摂食障害とはどんな病気なのか?

摂食障害について、症状や治療法などを解説していきたいと思います。

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 摂食障害とは?

  • 単なる食欲や食行動の異常ではなく、1)体重に対する過度のこだわりがあること、 2)自己評価への体重・体形の過剰な影響が存在する、といった心理的要因に基づく食行動の重篤な障害です。
    出典 :摂食障害|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
  • 特に若い人に多い摂食障害はストレス社会が生み出した病気といえるかもしれません。
    出典 :摂食障害について 【摂食障害克服ガイド】
  • まわりから見たら、どちらかといえばやせているんじゃない?と思うような体型でも本人は太っていると感じて食べ物を食べなくなってしまいます。
    出典 :摂食障害の種類と症状 【摂食障害克服ガイド】
  • 体重の減少以外にも

  • 体重の減少のほかにも、さまざまな症状があらわれます。ここでいくつかの症状を紹介したいと思います。
    出典 :摂食障害の種類と症状 【摂食障害克服ガイド】
  • 思考力の低下

  •  

    ものを食べないということは脳に送るための栄養素もないことになります。そうなると思考力そのものが衰えてきてしまいます。さらに物事を柔軟に考えることができなくなるため、なにか一つのことへの「こだわり」が強くなります。

  • 虫歯になりやすい

  •  

    摂食障害をもつ人は虫歯になりやすいって、聞いたことありませんか?嘔吐(おうと)の繰り返しで胃液がたくさん出て、それによって歯のエナメル質がとけてしまうんです。これはうがいや水分補給で少しは防ぐことができますが、あまりひどい場合は歯医者さんに行くことをおすすめします。

  • 低カリウム血症

  • 嘔吐したり、大量の下剤を使ったことが原因でひきつりや体に力が入らない、筋肉がマヒするなどの症状があらわれます。これは低カリウム血症とよばれるもので、果物やドライフルーツ、野菜を食べることで防ぐことができます。
    出典 :摂食障害の種類と症状 【摂食障害克服ガイド】
  • 生理不順

  • 体重が減っているときは栄養不足とストレスなどによって生理不順になることがあります。体重が少ないために起こるものであれば、体重がもどると生理もまた始まります。
    出典 :摂食障害の種類と症状 【摂食障害克服ガイド】
  • 吐きだこができる

  • 摂食障害をもつ人の多くは手の甲に「吐きだこ」といわれるものができています。吐くために指をのどに入れたとき、前歯に手の甲があたって皮膚がただれたものです。
    出典 :摂食障害の種類と症状 【摂食障害克服ガイド】
  • 毛深くなる

  • 毛深くなるのも摂食障害の症状の一つです。やせると体温も下がってしまいます。そうすると体が自らを守ろうとして、うぶ毛が濃くなるといわれています。
    出典 :摂食障害の種類と症状 【摂食障害克服ガイド】
  • 摂食障害の治療原則

  • 治療としては、従来の伝統的精神医学は効果が薄く、認知行動療法、家族療法、集団療法、自助グループを含めたネットワークの利用などが有効です。またSSRI (選択的セロトニン再取込み阻害剤)、三環系抗うつ薬などの薬剤も一定の効果があります。
    出典 :摂食障害の基礎知識
  • 摂食障害に見られる強迫的傾向を治療するためには、うつ病治療の際よりやや多めの処方量を必要とするといわれています。
    出典 :摂食障害の基礎知識
  • 2~3年治療期間を要する……

  • 治療はしばしば混乱と絶望とを行き来するドラマチックなものとなり、難航しましたが、振り返ってみると、数年後の治療成績は満足できるものでした。大体において、2~3年治療すると、家族も本人も見違えるほど落ち着いてきて回復していきました。
    出典 :摂食障害の基礎知識