ピアスでかぶれる場合の対処法!原因となる金属は?

ピアスでかぶれる人は少なくないようですが、その原因は金属アレルギーです。
どんな金属がアレルギー反応を起こしやすいのでしょうか?
また、ピアスによるかぶれを予防するために効果的な方法はあるのでしょうか?

view97

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ピアスは金属アレルギーになりやすい!

  • 皮膚が金属に触れている場所で、接触性皮膚炎が起きます。
    出典 :金属アレルギー(症状、原因、起こしやすい金属・起こしにくい金属、検査、治療)
     

    金属アレルギーは、特に汗をかきやすい夏に症状が表れることが多いようです。
    その仕組みは、汗によって金属が溶け、それが体内に入り込むことで体の中に不必要なものと認識されます。
    その後、再び原因となった同じ金属が皮膚に触れることで拒絶反応を起こした状態が金属アレルギーです。
    金属アレルギーの特徴として、完治が難しいことが挙げられます。
    つまり、一度症状が表れるとその症状は一生消えることはありません。
    そのため、お気に入りのアクセサリーが付けられなくなることもあるのです。

  •  

    金属アレルギーになる原因として考えられるのが、アクセサリーです。
    指輪やネックレスなどでかぶれる人は少なくありません。
    金属アレルギーの中でも最も多いと言われているのがピアスです。
    指輪やネックレスなどどのアクセサリーも肌に直接触れるのですが、ピアスの場合は皮膚に穴を開けるため皮膚の内部に金属が触れることになります。
    このことから、金属アレルギーで最も多いのがピアスでかぶれることと言われているのです。
    普段からピアスを付けている人の多くは、金属アレルギーの症状を感じたことがあるのではないでしょうか?

  • 最も金属アレルギーの原因として多いのはニッケルです。
    出典 :ピアストラブル
     

    ピアスでかぶれる人の多くは、このニッケルが原因となっています。
    なぜなら、市販されている安いピアスのほとんどにニッケルが使われているからです。
    ピアスは若い世代を中心に人気のファッションアイテムとなっており、多くの人が身に付けています。
    値段も手頃でデザインも豊富にあります。
    しかし、その一方で安いピアスをつけてしまうと金属アレルギーになってしまう危険性もあるのです。
    前述したように、金属アレルギーは1度症状が表れたら一生続くものですので、ピアス選びには十分気を付けたいですね。
    ちなみに、ニッケル以外の金属だとコバルトやクロムにも注意が必要です。
    ただし、高いピアスだからと言って金属アレルギーにならない訳ではありません。
    銀や白金は、金属の中でもアレルギー反応が出にくいと言われています。
    しかし、人によってはこれらが原因でかぶれてしまう可能性もあるのです。

  •  

    金属アレルギーの原因を調べる方法として、パッチテストがあります。
    パッチテストとは、金属が含まれた液体が付いたシールを背中や腕に貼り、その反応を見る検査方法です。
    1週間程度皮膚の様子を観察し、異常反応が出た金属がアレルギーの原因となります。
    パッチテストは、皮膚科で受けることができます。
    このようなパッチテストを行うことで、原因となる金属を避けることができるためピアスでかぶれることも少なくなるでしょう。

  • ピアスかぶれの予防法!

  • アレルギーの人は金属を身につけない。
    出典 :金属アレルギーの原因と対策 - シルバーアクセサリー総合情報サイト
     

    ピアスでかぶれる人は、ピアスを付けないことが1番の予防法となります。
    しかし、せっかくピアス穴を開けたのにピアスができないなんて悲しいですよね。
    そんな人は、前述したパッチテストを受けて原因となる金属を特定しましょう。
    ピアスを選ぶ際に原因となる金属を避ければ、ピアスを付けてもかぶれることは無いでしょう。
    実際に金属アレルギーの人は、チタンや樹脂でできたピアスを身に付けています。

  •  

    また、ピアスでかぶれる場合にはピアスを保護する効果のあるピアスコートを使用すると良いでしょう。
    これは、ピアスの棒部分に薄く塗るだけで皮膚と金属の接触を避けることができ、金属アレルギーを予防するものです。
    薬局やインターネットで購入できるため、試してみてはいかがでしょうか?