赤ちゃんの習い事がおすすめな理由とは。

赤ちゃんからの習い事なんて早すぎる!と思っているあなた、それは間違いです。無限の可能性をもつ赤ちゃんだからこそ意義のある習い事もたくさんあります。ママのストレス解消にも役立ちますよ。

view186

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんの習い事は、確実に増えています。

  • 今や0歳児のクラスなんて当たり前!?

  • ある調査によると、生後半年~1歳までの赤ちゃんの15%が何らかの習い事をしているという統計もあります。
    出典 :子供の習い事★赤ちゃんと習い事
     

    15%って、結構多いのでは?

  • 人間の脳は幼少期から発達を始めています。
    色々な基礎となるよう実に様々な基礎を確立するようにあらゆる情報を求めて、発達していきます。

    それは、音感であったり、リズム感であったりと実に様々です。ですから、この時期に基礎となる色々な物を体験させてあげたり感じさせてあげる事が、この時期の一番の学習(習い事)になってきます。
    出典 :ベビーのコミュニケーション、ベビーサイン教室 | 子供の習い事
  • 人気は、スイミング・英語・リトミックです

  • この3つは不動のトップ3ですね。

  • 水泳の健康に対する効果は良く知られるところですし、小さなころから水に慣れ親しんでおくと、学校に行ってからの水泳の授業も楽にこなせるようになる、という期待もあります。
    出典 :子供の習い事★赤ちゃんと習い事
     

    スイミングは断トツの人気ですね。赤ちゃんはお腹の中で羊水に浮いていたので、水になじむのが早いんだとか。

  • 英語の耳を育てるには、やはり赤ちゃんのうちから始めるのがベスト。
     遅くとも6歳までに耳を鍛えておかないと
    英語の微妙な子音の聞き分けは難しい
     と言われています。
    出典 :赤ちゃんから始める人気習い事
     

    英語耳を作るためにも、英語は早くから始めたほうがいいといいますね。

  • 赤ちゃんは、言葉よりも先に、音やリズムに反応します。
    だからこの時期、赤ちゃんが受入れやすい音楽やリズムに合わせたさまざまな楽しことで、
    心と脳を刺激していきます。
    特に楽しい音楽に触れたときに、赤ちゃんの心と脳は開き集中します。
    出典 :0歳児からの乳幼教育 リトピュア リトミック -幼児リトミック&講師育成-
     

    ピアノを習わせる前に、赤ちゃんのうちからリトミックをさせる人も多いですね。

  • 子どもも楽しそう

  • 昨年末、人気育児雑誌8誌が選ぶ子育てトレンド、第4回ペアレンティングアワードを受賞したベビーサインは、最近あちこちで耳にする話題の習い事。90年代にアメリカで生まれた育児法のひとつで、まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションしようというものです。
    出典 :0歳から通える赤ちゃん向け習い事 [子供とおでかけ] All About
     

    ベビーサインも楽しそう。

  • ママのストレス解消にも

  • まだ歩けないような赤ちゃんを連れていく場所って意外と限られているので、毎日の買い物以外出かける先がないというママも少なくありません。同じ年齢の赤ちゃんを持つママを交流する場としても、習い事はいいですね。

  • ママに限らず女性に人気の高いヨガやピラティスにも、親子で通える教室があります。とくに、産後のボディや運動不足が気になるママから高い支持を受けているピラティスは子育ての体力づくりにも最適。
    出典 :0歳から通える赤ちゃん向け習い事 [子供とおでかけ] All About
     

    子連れでいけるヨガやピラティスもいいですね。

  • 他には、最近はベビーマッサージとか、ベビーサインの教室も人気が出てきているようです。
    出典 :子供の習い事★赤ちゃんと習い事