マタニティブルーじゃない!「産後うつ」とは!

マタニティブルーが長いと産後うつなのかもしれません!産後うつは怖いのです。

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後うつとは

  • 「産後うつ」とはうつ病の一種です。 出産後は、妊娠中に赤ちゃんを胎内に迎えるために変化していたホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るため、乱れます。それによって誘発されるのが「産後うつ」と考えられていますが
    出典 :産後うつ病を治そう!
     

    自然に治るものではありません。もう病気に分類されるのです!

  • 自分の子供なのに

     

    泣いていたり、甘えてくるのがイライラしている。自分は母親失格じゃないのだろうかなどと悩む人がいるかもしれません。それが産後うつと言われるものなのです。

  • マタニティブルーとの違いは

  • 出産を境に起こる急激な女性ホルモンの変化が、心に影響を及ぼす要因のひとつになっているといわれています。マタニティブルーも原因は同じですが、文字どおりブルーな気持ちになる程度で、ごく一時的。たいていは産後すぐから始まり、数日間から2週間程度でいつのまにか終わっています。
    出典 :産後の“うつ”な気持ちはなぜ起こる? - gooベビー
     

    マタニティブルーはいつのまにか緩和しているものなのです

  • 産後うつは多くの場合、お産の2~3週間後から始まって、最低でも1カ月間、長いと1~2年と年間単位で起こり、日常生活の中でいままでできていたことができなくなるなどのうつの症状や、食欲がわかないなど身体症状が出てくるのが特徴です。
    出典 :産後の“うつ”な気持ちはなぜ起こる? - gooベビー
     

    ここまで来ると病気ですね

  • 女性の妊娠からスタート

  • 女性は妊娠から出産、出産後に次の妊娠が出来る体になるまで、女性の心と体は変化をし続けます。しかも、出産後のママの生活は大変なもので、普段の家事の他に、赤ちゃんのおむつ替え、授乳、沐浴などで大忙しです。睡眠不足が続き、気分転換の外出もなかなかできずにストレスがたまるばかりです。
    出典 :産後うつ病 - 【うつ病の治し方】 原因と対処法を知って解消(´;ω;`)
  • 産後うつは出産後で女性ホルモンが急激に変化するために起きるうつ症状とされていまが、妊娠や出産、産後の生活がストレスになっているとも考えられます。実はこの産後うつは、育児放棄・虐待、子供を自殺の巻き添えにするなどの原因にもなっているんですよ。
    出典 :産後うつ病 - 【うつ病の治し方】 原因と対処法を知って解消(´;ω;`)
     

    こうはなりたくないですよね。

  • 完璧主義は捨ててみて

  • 完璧主義ともいえるマジメながんばりやさん。とくに仕事でキャリアを積んできた女性が出産を機に家庭に入ると、妻としても、母としても、女性としてもパーフェクトにしなくてはとがんばりすぎてしまうことが多く、少しでもそれができないと「私がいけないんだ」と自分を責めて、気づけば産後うつの状態に……。
    出典 :産後の“うつ”な気持ちはなぜ起こる? - gooベビー
  • こんな人は要注意

  • 性格的にがんばりすぎてしまう人ほど、育児も家事もひとりで抱え込み、うまくいかないと自分を責めてしまいがち。かといって性格を急に変えるのは簡単ではないので、心が折れそうになったら、「助けて!」と言える人を探すのが大事です。
    出典 :産後の“うつ”な気持ちはなぜ起こる? - gooベビー
  • 原因は

  • 産後うつの原因は

     

    ホルモンバランスと考えられています。また全般的なうつに関連する事ですがストレスをためるとなり易い傾向があるので注意しておきましょうね。