生理不順で悩んでいる方へ食生活の改善で生理促進!

生理不順は病気的なもの以外は、精神的ストレスや食生活が原因の事が多い様です。
生理促進する食生活について調べてみました。

view263

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理促進に食生活は影響するのか?

  • 女性の身体は、大変デリケートに作られています。ホルモンバランスのわずかな狂いで、様々な身体のトラブルが発生します。日常生活の中では、精神生活と食生活がもっともホルモンバランスに影響を及ぼします。
    出典 :マクロビオティックで病気を治す: 生理不順を治す食事療法
  • ビタミンEの効果とは?

  • ビタミンEを摂取することにより、生理不順の改善に繋がると言われています。ビタミンEには、排卵を促進したり、黄体ホルモンの分泌量が増えるといったメリットがあります。
    出典 :2012年7月 | 生理不順を何とかしたい「生理不順こむ」
  • ビタミンEを含む食品 参考

     

    ビタミンEの1日適正摂取量は女性8mg、男性10mg。摂取量上限は600mgです。

  • ビタミンB6の効果とは?

  • 病気が原因でない生理痛、生理不順の場合は、ビタミンB6を摂ることで症状が改善されます。ビタミンB6は、女性ホルモンの分泌バランスを整える働きがあり、生理痛・生理不順の両方に効果がある栄養素です。
    出典 :ビタミンB6が多い食品・食材
  • ビタミンB6を含む食品 参考

     

    大きめのバナナ1本食べると、1日に必要な推奨量の約半分を、摂取することができるそうです。
    魚を食べるよりも手軽ですね。ただ果物は身体が冷えるので、食べすぎには注意が必要の様です。

  • 積極的に摂ると良い食物!

  • 血液循環とホルモン分泌を促進する食物・・・かずら、たんぽぽの根、よもぎ、ごま、にんじん、れんこん、かぼちゃ、はとむぎ、玉ねぎ、にら、きくらげ、ふのり、昆布、味噌、梅干
    出典 :マクロビオティックで病気を治す: 生理不順を治す食事療法
  • アルコールの量を控える!

  • 若い時から飲酒をしていると、女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、生理不順になることがあります。お酒をやめられない気持ちも分かりますが、生理不順には様々なデメリットがありますので、生理不順を改善するためにもアルコールの量を控えることから始めてみましょう。
    出典 :2012年7月 | 生理不順を何とかしたい「生理不順こむ」
  • よく噛む事で免疫力がUP!

  • 人間のからだは、自律神経の中枢である視床下部によって体温を一定に保っています。この視床下部が、何らかの影響を受でバランスをくずすと、体温の調節がうまくいかなくなって、冷え症や生理不順の原因となることが多いようです。
    出典 :生理不順・生理不順を改善するために
  • 実は、噛むことにより、唾液がたっぷり出て、消化酵素が働きやすくなり、結果的に免疫力が上がってくるのです。体温も上がってきます。ガムでも結構ですから、食後にしばらく噛んでいただきたいのです。これによって、まず、からだの循環系、自律神経系を整えてください。
    出典 :生理不順・生理不順を改善するために
  • バランスのよい食生活が大事!

  • 食生活で一番気を付けたいことは、三食規則正しく食べ、カラダにリズムをつけること。野菜、魚、肉など、栄養バランスの良いお食事を摂るように心がけましょう。
    出典 :スグできる!現代人に多い「生理不順」から脱却する方法【美容食特集】
     

    やはり、バランスの良い食事が健康への第一歩ですね。