夜更かしや睡眠不足で肌が荒れるのはなぜ?

夜更かしは肌荒れの原因になると言われています
しかしそれはどうしてなのでしょうか?夜更かしをしたとしても充分睡眠をとれば問題ないのでは?
残念ながら十分な睡眠時間を摂っても問題解決にはなりません。
その理由は成長ホルモンと身体の体温に秘があるようです

view417

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜更かしや睡眠不足はシミの原因になるので要注意

  • 夜更かしは美肌の大敵と言います。有名モデルや女優も大切な撮影前には、早くベッドに入るというインタビュー記事もよく目にします。つまり夜に健やかな睡眠をとることが、美肌には欠かせないということです。
    出典 :夜更かしや睡眠不足はシミの原因になるので要注意
     

    夜更かしが肌に悪いというのはなぜなのでしょう?

  • 夜型の生活をしている人も多いと思いますが、朝方の生活をしている人の方が、心身が健康に整う傾向があります。これは自律神経が関係しています。自律神経は交感神経と副交感神経を切り替えながら、心身のバランスを調整する大切な働きをしています。
    出典 :夜更かしや睡眠不足はシミの原因になるので要注意
     

    理由は自律神経にあるようです

  • 夜型の生活が続いて、生活が不規則になると、 自律神経の切り替えがうまくできなくなります

     

    交感神経は主に日中に働き、外部からの刺激やストレスに対応するために、体や精神を緊張状態に保ちます。
    一方、副交感神経は睡眠時などリラックスしているときに優位になり、緊張感を開放して、心身を休める働きがあります。

    夜型の生活が続いて、生活が不規則になると、自律神経の切り替えがうまくできなくなり、心身のバランスが崩れてしまうことがあるのです。

  • お肌のゴールデンタイムは22時~2時!

  • さらに夜更かしが肌に悪い理由には、ホルモンも関係しています。ホルモンの中でも細胞の生成を促す、成長ホルモンは夜の10時~2時にもっとも盛んに分泌されます。
    そのためこの時間に睡眠をとっていることが、肌細胞の生成にはとても大切なのです。
    出典 :夜更かしや睡眠不足はシミの原因になるので要注意
     

    成長ホルモンの分泌は夜10時~2時
    これが夜更かしが悪い理由ですね

  • 肌細胞の生成が停滞してターンオーバーが遅くなると、角質やメラニン色素が肌に残ったまま、剥がれにくくなるため、色素が沈着してシミができやすくなります。またターンオーバーが遅れると、角質層が厚く均一でなくなるので、肌の水分が蒸発して肌が乾燥しやすくなります。
    出典 :夜更かしや睡眠不足はシミの原因になるので要注意
     

    乾燥は肌のバリア機能を低下させて、紫外線の影響を大きくし、さらにシミをできやすくします。

  • 「筋肉や皮膚組織などの修復」がもっとも活発に行われるのが、夜10時から2時、いわゆる「肌のゴールデンタイム」なのです。代謝率が高い体にするには、この時間のうちに眠り、成長ホルモンを分泌させることが重要とされていますが、夜型だとこの時間にほとんど、あるいはまったく眠らないため、睡眠の質が極端に悪い状態となってしまいます。
    出典 :夜更かししてしまった日のお肌の応急処置方法 - Yahoo! BEAUTY
  • 夜10時から2時がお肌のゴールデンタイム

     

    同じ「睡眠時間6時間」でも、12時~6時と、2時~8時では、まるで質が違います。「確かに夜型だけど、その分朝ギリギリまで寝てるからいい」というわけではないのです。

  • お肌のゴールデンタイムが午後10時から午前2時になっている理由は、人間の体温変化にあります。
    人のからだは、午後から夕方にかけて体温が高くなり、夜からは体温が下がっていきます。そしてちょうど夜中の2時ごろに、体温はもっとも低くなります。
    出典 :夜更かししてしまった日のお肌の応急処置方法 - Yahoo! BEAUTY
     

    つまり、筋肉や皮膚組織などを修復するゴールデンタイム=「体温が下がっていく時間帯」なのです

  • 夜更かししてしまった日のお肌の応急処置

     

    体温のメカニズムを逆に利用して、お肌のゴールデンタイムを一時的に後ろにずらす方法があります。
    それは、「寝る前に体温を上げ直す」ことです。
    温かい白湯を飲み、足湯やコタツで下半身をよく温めると体温が上がります。
    これでからだは時間を一時的に調整し直して、その後体温の下がる時間がゴールデンタイムとなるのです。

  • 皮膚が再生できる環境を!

  • 健康的な体の維持に、良質な睡眠は欠かせないといいますが、特に肌のとっては重要なものです。
    お肌のゴールデンタイムといわれる20~2時の時間帯に就寝できていると、他の身体機能が休息しているときに、新しい皮膚が生成されていきます。
    出典 :夜更かし、睡眠不足はしっとり肌の大敵!皮膚が再生できる環境を!
  • 乾燥肌になる要因の1つに、ホルモンバランスの崩れがあげられます。肌の材料となる栄養が、ホルモンのバランスが崩れることで十分に補給されなくなることから、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。
    出典 :夜更かし、睡眠不足はしっとり肌の大敵!皮膚が再生できる環境を!
  • 肌に良い食事から摂っていても、体内で肌まで届けられていないのなら、効果は発揮されません。
    高級なクリームなどが市販されていますが、その前に睡眠を十分に取り、皮膚が再生できるように環境を整えることが大切ではないでしょうか。
    出典 :夜更かし、睡眠不足はしっとり肌の大敵!皮膚が再生できる環境を!
     

    それだけでも、もしかしたら特別な対策が必要なくなるかもしれません。