安定期以降の流産はなぜ起こる?

安定期に入ったからといって0ではないという流産。なぜ起こるのでしょうか。

  • MUMMY 更新日:2014/05/05

view379

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期に起こる流産の確率は?

  • 流産とは、妊娠22週未満に妊娠が継続できなくなること。流産の発生時期が、12週以降22週未満の場合、「後期流産」として初期流産と区別され、法令上は、この後期流産は死産として扱われます。 自然流産の発生頻度は約15%ですが、そのうち初期流産は約13.3%、後期流産が約1.6%です。
    出典 :妊娠中期流産 赤すぐ | 妊娠中期の流産についての説明や妊婦さんの体験談
     

    確率としてはぐんと減るものですね。

  • この時期以降も10人に1人は流産や早産になります。そしてその数と同じくらいの人は予備軍にあたります。
    出典 :Otsuka Ladies Clinic
     

    決して低くない確率です。

  • 原因としてはどんなことがある?

  • 妊娠中期の安定期に流産することは確かに少ないと思います。しかし、全くないわけではありません。
     その原因は1)頚管無力症によるもの、2)免疫異常によるもの、3)感染によるものがあります。
    出典 :妊娠安定期の流産の原因
  • 妊娠中期に起こる後期流産の原因は、絨毛膜羊膜炎、頸管無力症、子宮筋腫、子宮の奇形などの母体に要因がある場合が多くなります。
    出典 :妊娠中期流産 赤すぐ | 妊娠中期の流産についての説明や妊婦さんの体験談
  •  

    中期以降は母体が原因である!

  • 頸管無力症とは

  • 頚管無力症とは、通常子宮の出口は妊娠末期まで閉まったままになっていますが、子宮出口の筋肉や線維の力が弱くなっていて、赤ちゃんが大きくなり重くなるとそれを支えられなくなり、出口がどんどん開いてしまって流産に至るものです。
    出典 :妊娠安定期の流産の原因
  • 頚管無力症の場合は、診察すると頚管が開いてくるのがわかりますから、妊娠10-14週ぐらいの時期に子宮の出口を開かないように縛ってあげる手術(頚管縫縮術といいます)をしますが、初産の人の時には進行が早くて処置が間に合わない場合もあります。
    出典 :妊娠安定期の流産の原因
     

    早期発見が出来ればいいのですが、初産の場合間に合わないことがあるのは厳しいですね。

  •  

    確かにこの部分が弱いと厳しい!

  • 免疫異常

  • お母さんの免疫反応が強いと赤ちゃんを異物と認識して排除するようになります。
    出典 :妊娠安定期の流産の原因
     

    人間の免疫はこんなところにも働くんですね。

  • 免疫異常の場合は、検査で免疫異常がはっきりすれば、柴苓湯という漢方薬やステロイドホルモンを投与して、お母さんの赤ちゃんに対する過剰反応を抑えてやることで妊娠を継続することができます。
    出典 :妊娠安定期の流産の原因
     

    検査で早めに見つかるとよいのですが。

  • 感染

  • 感染によるものは細菌が子宮頚管を通って卵膜に付いてそこで増えるために、子宮の中の環境が変化して流産になるものをいいます。
    出典 :妊娠安定期の流産の原因
     

    妊娠中は免疫力も落ちますからね。

  • 感染症の場合には、感染兆候がでたら抗生物質を投与して細菌の繁殖を抑えてやることが大切です。
    出典 :妊娠安定期の流産の原因
     

    自分の体の変化にきちんと気付けるかがポイント。

  • 絨毛膜羊膜炎とは

  • 絨毛膜羊膜炎とは、赤ちゃんを包んでいる3層の膜(卵膜)のうち絨毛膜と羊膜が炎症を起こす病気です。炎症が拡大すると子宮収縮が起こり早産や前期破水の原因となっていることが知られています。
    出典 :絨毛膜羊膜炎
  • 絨毛膜羊膜炎の原因は膣内の自浄作用の低下と性交渉にあるとされます。自浄作用の低下により細菌性腟症が発症して炎症が絨毛膜や羊膜広がります。
    出典 :絨毛膜羊膜炎
     

    常に清潔にしておかなければなりません。

  •  

    重要な部分に炎症が起きてしまうのは問題です。

  • 炎症を起こす原因として性交渉もあります。
    出典 :絨毛膜羊膜炎
     

    パートナーの協力が必要ですね。

  • 頭に入れておこう!

  • 妊娠第5ヶ月からの流早産の多くは、赤ちゃんは生きているのに、子宮が収縮して赤ちゃんが生まれてしまうもので、母親が注意する事で(安静にする)、防ぐことが出来ます。
     お腹が張ったり、痛みを感じたり、もちろん出血することがあったりしたら、出来るだけ安静にし、医師に相談しましょう。

     2割の妊婦さんには安定期はありません。注意しましょう。
    出典 :Otsuka Ladies Clinic
  • 安定期だからとハメを外すことなく、赤ちゃんのことを第一に考えてあげましょう。