長引いてかかる咳に注意!咳喘息について

かぜが治っても、咳がいつまでも出る。そんな時には、咳喘息の危険性があります。

view116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 咳喘息の可能性

  • かぜは治ったはずなのに、咳はちっとも治まらない、といったような状態が数週間続いたら、それは咳喘息かも知れません。
    出典 :長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)
  •  

    咳喘息にかかると、一カ月以上、空咳(からぜき)が続きます。ひどい場合は咳が一年以上続くこともあります。ただし、喘息に見られるゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難はありません。また、発熱や痰(たん)などの症状はほとんど出ません。

  • 咳喘息が起こる原因

  • 咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。
    出典 :長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく)
  • 咳喘息と言われだしたのは最近?

  • 「咳喘息」という診断名が使われるようになってまだ日が浅く、以前はアレルギー性気管支炎と言う診断が下されていたようです。
    出典 :咳喘息を治療して症状を改善せよ!【脱】咳喘息.com
  • 特徴

  • 具体的に以下の症状がある場合は咳喘息が最も疑われます。
    出典 :気管支ぜんそく/咳ぜんそく | 日本医科大学 呼吸ケアクリニック
  • カゼのあとに咳だけがいつまでも残る。

  • 咳がいつまでも止まらない事がある。

  • 8週間以上慢性的な空咳が続いている(8週間以上続く咳を慢性咳嗽といいます。)

  • 長期間、咳が止まらない場合

  • 気管支喘息のような喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)や呼吸困難を伴わない。

  • 気管支喘息のような特徴的にな呼吸音にはならない。

  • 気管支喘息にも使用する気管支拡張薬の吸入で楽になる。

  • 以上4つが、疑われる原因です。

  • 咳喘息の治療方法とは

  •  

    咳喘息の治療法としてほとんどの場合が薬物治療になり、有効な薬剤は気管支拡張剤と吸入ステロイド剤だと言われています。