桃の節句の祝い方~結局迷うのはひな人形ですよね

桃の節句と言えひな人形を飾るのがメインですが、それについて注意しなければいけないことがあります。今回はそれと合わせて桃の節句の由来や料理などについて調べてみました。

view81

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 由来

  • 桃の節句の起原は大変古く平安時代に遡ります。昔の日本には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)があり、当時この行事は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事でした。その中の一つ「上巳(じょうし)の節句」が後に「桃の節句」となります。
    出典 :桃の節句の由来
     

    起源は平安時代なんですね。

  • 室町時代になるとこの節句は3月3日に定着し、やがて紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになりました。その行事が宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていきました。
    出典 :桃の節句の由来
     

    室町時代に現在のように豪華なお雛様を飾る形になったのですね。

  • ひな人形

  • 昨今ではひな人形も派手さが競われ,九段や十一段飾りなどが見られるようになりましたが,七段飾りが基本。飾り方としては最上段に内裏びな,二段目に三人官女,三段目に五人ばやしが並びます。
    出典 :祭事のマナー07
     

    7段が基本なんですね。これは知りませんでした。

  • 初節句では、「お内裏様とおひな様だけを一揃えとした親王飾り」だけを購入するのが主流となっています。そして、その下の段は、年々買い足していく、という方法で購入していくようです。
    出典 :桃の節句・ひな祭りの祝い
     

    少しづつ増やしていくという方法もあるのですね。

  •  

    7段の物を飾るのが一番良いと思いますが、お住いの広さに合わせて適切なものを飾ればいいと思います。大きければ片づけるのも大変ですし。

  • よくマナー本では、初節句には母方の実家からおひなさまを贈ると言われていますが、少子化の現代では、それにこだわらず、両家が話し合ってそれぞれ分担すればよいのではないでしょうか。両家ともかわいい初孫に贈りたい気持ちは同じです。
    出典 :2/2 初節句の前に確認!ひな祭りの常識 [赤ちゃんの行事・お祝い] All About
     

    両方の実家からお金を貰って買うのが一番良いでしょう。

  • ママが持っていたお人形を飾ってはいけないの?

    雛人形はその子の厄払いを行ってくれるものでもあります。一人一飾りが基本。
    出典 :妊娠 出産 育児情報サイト 初節句(桃の節句)の祝い方、雛人形の選び方
     

    基本お下がりはあんまりよくないみたいです。

  • ママのために家族が飾ってくれていた雛人形はママだけのもの。そのお人形は実家で飾ってもいいし、お人形供養に持って行って供養してもらってもどちらでもかまわないそうです。
    出典 :妊娠 出産 育児情報サイト 初節句(桃の節句)の祝い方、雛人形の選び方
     

    流用はだめみたいです。

  • 一夜飾りは避けること

    おひなさまを飾る場合、お正月の松飾りのように前日にあわてて飾るのはNG。縁起が悪いと言うよりも初節句ですもの、余裕を持って早めに飾りたいです。
    出典 :初節句の前に確認!ひな祭りの常識 [赤ちゃんの行事・お祝い] All About
     

    一日前に飾るのはタブーになっているのですね。

  • 飾るのは、お雛様が届いたらお早めに、お節句の10~20日前、出来れば2月の雨水の日に飾って初節句の用意をします。最近は宅配便が普及していることもあり、仏滅や赤口にお祝品が届いてもあまり気にせずに、日柄の良い大安や友引を選んで封を切ります。
    出典 :初節句(ひな祭り) | お祝いのマナーと相場
     

    初節句の場合はかなり早く飾るのがいいみたいです。

  • 節句の楽しみ方

  • お供えと同じ内容のご馳走を用意する

    年に一度の女の子の節句ですから,女の子のいる家庭なら近所の方や親しい方,友だちなどを招いてお祝いの会を設けましょう。とくに初節句の場合は,古いしきたりにこだわる必要はないにしろ,せめて祖父母くらいは招いて子供の成長を祝い合いたいものです。
    出典 :祭事のマナー07
     

    お祝い会ですので、親しい方もお呼びして楽しい会にしましょう。

  • 日本では、白酒(甘酒)や草もち、桜餅のほかに、はまぐりのお吸い物とひなあられ、ちらし寿司がつきものとされています。
    出典 :桃の節句・ひな祭りの祝い
     

    この辺が定番ですけど、これにこだわる必要性はありません。

  •  

    現在ではおいしいものを出せば十分だと思います。

  • はまぐりには、一対の貝殻が離れても、絶対にほかに合う貝がいないとされており、そこから貞操のシンボル、イコ-ル幸せな夫婦になれるようにとの願いが込められているようです。
    出典 :桃の節句・ひな祭りの祝い
     

    かなり奥が深いのですね。

  •  

    はまぐりにそんな謂れがあるとは知りませんでした。というか今ではほとんど知らないのではないでしょうか?