これはダメ!「妊娠1ヶ月の注意事項」妊娠中は避けよう

妊娠1ヶ月にも注意事項があります。初期に行いたくない行動をあつめました

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠1ヶ月の注意事項は沢山ある

  • 神経質になりすぎない

     

    赤ちゃんがおなかにいることがわかったら、今までとまったく同じ生活をつづけていいというわけにはいきません。あれもこれもダメと神経質になる必要はありませんが、最低限の生活ポイントを覚えておきましょう。沢山ありますが、出来る事からこつこつとしよう

  • 煙草

  • タバコを吸うとニコチンが血管が収縮させ、血液の流れが悪くなります。すると、子宮の収縮が起こりやすくなり、胎盤の機能が低下して、流産や早産などのトラブルが起きやすくなります。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
     

    もちろんパパも駄目!

  • アルコール

  • 妊婦さんがお酒を飲むと、母体の血液中とほぼ同じ濃度のアルコールが胎盤を通して赤ちゃんに送られてしまいます。つまり、赤ちゃんもお酒を飲んだ状態になってしまうということ。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
     

    赤ちゃんの為に禁酒しよう

  • 忘れがちな報告

  • 現在妊娠何週なのか。
    今現在、つわり等の症状がどの程度あるのか。
    今後、どんな症状がでるかもしれないのか。
    控えたい仕事、積極的に出来る仕事。
    いつまで仕事を続けたいのか。
    出典 :妊娠初期に働く注意点! | nanapi [ナナピ]
  • 妊娠が発覚したら、すぐに上司や職場の仲間に報告をします。とても喜ばしく嬉しい事ですが、仕事を続ける面では妊娠中ということで迷惑をかけることも多々あるということを認識し、協力をお願いしましょう。
    出典 :妊娠初期に働く注意点! | nanapi [ナナピ]
     

    あまり言いまわらない方が良いかも

  • 妊娠は

     

    最低限の人に言うようにしましょう。流産した時のショック軽減と、自分への負担になります。安定期に入ってから友人などには言うと良いですね

  • 疲れやすくなるので注意

  • 普段より負担の大きいことが起こっているので、いつもより疲労を強く感じます。十分な休養と水分の摂取が必要になります。
    出典 :妊娠3週(赤ちゃん・症状)
     

    要するに無理はしないようにって事ですね

  • 薬やサプリメントは

  • 「無影響期」と呼ばれ、この時期に飲んだ薬が赤ちゃんに影響することはありません。逆に最も注意が必要なのは、妊娠4週から7週(28日めから50日め)まで。この時期は赤ちゃんの体の重要な器官が形成されるときなので、器官や機能に奇形を起こす可能性がある催奇形性のある薬は服用しないようにしましょう。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
  • 栄養が補給できるサプリメントは用量を守れば基本的に問題はありません。ただし、脂溶性ビタミンであるA・Dには注意してください。特に妊娠初期でのビタミンAの過剰摂取は赤ちゃんの骨の発育に影響があると言われています。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー