太ってるけど実際・・・肥満って何???

肥満は生活習慣病の一つです!
一体どのような状態なのでしょうか☆

view156

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肥満

  • 肥満とは、生活習慣病の一つである。体に蓄積された脂肪が一定の範囲を超えた状態をいう。
    脂質は体に必要な栄養素でもあるが、摂りすぎると様々な病気を引き起こすリスクが高まるとされている。
    出典 :【肥満】 肥満度によって治療が必要!肥満外来・ダイエット | ダイエットSlism
  • 人のからだはさまざまな物質でできているんだけど、おおまかには、水分と、筋肉に多い糖質とたんぱく質、骨に多いミネラル、脂肪でできているといえるんですね。肥満というのは、このなかの脂肪の割合が多すぎることなんです。
    出典 :肥満って、どんな状態?|厚生労働省
     

    なかなか難しそうですね!

  • 肥満で病気

  • 糖尿病 体重が増加するとインスリン受容体の機能が低下(インスリンの働きが悪くなる)して、糖尿病になります。標準体重者の2~3倍の発症頻度があります。
    出典 :肥満とは
  • 高血圧症  1:食事量が多いために塩分摂取量が増加し、血圧が上昇します。 2:インスリン受容体の機能が低下するために高インスリン血症となり、体にナトリウムを貯留するように働くために血圧が上昇します。
    出典 :肥満とは
  • 肥満

     

    高脂血症、脂肪肝 、動脈硬化症
    などの疾患を引き起こします!
    胆石症 標準体重者の3倍の発症頻度があります!
    睡眠時無呼吸症候群 夜、呼吸が止まってしまう病気です。
    アゴが小さく首の太い人に起こりやすい傾向にあります。

  • 癌  男性では標準体重者の1.3倍の発症頻度があります(大腸、前立腺)。女性では標準体重者の3.5倍の発症頻度があります(子宮体、卵巣、乳胆嚢)。子宮体、卵巣、乳癌は女性ホルモン過剰(肥満者では女性ホルモンが高値)と関連し、大腸、前立腺、乳、胆嚢癌は脂肪摂取過剰と関連しています。
    出典 :肥満とは
     

    癌までも関係しているのです!

  • 原因になる

  • 肥満は、驚くほど多くの病気をまねく要因となります。そこに肥満が加わると、骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こしやすくなります。転んだりして急に大きな負担を受けると、骨折を起こすことも少なくありません。
    出典 :肥満はなぜ怖いのか|肥満|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
  • また肥満は、高尿酸血症から痛風をまねいたり、脂肪肝やすい炎を促進したり、あるいは突然死の原因ともなる睡眠時無呼吸症候群にも大きな影響を及ぼしています。さらに、大腸がんや前立腺がん、乳がん、子宮がんなど、多くのがんのリスクを高めることも指摘されています。
    出典 :肥満はなぜ怖いのか|肥満|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
  • チェック

  • BMIとは、身長と体重から計算した肥満指数のことで肥満度を知ることができる。
    BMIの計算式 体重 [kg] ÷ 身長 [m] ÷ 身長 [m] = BMI
    肥満と判断される基準は、BMIが25を超えたときである。
    出典 :【肥満】 肥満度によって治療が必要!肥満外来・ダイエット | ダイエットSlism
  • 放置しない

  • 肥満を放置すると・・・

     

    肥満である状態を治療せずそのままにしておくと、別の病気を発症させて肥満症となったり、生活習慣病のリスクを高めるのです!
    生活習慣病とは、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病/がん等の病気を総称した呼び名です
    生命に関わることがあり、がんは日本人の死因第1位となって
    います!