電磁波の影響と健康への関係☆

電磁波の影響は健康を害する程なのでしょうか☆
そんな電磁波の怖さが分かると思います!

view182

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 電磁波はどこにある☆

  • 電磁波は物理的因子のひとつ。一般的には電波と言われることが多いようですが、電磁波という方が適切な表現です。電気があるところには電界が生まれ、電流が流れると磁界(磁場)が生まれます。電界と磁界が空間を伝わって行くのが電磁波です。
    出典 :健康被害の心配は不要? 電磁波の影響 [医療情報・ニュース] All About
  • 電磁波を受信した物には、誘電、熱作用などの物理的な変化がおきます。

     

    ■電磁波による誘電
    ラジオ、テレビ、無線、携帯電話では電磁波にを受けて誘電が起きています。アンテナが電磁波(電波)を受信することで、電流がアンテナに流れます。

  • 電磁波の影響

  • まったく影響がないかといえば、短期的な影響として、(1)高周波(100kHz(キロヘルツ)以上)のきわめて強い電波を浴びると体温が上がったり(熱作用)、(2)低周波(100kHz(キロヘルツ)以下)のきわめて強い電波を浴びることにより体内に電流が流れ、神経や筋肉に影響を及ぼす(刺激作用)ことが知られています。
    出典 :総務省|東海総合通信局|電波の人体に対する影響
  • なお、(3)携帯電話基地局や放送局などから発射される弱い電波を長期間浴びた時の健康影響(非熱作用)については、現在のところ、熱作用による影響以外に根拠を示すことのできる影響は見つかっていません。
    出典 :総務省|東海総合通信局|電波の人体に対する影響
  • 〔短期的影響〕○高レベルの磁界を浴びると、神経・筋肉への刺激等の生物学的影響が生じる(科学的に解明済みである)。○国際的なガイドライン(ICNIRP等)を守っていれば悪影響はない。
    出典 :電磁波による健康への影響はあるの?|東京電力
  • 〔長期的影響〕

    ○小児白血病に関する証拠は、因果関係と見なせるほど強いものではない(疫学的には弱い関連性が認められるものの、生物物理学的証拠は認められていない)。

    ○小児白血病以外の病気に関する証拠は、小児白血病についての証拠よりもさらに弱いか、因果関係がないことを示唆している。
    出典 :電磁波による健康への影響はあるの?|東京電力
  • 電磁波過敏症☆

  • 一方で、電磁波のある場所でめまいや吐き気などの症状を訴える人がいるのも事実です。これらを「電磁波過敏症」と読んでいますが、多くの人が認める統一された診断基準はまだ見つかっていません。これらの訴えをする人が電磁波過敏症かどうか診断できないのが現状なのです。
    出典 :2/3 健康被害の心配は不要? 電磁波の影響 [医療情報・ニュース] All About
  •  

    電磁波過敏症に人に対しては、電磁波の影響を見る実験として、プラセボ効果の逆の「ノセボ効果」(偽薬で不都合な作用出る)が認められています。つまり、電磁波の有無を被験者に知らせない状態で、電磁波のない状態にした場合にも症状の訴えがあることが報告されています。

  • 減らすには

  • 一時期、一部で流行した電磁波エプロンがあります。電磁波の発生源が複数あった場合、電磁波が周囲に反射して回りこむ回析を考えると、宇宙服のように全身を覆わないと効果がないのは明白です、 電磁波は二次元的に広がると計算すると距離の二乗で減衰します。
    出典 :3/3 健康被害の心配は不要? 電磁波の影響 [医療情報・ニュース] All About
  • では、電磁波を0にするのは諦めるとして、減らすことはできるのでしょうか? 高血圧の場合は、摂取する塩分を0にするのではなく適度に減塩します。同様に、減電波する方法を考えてみましょう。テレビの予備電源を寝ている間は切るのは可能ですね。
    出典 :3/3 健康被害の心配は不要? 電磁波の影響 [医療情報・ニュース] All About
  • 国の施策

  • 安全のための基準

     

    私たちの生活になくてはならないものとなった電波を、安全に安心して利用するために、国(総務省)は、過去50年にわたる国内外の研究結果に基づいて、熱作用や刺激作用から電波防護指針を策定し、電波の強さの基準値(一般環境では、50倍の安全率をとったもの)を定め、電波法による規制をしています。