胸が大きくなる豊胸手術あれこれ・・・

簡単に胸が大きくなる・・・思いつくのは豊胸手術。きれいで形の良い理想的な胸が手に入ります。でも体にメスをいれるのってちょっと怖い。豊胸手術のメリットデメリットまとめました。

  • rotta 更新日:2014/03/25

view189

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胸が大きくなる豊胸手術とは、どんな方法でやるの?

  • プロテーゼ挿入法

     

    一般的に「豊胸手術といえば」真っ先にこれが思いつくくらい、メジャーな手術内容ですね。

  • プロテーゼとは、もともと医療用に人間の体内に挿入する人工の物体のことをいい、豊胸手術ではシリコン樹脂や生理食塩水を入れたバッグ(袋のようなもの)を指します。 豊胸のためのプロテーゼ挿入手術は、ワキの下などの目立たないシワの部分を メスで切開し、そこからプロテーゼ(バッグ)を挿入して切開部分を縫合するという方法が一般的
    出典 :豊胸手術の種類と費用(価格)について
  • バッグの大きさが50cc~500ccぐらいまで10cc単位であり、自分でどれくらい大きくしたいかによって、大きさを決められるので、自分が思った通りの大きさにすることが可能です。最近のバッグは、触った感じも自然の胸に近づき、耐久性も向上していますので、破れたりすることもほどんどなく、何十年も大丈夫
    出典 :脂肪注入とバッグではどちらがいいの? | 胸を大きくしたい | 豊胸手術、脂肪注入に関する悩みQ&A
  • プロテーゼ挿入法のデメリット

  • 「拘縮」といって胸にシリコンを入れたことで、体がそれを異物と判断してその侵入を防ごうと膜を作ることがあり、その膜の影響でシリコンが硬く厚くなってパンパンに張り、ボールをひっつけたかのような違和感ある形になったりします。
    出典 :豊胸手術のリスクについて
  • 費用が高めです

  • クリニックによっても異なりますが、約30万円~100万円と幅の広い価格設定がされており約50万円程度が平均的な価格といえるでしょう
    出典 :豊胸手術の種類と費用(価格)について
  • メスを入れない豊胸手術もある!

  • ヒアルロン酸は人体にもともと存在する物質なので、時間と共に体に吸収されていきます。という事は時間と共に胸も小さくなってしまうという事ですが、大体今までのヒアルロン酸は1年で吸収されてしまうとされていましたが、最近主流のSUB-Qというヒアルロン酸は2年程度持続する
    出典 :プチ豊胸・メスを使わない豊胸特集
  • 注射を行った翌日からは普通の生活ができます。また、胸を1~2サイズ大きくしたいという人も多いですが、胸の形を整えたい、胸の張りを取り戻したいという人が利用する場合も多いようです。
    出典 :プチ豊胸・メスを使わない豊胸特集
  • 気になるお値段は?

  • ヒアルロン酸注入法による豊胸手術の費用は、約5万円から10万円程度となっています
    出典 :豊胸手術の種類と費用(価格)について
  • 豊胸手術の中では、比較手にお手頃なお値段なので、手始めに・・・という感じで試しやすさもありますね。

  • ダイエットもできちゃう、自分の脂肪を使って豊胸手術!

  • 脂肪注入は自分の脂肪を脂肪吸引で取り、それを注射で胸に注入するので、自然な仕上がりになり、しかも太ももやおなかの脂肪が気になる人には、プロポーションを整える効果があります。しかし難点はそんなに胸を大きくできないことです。平均2カップぐらい大きくできます。
    出典 :脂肪注入とバッグではどちらがいいの? | 胸を大きくしたい | 豊胸手術、脂肪注入に関する悩みQ&A
     

    痩せている人には、むかないようです

  • 体の拒否反応のリスクが少ないですが脂肪吸引も行ったあとで脂肪注入なので、手術代がかさみます。
    出典 :豊胸手術のリスクについて
     

    自分の体の脂肪をいれるので、拒否反応は少ないようです。

  • 豊胸手術における注意点

  • 施術後の痛みや腫れ、乳首やバスト周りのしびれ、血腫などが起こる可能性があります。手軽で便利なように感じる豊胸手術ですが、実際に施術を受ける前にはこのようなデメリットを理解しておくことが必要です。
    出典 :豊胸手術のデメリットについて
  • シリコンバッグをバストに挿入する際、ワキの下などの目立たない シワの部分を切開してバッグを入れた後に傷口を縫合します。 傷跡が残らないように充分な注意を払って手術を行なうわけですが、すべての人が完璧に傷跡が見えなくなるというわけではありません。
    出典 :豊胸手術のデメリットについて
  • このようなクリニックは避けたほうがよさそうです

  • 院長や執刀する医師の経歴が記載されていない。使用されている機器や素材について説明が無い。豊胸手術の種類が少なく、自分の希望や体質に合わせて施術方法を選べないところ。麻酔の種類や安全性、麻酔を行う医師などについての説明が無い。納得のいくまでカウンセリングを行ってくれない。
    出典 :豊胸手術クリニック人気ランキング