生理痛と胃痛・・・一緒に来た時の対処法を教えます!!

生理痛と胃痛、一緒に来て大変な思いをされている女性の皆さん、意外に多いようです。生理痛だけでも辛いのに、胃痛までなんてとっても辛いですよね。
ここでは、生理痛と胃痛が一緒に来た時の対処法を教えちゃいます。

view19404

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理痛と胃痛が一緒に来るのはなぜ??

  •  

    生理痛の時に同時に胃痛が来るなんて、とっても辛いですよね。また、吐き気を一緒にもよおしたり、下痢をしてしまう方も多いようです。
    では、どうして生理の時にこういった胃痛を感じることが多いのでしょうか??

  • 月経の時には、子宮を収縮させるプロスタグランディンをいうホルモンが分泌されますが、このホルモンには子宮以外の臓器や血管も収縮させる働きがあり、吐き気や胃痛、下痢の症状を引き起こしてしまいます。
    出典 :【生理痛の症状】頭痛・腰痛・吐き気・胃痛・イライラ など
     

    生理の時に発生するこのホルモンが胃痛の原因なんですね。こう考えると、生理痛と胃痛が同時に来てしまうというのも仕方ないのかもしれませんね。

  • 女性ホルモンの1つ、黄体ホルモン分泌量は排卵後、

    急激に増え、受精卵が着床せず生理が来ると一気に減少します。
    出典 :生理前に胃が痛いのは女性ホルモンが原因 | 胃が痛い
     

    女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、胃痛が起こるとも言われています。女性ホルモンは、子宮だけでなく、他の臓器にも影響を与えてしまうこともあるようですよ。

  • 鎮痛剤の飲み過ぎで胃が荒れてしまうことも!!

     

    生理と同時に来る胃痛の原因としては、鎮痛剤が原因で胃痛を起こしてしまう場合もあります。鎮痛剤には、強い成分が含まれていることがあり、普段から胃が弱い方は、気を付けないと鎮痛剤で胃が荒れてしまうこともあるのです。

  • あまりにも痛い場合は子宮内膜症を疑え!!

     

    あまりにも、生理痛や胃痛がひどい場合は、単なる生理痛ではなく、子宮内膜症の可能性があります。子宮内膜症の特徴は、生理の時に胃のあたりにひどい激痛が走るということです。このような場合は、胃腸科を受診するのではなく、婦人科を受診してしっかりと検査してもらいましょう。
    ただし、生理の時は、検査がしにくいので、毎回生理の時に痛む場合は、生理ではない時に検査してもらうようにしましょう。

  • 生理の時の胃痛を緩和するには?

  • このような生理痛の場合にただ胃薬を飲んでも、症状はほとんど改善しません。
    出典 :生理痛で胃痛が伴う
     

    生理の時の胃痛は、ホルモンバランスによるものが大きいので、胃薬を飲んでも全く効果はないようですね。残念です・・・・。

  • 規則正しい生活をしよう!!

     

    生理の時の胃痛を軽減させるには、朝早く起きたり、睡眠をたくさん摂ったり、バランスの良い食事を心がけるなど、規則正しい生活を送ることによって胃痛がおさまる場合があります。
    ストレスや疲れをためないようにすることも大切で、この結果、ホルモンバランスが整い、胃痛が軽減されるようですよ。

  •  

    生理の時に、胃痛だけじゃなく、吐き気や下痢を伴う人もいるようです。辛いですよね・・・。

  • 対処法としては、生理予定日の3日程度前から鎮痛剤を服用しておきます。
    出典 :生理痛と胃痛の関係 | 生理痛改善110番
     

    やはり、鎮痛剤に頼るのが一番早く回復する方法であると言えます。予防策として、市販の鎮痛剤を早めに飲むと効果があるという人もいるようですよ。
    ただし、前述の通り、胃が普段から弱い方は、鎮痛剤の服用は慎重に行いましょうね。

  • 生理周期によってあまりにも生理痛が辛い場合には、婦人科に行きピルを処方してもらい内服するのもよいでしょう。
    出典 :生理で胃が痛い
     

    あまりにも生理痛がひどく、胃痛を伴い、生活に支障をきたす場合は、婦人科を受診すると、薬を処方してくれます。上記のピルのように、ホルモンバランスを整える薬が処方される場合がほとんどなので、こういった辛い症状が和らぎますよ。
    「胃痛なのに、婦人科でいいの??」と思われる方もいるかと思いますが、生理痛に伴う胃痛であれば、婦人科を受診することをおススメします。

  •  

    生理痛と胃痛など痛みがある場合は、あまり無理せず、安静に過ごしましょう。無理をして、ストレスをため込んでしまうと、さらに症状が悪化する可能性があります。あまり痛みとは向き合わずに、好きなことに没頭して、ストレス発散するというのも効果がありそうですね。

  • 身体を温めよう!!

     

    生理中は、どうしても体温が下がりがちになります。生理痛と胃痛がひどい場合は、お腹まわりや腰回りをカイロや毛布などで温めてリラックスすることも効果的ですよ。

  • 胃痛のときは熱過ぎず冷た過ぎないものを食べるようにしましょう。
    冷たいものは内臓を直接攻撃するため厳禁です。
    また内蔵が丈夫な人であれば魚や少量の肉類は身体を養います。
    出典 :胃痛との関係
     

    身体の内側からも、冷えを防止するのも効果的です。体を温めるような食材や飲み物で、痛みを緩和させましょう。

  • 内側から身体を温める!!

     

    身体を温める食材には、このようなものがあります。生理痛と胃痛を伴う時には、こういった食材を中心に体に優しい食事を心がけましょう。