黒ずんだ乳首をピンク色に変える方法とは!?

黒ずんだ乳首をピンク色に変える方法とは!?
桜のような淡いピンクの乳首だったらいいな~と思ったこと、ありませんか?
自分の乳首の色が濃い、または黒くて悩んでいる方に、色を薄くする方法教えます。今からでも薄くすることはできるんです!

  • namie 更新日:2014/11/27

view7751

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 黒ずんだ乳首をピンク色に変える方法とは!?

  • 黒ずんだ乳首をピンク色に変える方法とは!?
    女性としては乳首の色は気になってしまうものです。年齢と共に濃くなったと感じたり、また出産などを機会に色が変化してしまう方もいます。
    いったい乳首は色を薄くする方法があるのでしょうか?詳しい情報を紹介しますので、気になる方は参考にしてみましょう。

  • 生まれつきだと思いますが乳首(乳輪?)の色が焦げ茶色です。濃いコーヒー牛乳みたいな色です。これが自分の一番のコンプレックスです。
    出典 :[Q&A] 乳首の色にコンプレックスが。(1/2) 【OKWave】
  • 誰にも聞けない悩みなのですが、乳首の黒ずみで悩んでいます。多分、他の人に比べたり、ネット上に写真のある裸の女の人よりも真っ黒な乳首です。
    出典 :乳首をピンク色にするお手軽で簡単な方法ってありますか?幼少の頃から黒ずんだ乳... - Yahoo!知恵袋
  • 猫の肉球みたいなピンク!

     

    結構気になる「乳首の色」!
    ほんのり淡いピンクに憧れを抱く人も多いですよね。

    若い頃や子供の頃から乳首が濃い人は少ないと思いますが、気がついたときには既に濃かったという場合も。体質とかも関係しているようなので、一概に色が濃い=遊んでいるというわけではないのです。
    でも、やっぱり乳首の色は気になるものです。ピンク色の人たちは何かやっているのでしょうか?

  • 乳首が黒ずむ原因

  • メラニン色素

     

    乳首の色が濃いか?というのは実は元々持つ体質で、メラニン色素が多いかによって変わってきているのです。

    これは人種によっても大きく異なっており、白人のように元々メラニン色素の量が少ないと、よりピンク色に近い傾向があります。逆に色が濃いのは黒人のようにメラニン色素を多く持つ場合です。
    では、日本人は?といったら、それもやっぱり体質で白人のように肌が薄ければ色素も少なく、元々色黒なら黒人に近いタイプということができます。

  • 妊娠をキッカケに乳首の色が濃くなるのも、このメラニン色素と大きく関係があります。
    妊娠中は女性ホルモンのバランスが一時的に変わるのですが、このときに見られる女性ホルモンが色素細胞のメラノサイトを刺激すると考えられています。

    妊娠中は乳首が黒くなると感じられるだけでなく、シミなども増えたという人も非常に多いのです。ただ、これは妊娠中だけの変化のため、産後は徐々に乳首の色やシミなどが薄くなっていく傾向にあるようです。

  • 色素の色にも個人差が・・・

     

    もともと色素の色が濃い場合はそれ以上は薄くなりません。

    地黒の方は努力してもあまり改善できないのが現状です。ただメラニン色素ができにくくする努力をしたり、シミなどの対策をすることで多少は改善できるかもしれません。

  • 乳首がピンク色に見える理由は、元々の肌が白く、下にある毛細血管が透けて見えるからです。

    よく肌が白い人が寒い場所と温かい場所の両方を行き来すると、温度差で肌がピンク色になるのを感じることがあります。これも毛細血管の血流が見えているためで、色素が薄い人程より肌の下の血管が見えやすいわけです。

  • ピンク色にする方法

  • 体質的に乳首が黒い人でも、できるだけ色を白くする方法を紹介します。毎日実践することで多少は改善できる可能性があります。諦めずに実践してみて下さいね。

    その方法はホエイを塗るものです。乳酸も含むのでピーリング効果もあるといわれています。

    元々ある色素は変えられないけど、余分な角質を除去すれば色が白くなりやすいというわけです。特に肌の代謝が落ちいている方、冷え症で血流が悪い方などは注意したほうが良いでしょう。また、乳首の角質って、意外と見逃しがちな部分のため、対策していない方が多いのでは?

  • ヨーグルトの上澄み

     

    ホエイは専用のものを利用しなくても、ヨーグルトの上澄みを利用するだけでOKです。

    ヨーグルトは時間が経つと透明な液体が出てきて、白い上澄みが発生してきます。これを捨てる人も多いようですが、きちんと栄養が含まれている部分で無駄なものではないのです。
    食べるのが苦手なら、乳首に塗ってピンク色を目指しちゃいましょう!

  • ホエイは無糖ヨーグルトを活用して取り出します。

    無糖ヨーグルトを水切りすると、透明な液体を取り出すことができます。これがホエイで肌に塗ったり、乳首に活用するなど色々な場所に利用できるわけです。
    もちろん水切りしなくても、時間が経って透明な液体が浮いてきたら、それを別容器にとりわけ塗るだけでも効果が期待できます。
    この部分は食べてもあまり美味しいものではないため、捨てていた方が多いのではないでしょうか?

  • ホエイ

     

    ホエイを取り出したら、それを乳首に手で塗るだけです。2分~3分くらい放置したら洗い流します。週に2回~3回程度が良いといわれています。

    ホエイは別容器に保存は可能ですが、食べ物ですから品質には良く注意したいものです。冷蔵庫で保管し、ヨーグルトの賞味期限以内に使い切ることをおすすめします。
    毎日ヨーグルトを食べて腸の健康を守りながら、その都度新しいホエイを取り出すのも良いでしょう。

  • ハイドロキノンで対策する

  • ハイドロキノン

     

    各化粧品メーカーから様々なハイドロキノン入り商品が売られています。
    ハイドロキノンとは強力な美白作用を持つ成分で、メラニン色素を作り出すチロシナーゼ酸化酵素を阻害すると考えられています。それによりシミを徐々に薄くし、色を落す効果があるとされています。また、メラニン色素を作る、メラノサイトを抑制する働きも期待できるといわれています。

  • 乳首の色素沈着にもハイドロキノンは有効だと考えられます。
    しかし、化粧品を肌の弱い乳首に塗るのは人によっては勧められないこともあります。パッチテストで問題ないことを調べ、その上で少量ずつ試しに使ってみてください。
    また、ハイドロキノンは強力な美白作用があるため、使いすぎると副作用として所々色が抜けたようなまだらになるといわれているため、塗りすぎには注意が必要です。

  • 紫外線対策は必須!

  • ハイドロキノンを塗っても
    紫外線の対策をしていなければ全く意味がなく
    かえってシミができたり、
    色素沈着を起こしたりという副作用も起こします。
    出典 :【ハイドロキノンの美白効果】後で後悔しないために!正しい使い方や疑問点、副作用のまとめ | 美人オーラバイブル
     

    紫外線は大敵なんですね。