とっても重要!「介護の口腔ケア」きちんとした知識が必要です。

介護の口腔ケアはとっても大切なものなのです。重要性をしっておこう!

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 口腔ケアとは

  • 高齢社会になるとともに介護が必要な高齢者が増加し「口腔ケア」という用語が生まれ、今では保健・医療・福祉の分野に広く浸透しています。口腔ケアには口腔の「清掃を中心とするケア」と「機能訓練を中心とするケア」があります。
    出典 :要介護高齢者の口腔ケア | e-ヘルスネット 情報提供
     

    介護の口腔ケアにはきちんと目的があるのです。

  • 目的はそれぞれ「口腔内を清潔に保つこと」と「口腔機能を維持・向上すること」です。要介護高齢者の口腔ケアでは、誤嚥性肺炎や口腔内の乾燥を予防すること、さらには老化や障害による口腔機能の低下を予防・改善することが主眼となります。
    出典 :要介護高齢者の口腔ケア | e-ヘルスネット 情報提供
  • 高齢者にとって多くのメリットがあるのです。

  • 口腔ケアは、高齢者にとって多くのメリットがあります。口腔ケアを行うことで、歯科疾患予防から、口腔機能の向上で健康の維持や増進を行い、生活改善から、食べることの意欲が湧き、最終的に生きることの意欲も増してくるのです。
    出典 :口腔ケアとは | 介護施設専門訪問歯科と口腔ケアのウィルアドバンス
  • 画像は見えにくい場合は

     

    クリックして拡大してください。食べる意欲の改善や生活リズムを整えるのです。口腔ケアだけでこれだけの色々な効果があるのですね。QOLの向上をしっかりと目指していきたいですね。

  • いつやるのが効果的なのか

  • 口腔ケアは毎食後実施することが理想です。特に、麻痺のある方にはあまり自浄作用が期待できないために、毎食後の口腔ケアが必要になってきます。 毎食後の口腔ケアが困難な場合は、少なくとも一日一回特に細菌の増殖する就寝の前にしっかりと口腔ケアをすれば効果的に細菌数を大きく減らすことはできます。
    出典 :要介護高齢者の口腔ケアについて - 8020推進財団
     

    とっても必要なのです。

  • 何処を磨く?

  • 歯と歯の間、歯と歯肉の境目、歯の根の露出部は磨き残しが多い場所です。 歯の表面には歯垢と呼ばれるヌルヌルとした細菌の層が付着します。 このヌルヌルを取ってツルツルに変えていきましょう!
    出典 :要介護高齢者の口腔ケアについて - 8020推進財団
  • 粘膜、舌のケアは、口臭予防に効果的です。 粘膜、舌の清掃は、忘れがちですが、細菌の繁殖を抑制するのに有効なケアです。
    出典 :要介護高齢者の口腔ケアについて - 8020推進財団
  • 金具付着部位は複雑で汚れやすくなっているために、むし歯になり やすくなっています。
    出典 :要介護高齢者の口腔ケアについて - 8020推進財団
  • チェックポイント

  • 要介護の状態が長期間続くと、口腔内が放置されているケースも多いので、口腔内に問題がないか観察します。痛みがあるとケアを避けるので、痛みの原因となる口内炎・欠けた歯・歯肉の脹れ・義歯による傷などの有無をチェックします。問題があれば歯科医師や歯科衛生士に相談して下さい。
    出典 :要介護高齢者の口腔ケア | e-ヘルスネット 情報提供
  • 障害の程度によってどの部分を介助すべきかを考えます。筋肉の衰えの予防や麻痺の改善のためには、自助具や工夫した清掃具を活用しながら、できるだけ本人の残っている能力を活かすことが重要です。ただし仕上げは介護者が手伝いましょう。
    出典 :要介護高齢者の口腔ケア | e-ヘルスネット 情報提供
  • 寝たきり状態で嚥下機能が低下している場合は、顔を横に向け、枕を使って下あごを引き、水分が気管に入らないように注意します。水分の使用はできるだけ控え、すぐにふき取れるよう綿棒やカット綿等を用意します。麻痺があれば、麻痺した側を上に健常な側を下にします。
    出典 :要介護高齢者の口腔ケア | e-ヘルスネット 情報提供
  • 加齢によって

     

    加齢により分泌能力が低下したり、服用薬の影響で口が乾きやすくなります。マッサージをして唾液の分泌を促しましょう。このマッサージも大切な口腔ケアの一環だと考えましょうね。