知っておこう!人間の「老化」というものについて

老化とはよく言ったものですが、具体的にどのようなメカニズムがおきているのでしょうか!

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 老化とは

  • 私たちは、人生の途中で事故や病気で命を奪われないかぎり、誕生→発育(成長)→成熟→衰退(退行)という経過をたどって死に至ります。この一連の過程を加齢(かれい)といい、加齢そのものを老化ということもありますが、ふつうは、成熟期以降におこる心身の変化を老化(ろうか)(老衰(ろうすい)、老年(ろうねん))と呼んでいます。
    出典 :老化 とは - コトバンク
     

    このように人の加齢は進んでいくのです

  • •生物学的メカニズムとは、生物学的仕事を遂行する生物学的装置(つまり蛋白質またはその作用ネットワーク)のことを指しています(⇒生物のエネルギー変換)。細胞機能を実際に行っている分子的実体は、各種の酵素、輸送蛋白質、細胞骨格蛋白質などの蛋白質です。
    出典 :�V���̃��J�j�Y��
  • この蛋白質の生産自体にも自由エネルギーを消費しますし、この蛋白質の作用にも自由エネルギー消費が必要です。つまり、生物が生命を維持するために必要な過程が「生物学的仕事」であり、その手段が「生物学的メカニズム」です。
    出典 :�V���̃��J�j�Y��
  • 誰にでも起きるのが生理的老化

  • 成熟期以降になると、遅かれ早かれ、だれにでも必ずおこってくる心身の変化を生理的老化といい、「必ずおこる」という普遍性(ふへんせい)のほかに、「発現が、遺伝的に決定されている(内在性)」「必ず進行し、後もどりはしない(進行性)」「必ずからだに不利をもたらす(有害性)」という特徴をもっています
    出典 :老化 とは - コトバンク
     

    閉経や老眼等が有害ですね

  • 老化は

  • 「止められない老化」とは年取ると必ず起こる、細胞やホルモンの機能低下「止められる老化」とは1活性酸素による酸化2蛋白質の糖化3ホルモン分泌の変化
    出典 :老化をさせない方法 止められる老化もある?
     

    このように分類できますね

  • 老化の原因は

     

    画像のように何種類かあるのです。また、人間の本来の寿命は125歳で、それが色々な要素で削られて平均年齢が出ているようなのです。興味部会話ですよね

  • 細菌の研究では

  • モデル生物を用いた研究から、老化や抗老化の分子機構が次第に明らかにされるようになって来た。また、様々な動物種を用いた実験から、栄養のバランスを保った上での低カロリー摂取が平均寿命や最大寿命を延長することが知られている。
    出典 :老化とは - 東京薬科大学 生命科学部
     

    すごいですよね

  • 老化の特徴

  • 全身状態が悪くなりやすい環境の状況が変化しても、私たちのからだの中は、いつも一定の状態に保たれています。これをホメオスターシス(恒常性維持(こうじょうせいいじ))といい、これが崩れると、健康が損なわれるばかりではなく、悪くすると生命にかかわります。
    出典 :老化 とは - コトバンク
  • 1人で複数の病気をもっている お年寄りは、1人で複数の病気をもっていることが少なくありません。高齢者ほど、もっている病気の数が多くなります。そのために、治療がむずかしくなります。
    出典 :老化 とは - コトバンク
     

    加齢によって病気がふえますよね

  • 個人差が激しい

     

    年をとっても、いろいろな臓器のはたらきが成人と変わらない人もいますし、極端に低下している人もいます。このため、同じ病気であっても、病気の現われ方や重症度が人によってひどくちがってきます。