母乳育児と市販のミルクでは何か違いがあるのでしょうか?

赤ちゃんは母乳で育てるか、それとも市販の粉ミルクで育てるべきなのか?
基本的な栄養面ではどちらでも問題は無いようですが、母乳育児とミルク育児ではそれぞれ特徴が異なるようです。

view112

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 母乳育児とミルク育児の違い。

  • 今は母乳育児のメリットが見直されてよい病院や本なども増えてきていますが母乳育児への正しい知識や周囲の理解はまだまだ十分でありません。また、母乳育児をするお母さんへのサポート体制も万全ではありません。
    出典 :母乳育児とミルク育児の違い。
     

    母乳育児に関してはまだ情報不足のと言わざるを得ない状況なのです

  • 様々な事情がありますが何度かふれているように私たちの母親世代がミルク育児推進全盛期だったということでミルクでも何の問題もなく子供は育つという認識が根強く、安易にミルクを足すようにアドバイスされることが多々あります。
    出典 :母乳育児とミルク育児の違い。
     

    現在ではミルク育児のほうが何かと無難という風潮が強いようです

  • 母乳育児とミルク育児には大きな差があります。しっかり理解しておけば戸惑いや不安がなくなり、自信を持って楽しく母乳育児をすることができますのでしっかり理解しておきましょう。
    出典 :母乳育児とミルク育児の違い。
     

    良くも悪くも、母乳と市販のミルクには大きな違いがあります。
    その違いを正しく知っておくことが大切なのです

  • 母乳は赤ちゃんが欲しがったらあげる、が基本です。

     

    赤ちゃんにとって極めて消化吸収がよいので腹もちがしない。

    ・そのため母乳の赤ちゃんはあまり長く寝ない傾向にある。授乳間隔も個人差が激しく1~3時間位になる。

    ・母乳を止めるまで夜中の授乳がなくならない子がほとんど。

    ・赤ちゃんによって胃の大きさの差があるのでいっぺんにたくさん飲める子は最初から、あるいは成長と共にある程度間隔が空くが、胃の小さないっぺんにたくさん飲めない子は新生時期は短いと1時間も持たず、断乳するまで授乳間隔が1~2時間という子も多い。

    ・そのため成長に個人差が大きく、体の大きい子か小さい子が多い。

  • ミルク育児はミルク缶に書いてある量と間隔時間を守ってあげます。

     

    ・母乳に比べて消化吸収が悪いため腹持ちがする。
    ・そのためミルクの赤ちゃんは長く寝る傾向にある。
    ・生後1ヶ月位で夜どうし寝るようになる子も。
    ・ミルクの缶や育児書に書いてあるとうり成長と共に間隔を空け、量を増やしていけばよい。
    ・そのため平均的に成長していく場合が多い。

  • 本来、生まれたばかり赤ちゃんはよく泣くものなのです。
    ミルク育児の赤ちゃんが腹持ちのするミルクでお腹いっぱいにされて眠らされているだけです。
    出典 :母乳育児とミルク育児の違い。
  • たいていのお母さんの母乳は足りていて、よく泣く赤ちゃんも全く正常です。よく寝る赤ちゃんは育てるのが楽なのでこう見るとやっぱりミルク育児のほうが楽で母乳育児は大変なことばかりのように感じるかもしれませんがこれが本来の子育て。
    出典 :母乳育児とミルク育児の違い。
     

    よく泣いて頻繁にママにおっぱいをもらえた赤ちゃんは活発で目の輝いた子が多いそうです。

  • 一般的には、母乳の方がお母さんにも赤ちゃんにもメリットが大きいと言われています。

  • 母乳育児の優れている点は、一つは、母乳には赤ちゃんをウイルスや細菌から守ってくれます。
    ですから、母乳をあげている間は赤ちゃんは病気になりにくいのです。また、原因が不明のSIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクを減らすことができます。
    出典 :母乳と粉ミルクどちらで育てるべき?
     

    母乳で育てたほうが免疫力がつくという話はよく聞く情報ですね

  • そして何より母乳は、赤ちゃんに必要な栄養素がすべて含まれているとても優れた飲み物なのです。
    さらに消化もよく、アレルギーを引き起こす可能性が低いです。
    出典 :母乳と粉ミルクどちらで育てるべき?
  • そして赤ちゃんにとって母乳は、単なる食事ではありません。
    お母さんとの大事なスキンシップの時間でもあります。母乳を飲むことで赤ちゃんはとても安心感を得ることができます。
    出典 :母乳と粉ミルクどちらで育てるべき?
     

    赤ちゃんにとって母乳による授乳はただの食事というだけではない大切な行為なのです

  • 免疫の面では、どうしてもミルクは母乳にかないません。出産してから2~3日の間に分泌される母乳を「初乳」といいます。初乳は、分泌量こそ少ないのですが、その中に免疫グロブリンA(IgA)と呼ばれる免疫物質を多量に含んでいます。
    出典 :母乳の利点
  • ミルクは牛乳をもとに作られていますが、その牛乳は胃液と反応して、カード(乳餅)をつくり、固くなってしまいます。牛のように4つも胃袋がある動物はそれでよいのですが、人間の赤ちゃんにとっては消化不良の原因になります。
    出典 :母乳の利点
  • 免疫の面では、どうしてもミルクは母乳にかないません。出産してから2~3日の間に分泌される母乳を「初乳」といいます。初乳は、分泌量こそ少ないのですが、その中に免疫グロブリンA(IgA)と呼ばれる免疫物質を多量に含んでいます。
    出典 :母乳の利点
     

    このIgAは、胎盤を通じて赤ちゃんに運ばれる抗体とは、全く別のはたらきを持っています。

  • 母乳には赤ちゃんにとって様々なメリットがあるようです

     

    母乳には栄養の他にも赤ちゃんにとっては大切な母親とのコミュニケーションになり、それは赤ちゃんの精神衛生に大きなメリットがあるようです。

    もし母乳が充分に出るようなら母乳育児が最適で、母乳の出があまり良くないママさんが補助的に粉ミルクを利用するという育児方法が良いのではないでしょうか