他の病気でもリンパが腫れることがあります。
    しかし、リンパが腫れると痛みが出ることが一般的です。
    痛みがないのに腫れている場合は、病院で検査を受けた方がよいでしょう。

  • また、痛みを感じないまま、進行し、肝臓、骨髄、肺にまで腫れが広がることもあります。
     悪性リンパ腫の場合痛みというよりは全身倦怠感、体重減少、発熱などといった症状があらわれることがありますので、そちらの方に意識を持っていく方が賢明といえます。
    出典 :リンパ腫 リンパ腫の痛み
  • 痛みのないしこりに注意

     

    悪性リンパ腫は痛くないしこりが長引きます。また、お腹の中のリンパが腫れた場合、周りの臓器を圧迫して痛みが出ることがあります。

  • 痛みがないということが特徴的ですが、しこりを見つけることは可能でしょう。

  • そう、悪性リンパ腫は数少ない
    「自分で見つけることのできるガン」なのです!
    出典 :悪性リンパ腫 ~早期発見をするには~ しこりの特徴
  • 体に異変がないか、自分で気を付けておきたいですね。

  • リンパ系組織は全身に行き渡っているため、発見が遅れるとそれだけがん細胞も全身に広がってしまう恐れがあります。
    リンパ節の腫れや体調不良などの症状を感じたら、迷わずに血液内科を訪れ、早期発見につとめましょう。
    出典 :早期発見が最大のポイント 血液のがん、悪性リンパ腫 | 新大阪NKクリニック
  • 早期発見が大切

     

    リンパの腫れが続く場合は早めに受診しましょう。

  • リンパの腫れの目安は1センチ以上だそうです。痛みのない腫れに気づいたら、放置せずに病院で検査してもらいましょう。