今からできる妊活・妊娠中の貧血予防!

妊娠するとそれまでの生活よりたくさんの血液が必要となるため、貧血になる方も多くいます。また、妊活中から意識して貧血予防をしておくことが重要です。

view27

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 貧血は、『血が薄い病気』だと思っている人が多いかもしれませんが、実際は違います。
    血液中に含まれるヘモグロビンの量が減って足りなくなった状態をいうのです。めまいや立ちくらみ、動悸や息切れ、食欲不振などを感じることがあったら、貧血を疑う必要があります。さて、あなたは貧血になっていないでしょうか。もし貧血になっていたら、その予防・改善ができるよう、症状や原因を知っておきましょう。
    出典 :セルフドクターネット
  • 特に女性の貧血は60%が婦人科疾患、20%が慢性胃炎・痔などの消化器疾患、そして残りの20%が他臓器の疾患または鉄欠乏性貧血なのが現状です。
    ですから「貧血」が指摘された場合はまず、婦人科と消化器科を受診しましょう。
    出典 :女性必見!健康診断で貧血と言われたら何科に行くべき? | Rizmme blog
  • 貧血になってしまう原因

  • 1. 鉄欠乏によるもの
    2. ビタミンB12、葉酸の不足によるもの
    3. 慢性炎症によるもの
    4. 腎不全
    5. そのほか
    出典 :貧血から始まる血液の病気について | 熊本市民病院
  • 貧血を招く原因の大部分は、鉄不足です。鉄は、血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分の1つです。不足すると、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血となってしまうのです。この鉄不足による貧血を「鉄欠乏性貧血」と言い、日本人の貧血患者の約7割、女性全体の約1割が該当するとされています。
    他には、ビタミンB12の不足(ビタミンB12欠乏性貧血)や葉酸の不足(葉酸欠乏性貧血)が原因として挙げられます。また、体の機能障害や他の病気など何らかの原因によって赤血球が上手く作られなくなったり、減少したりすることで、貧血が起こるケースもあります※。
    出典 :「貧血」の基礎知識と予防に効く食事 | 栄養学に基づく【女子栄養大学レシピサイト】
  • 貧血の予防・対策方法とは

  • 妊娠期は、鉄分は積極的に摂りたいのにレバーは大量に摂ってはいけないという難しい時期なのです。そんなときはサプリメントの出番。
    胃腸が荒れたり炎症を起こしている人は、鉄剤やサプリメントが症状を悪化させることもあるので、使用しないようにしてくださいね。
    出典 :2/2 鉄分の補給しすぎはNG!鉄分過剰摂取に御用心 [美容サプリメント] All About
  • ヘム鉄 30日分【栄養機能食品(鉄・ビタミンB12・葉酸)】

     

    多くのメーカーから鉄分サプリメントが販売されているため、こういったサプリメントの摂取がおすすめです。

  • 葉酸 30日分

     

    DHCの葉酸です。葉酸サプリも様々なメーカーから販売されているため、自分に合った商品を選ぶようにしましょう。特におすすめは天然由来成分で作られた葉酸サプリメントです。

  • 念のため過剰摂取には注意しましょう

  • 健康な人が通常の食事によって鉄の過剰症を起こすことはほとんどありませんが、治療用の鉄剤などを過剰に摂取すると、便秘、胃腸障害、鉄沈着、亜鉛の吸収阻害などが起こる可能性があります (1) (3) (6) 。また、幼児では、鉄剤やサプリメントの誤飲により急性鉄中毒を起こすことがあり (1) 、この場合、重度の臓器障害や死を招くおそれがあります (6) 。鉄は過剰摂取によって毒性が認められるため、食事摂取基準でも上限量が設けられています
    出典 :「健康食品」の安全性・有効性情報