慢性うつ病(気分変調性障害)を知っていますか?

気分が上がらない…ただの暗い性格かと思っていたら実は慢性うつ病かもしれません。どういった病気かまとめてみました。

view378

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性うつ病とは?

  • ほぼ1日中持続する抑うつ気分が長期間続く慢性疾患です。この病気の特徴は、社会や家庭への不適応感や罪責感、さまざまな刺激への過敏性、人や社会への怒り、社会からのひきこもり、興味の喪失、疲れやすさや活力の減退、生産性の欠如です。
    出典 :気分変調性障害/気分変調症(こころの病気のはなし/専門編)
     

    うつ病と違うところは、自分のミスを他人のせいにしたり自分を良く見せたりする症状が出る場合があるようです。

  • 気分の不調が下がったままで、うつ病というほどでもない慢性軽うつ症の状態で、それが少なくても2年間続き、他のうつ病系の診断を満たさないものをいうのです。この気分変調を意味するDysthymia(ディスチミア)とは、Dysは不調、thymiaは気分のことで、一般に抑うつ、不安、焦燥といったあらゆる不快な気分を意味する言葉です。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 気分変調症
  • うつ病(大うつ病性障害 major depressive disorder)とは極めてよく似た病気ですが、「常時落ち込んでいる」という訴えや症状、より軽症で、より長い経過をたどる点で、うつ病と区別することができます。
    出典 :気分変調性障害/気分変調症(こころの病気のはなし/専門編)
  • そもそも、一生涯で気分変調性障害を患ってしまうのは、人口の約6%とされています。約16〜17人に一人がこの病気にかかっていることになります。また女性では男性の2〜3倍多いとされていますが、小児では性差がないといわれています。さらに、気分変調性障害の患者さんの家族の84%に大うつ病などの気分障害があるともいわれています。
    出典 :性格と間違われやすい「慢性のうつ病(気分変調性障害)」について - 対人関係療法による治療 - 摂食障害・心療内科・精神科・クリニック / 東京港区三田
     

    慢性うつ病だと判断されずに悩み過ごしているひとが多くいます。

  • 男性より女性にやや多く、21歳以前に始まる早期発症型は少なく、一般には20-35歳の間に発症します。うつ病の第一度近親(親、子、兄弟姉妹、二卵性双生児など、遺伝子を半分共有している方)に多く見られます。
    出典 :気分変調性障害/気分変調症(こころの病気のはなし/専門編)
  • どんな症状がでるの?

  • 気分変調症では慢性的な冴えない気持ちと共に以下のような症状が見られます。
    食欲の変化(食欲不振または過食)、睡眠の変化(不眠または過眠)、疲れやすい自分に自信が持てない、 集中力の低下決断を下すのが困難絶望感を覚える
    出典 :気分変調症 いつも気持ちが冴えない [うつ病] All About
  • 気分変調症のこうした症状はうつ病に類似していますが、症状自体はうつ病ほど深刻なものではありません。これらの症状が慢性的に(少なくとも2年以上、若年者では1年以上)続いていて、言わば、本人の気質のようになっている事が気分変調症の特徴です。
    出典 :気分変調症 いつも気持ちが冴えない [うつ病] All About
  •  

    慢性うつ病は症状がうつ病よりも軽く、思春期の頃に始まることも多いため、性格の問題だと思ってしまうことが多い病気です。長年慢性うつ病にかかっていながら病気だと気づかずに苦しんでいることもあります。

  • 慢性うつ病になる原因は?

  • 慢性うつ病になるには性格や生活習慣にその原因があることが多いです。
    ・くやしい、悲しいと言った感情を表に出さない。
    ・自分が何とかしなくてはいけないと思っている。
    ・自己評価が低くて、自分の存在のために義務がたくさんあると感じている。
    出典 :慢性うつ病
  • そんなタイプの人は心の中にストレスを押し込めてしまっていて、何年もの蓄積がうつ病となって突然現れるのです。この場合、原因は無数にありますしうつ病になってからも自分を表現しない。自分を責めるなどの行動パターンが変わらないので、日々うつ病を悪化させていっています。
    出典 :慢性うつ病
     

    自分を責めてしまうことでアルコール依存症など他の病気を併発している場合があります。

  • 治療法は?

  • 気分変調症の特徴である慢性的な冴えない気持ちは病的であるとは言え、本人の気質に近い面があるので、気分変調症の抑うつ症状はうつ病より軽度であるにも関わらず、治療はうつ病と比較してより難しくなってしまう傾向があります。気分変調症の治療はうつ病と同様に抗うつ薬などによる薬物療法と心理療法が行われます。
    出典 :気分変調症 いつも気持ちが冴えない [うつ病] All About
  • 症状が軽いわりには、薬物への反応性が悪いのが、この疾患の特徴で、8週間以上にわたり最大量の抗うつ薬を使用しても、まったく無効の場合もしばしばあります。したがって、うつ病に対する標準的な薬物療法に加えて、リチウムやサイロニンの増強療法や三環系抗うつ薬などの使用が検討されます。
    出典 :気分変調性障害/気分変調症(こころの病気のはなし/専門編)
  • 対人関係療法は、基本的に患者の代弁者としての温かい立場をとり、肯定的な関心を患者にそそぐもので、共感と教育を両立させる治療法と考えられます。これは対人関係両方に限らず、無条件の肯定的関心を伝え、共感的な態度で話を聞くことは、それ自体に治療効果があります。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 気分変調症
     

    相手の話を聞いてあげることやリラックスさせることが大事です。

  • 支持的精神療法とも共通する「感情を解放すること」「患者が理解されたと感じられるように助けること」「強い治療同盟を築くこと」であり、さらに治療者として必須である「患者の代弁者としての温かい態度」が何よりも重要となります。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 気分変調症
  •  

    性格の問題と見分けられたり、うつ病と判断されてしまったり、慢性うつ病はお医者さんでも判断しにくい病気です。慢性うつ病の傾向があるとおもったら、自分で正しく理解しお医者さんにしっかりと症状を伝えましょう。