知識を付けて歯を守ろう!「歯肉炎の予防」方法のまとめ!

歯肉炎の予防方法をしっかりしって歯と歯茎を守ろう!痛みが出る前に日常から出来る事がある!

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯肉炎とは

  • 歯肉炎とは、歯周病の中でも初期の段階です。歯周病とは、歯周組織の病気を総称して呼びます。歯周病の初期の段階では歯肉に炎症が起きる程度で歯槽骨までは及びません。歯槽骨に損傷があると元には戻りませんが、まだ歯肉炎なら回復できます。
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
  • 歯肉炎にかかりやすいのは思春期や妊娠中の女性、甘いものをたくさん食べる人など歯肉炎にかかりやすい因子を持つ人たちです。気づきにくい歯肉炎ですが、早いうちに発見したいものです。
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
     

    このような人にリスクがあると言えるのです。

  • 年を取るから

     

    歯が抜けると思っていませんか?原因のひとつとして歯肉炎等が含まれる歯周病があるのです。歯を失う原因が歯周病と分かれば、予防と治療で自分の歯をしっかりと守る事が出来るのです。

  • 数原因となるものを取り除こう

  • 画像は

     

    参考にしてください!原因は沢山あるのです!だからこそ原因をしっかりと取り除く事から始めないといけないのです。見えにくい場合はクリックすると拡大出来るので利用してくださいね

  • 歯肉炎の予防は

  • 歯肉炎を予防するには何といっても日ごろの歯磨き、歯肉マッサージです。プラークを歯に寄せ付けないようにすることが大切です。放っておくと1度歯肉炎を治療したことがある人でも再発したり歯周炎に進行してしまいます。歯と歯茎の間って、意識しないと磨かないかもしれません。
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
     

    意識する事がとっても大切と言えるのです。

  • 力を入れずに歯茎をマッサージするのは気持ちが良いですよ。毎日のブラッシングで変化していくので、歯と歯の間にある歯肉をこまめにチェックしておきましょう。治療や予防を続けると、大体1~2週間で変化が見られます。また、定期的に歯科医院で歯石の除去をしてもらってください。
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
  • 歯周病は中高年の病気ではなく今では若い年代にも歯周病は広がってきています。歯周病はいかに若い時から意識して予防するかがカギです。どんな病気もそうですが歯周病も早期発見・早期治療が基本です
    出典 :歯周病予防で歯スッキリ(歯槽膿漏、歯肉炎、歯周炎)予防
     

    歯周病に関わるものなので、こちらも同じ事ですね。

  • これらをやってみて!

  • これまで以上のブラッシングを必ず毎日行なうようにします。この際、歯ブラシが歯と歯肉の両方接触するようなイメージで磨きましょう。この段階では歯ブラシの動かし方などはあまり気にせず、とにかく今まで時間をかけてしっかり磨くように心がけます。これだけでも1~2週間程度でほとんどの歯肉炎が改善します。
    出典 :歯肉炎の予防・治療 [歯周病] All About
  • 歯磨きを改善しても、歯と歯の間の歯肉が赤く盛り上がったまた、炎症が残ることがあります。この場合、歯と歯の間の歯肉の中に歯石が付着していることが考えられます。 歯石は自分では取ることができないので、病院で除去してもらいましょう。
    出典 :歯肉炎の予防・治療 [歯周病] All About
  • この歯石を付着したままにしておくと歯周病に進行し、歯の周囲の骨や歯肉などが失われる原因となります。 歯石がついている時点で、より歯肉炎が悪化した状態、すなわち歯周病になりかけているかもしれないと考えなければなりません。
    出典 :歯肉炎の予防・治療 [歯周病] All About