有効的に使おう「敏感肌でワセリン」治療!

敏感肌でワセリンをつかう事が効果的だそうです。使用方法も一緒に知っておこう

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 敏感肌を落ち着かせる

  • アトピー性皮膚炎の治療をはじめ、乾燥肌や敏感肌で病院にいくともらえる保湿剤はワセリンが多いです。保険が効いて安いうえ、成分も安全、肌を保護する力も高いすぐれものです。
    出典 :ワセリンの選び方・使い方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
     

    ワセリンはすごい効果ですよね

  • ワセリン自体は石油を蒸留して残った油をさらに精製したものですが、悪者にされやすい石油系の化学成分のなかでは酸化もしにくく、肌への刺激も少ないということで様々は皮膚疾患や 肌のトラブルの治療に用いられています。
    出典 :ワセリンの選び方・使い方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  • 役目を知っておこう

     

    ワセリンの役目というのはバリア機能が壊れてめくれあがった角質細胞を皮膚に貼りつけて乾燥や刺激から守ることです。ワセリンは改善にもっともよいアイテムと言えるかもしれませんね

  • 働きは

  • 肌は、もともと健康な状態を保持する機能を持っていますが、加齢や外部からの刺激などが原因で、その機能を十分に発揮できなくなることがあります。こうしてバリア機能が低下した結果、肌荒れ、ニキビ、乾燥、かゆみ、かぶれなど肌トラブルを引き起こしますが、さまざまな肌トラブルの中でも、多くの方が悩まされているのが乾燥肌です。
    出典 :ワセリン | 敏感肌のスキンケア
  • 敏感肌や乾燥性敏感肌にかかわらず、肌が乾燥するときは、健康な肌状態を保つ働き(バリア機能)を補うために保湿ケアをすることが必要です。 保湿ケアで肌に水分補給をし、補った水分が外に蒸発するのを防ぐためには、肌に油分の膜を作ってあげるのです。
    出典 :ワセリン | 敏感肌のスキンケア
  • 肌に油分を補う成分のワセリンは、バリア機能の低下や肌の乾燥によって失われた水分を補い、角質層に水分を閉じ込める働きがあり、油分を補う働きもあります。そして、即効性があり、かつ長時間作用が続く特徴もあります。刺激も少なく、角質層のバリア機能をカバーする働きもあります。
    出典 :ワセリン | 敏感肌のスキンケア
     

    べたつきが気になる場合は少量を良く伸ばして使うのが良いそうです

  • プロペトとワセリンはどこが違う?

  • 白色ワセリンってもともと何からできているかご存知ですか?白色ワセリンの原材料は石油なんです。その石油から分離・精製されたパラフィン類の混合物です。分離・精製が十分でないと不純物のため敏感肌の人の方ではまれに合わないことがあります。プロペトは分離・精製を高めたもので不純物がより少なくなっています
    出典 :敏感肌には断然プロペト!~白色ワセリンとプロペトの違い|皮膚科系薬剤師が教える保湿剤の上手な使い方・選び方
  • つまりプロペトは他の白色ワセリンに比べより高精製の白色ワセリンなので敏感肌の方には不純物のリスクを考えるとより オススメ です。
    出典 :敏感肌には断然プロペト!~白色ワセリンとプロペトの違い|皮膚科系薬剤師が教える保湿剤の上手な使い方・選び方
     

    ワセリンの上がプロペトという事になりますね

  • Q&A

  • ワセリンはつけすぎてもベタベタするだけですし、肌を多湿状態にするので角質層をふやけさせてしまいむしろ乾燥の原因になります。 乾燥する部位や敏感になっている部分にほんとうに薄く米粒の半分程度の量を良く伸ばしてから塗布して使ってください。
    出典 :ワセリンの選び方・使い方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  • 薬店、薬店、ドラッグストア、ネットショップetc...。どこでも売ってます。1個数百円ですし、1回当たりの使用量もかなり少量なので1個買えば数年持ちます。コスパ抜群です。 いろいろな用途に使えますので持っておいた損はないです。
    出典 :ワセリンの選び方・使い方|何もつけないスキンケア【最新流儀】
  • ワセリンを選ぶ際は

     

    ワセリンには純度があり、白く透明のほうがいいです。白色ワセリンというのを選ぶようにしましょう。白色ワセリンをさらに精製して不純物を少なくしたものがプロぺト、 更に精製度を高めたものがサンホワイトです。どれを使っても良いですが、いいものをおすすめしたいですね