基本的な動作で綺麗に!バレエストレッチ☆

ストレッチなどの基本動作が中心のバレエ!
ダイエット効果ももちろんあります☆

view469

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バレエストレッチ

  • バレエストレッチとは、バレエの基本的な動作を取り入れたストレッチで、筋力アップや美しい姿勢づくりをするものであり、バレエエクササイズとも呼称される。初心者・中級・上級など、レベルによりレッスン内容は様々であるが、バーレッスンや床に寝転んで行うストレッチなどを基本動作とする。
    出典 :【バレエストレッチ】 バレエエクササイズの基本姿勢と効果 | ダイエットSlism
  • 基本的にゆったりとした動作だが、全身の細かい筋肉を使い正しい姿勢を保つため、本格的に取り組むとたっぷりと汗をかくほどの運動量がある。
    出典 :【バレエストレッチ】 バレエエクササイズの基本姿勢と効果 | ダイエットSlism
     

    スロートレーニングに似ている?

  • 基本姿勢と足の位置

  • 立って行うバレエストレッチの基本姿勢

     

    お腹を突き出さない
    背中を反らない
    下腹に力をいれて上へ引き上げるように
    肩をおとして腕を左右へ広げ、肘は曲げすぎない
    これがポイントです!

  • バレエの経験者なら感覚が掴みやすいが、全くの初心者であれば正しい姿勢がまず最初の難関となる。 間違った姿勢で行うことにより、骨格を歪めてしまったり効果が表れないなどの結果を招く可能性があるため、教室に通うなど、実際に人が動いているものを観たり、指導を受けて行うのが良い。
    出典 :【バレエストレッチ】 バレエエクササイズの基本姿勢と効果 | ダイエットSlism
  • 筋肉の反射

  • 筋肉を伸ばしすぎると防衛反応として筋肉が収縮することを言います。あまり伸ばしすぎると、筋肉が「このままだと筋肉が切れちゃうぞ! 危ない! 縮めよう!」となって起こる反射のことです。伸ばそうと思ってストレッチを行ったら逆に縮んでしまうという「ストレッチの悲劇」が起こるわけです。
    出典 :大人バレエ ・知らないと困るストレッチの新常識 [バレエ] All About
  • 筋肉の反射

     

    ストレッチを行う際に大切なのはこの反射を起こさせないように行うことです
    反動を使って行うストレッチは反射が起きやすいので、要注意です!よくストレッチをするときに「痛気持ちいい範囲で行う」と言います!
    くれぐれもこの範囲で、しかもゆっくりと行うことが大事です♪

  • 徐々に増やそう

  • バレエストレッチとは、バレエの基礎を学びながら、身体を引き締め、軸のとおったバランスの良い体型を作っていく健康法である。バレエストレッチは、バレエの動きを取り入れたストレッチ方法で、体への負担が少なく、短い時間で効果が望める健康法である。
    出典 :バレエストレッチとは 意味|バレエストレッチの意味を解説
  • 畳や床の上で寝ながらするので、無理なく簡単に続けることができる。ポイントは息はとめないこと。息をとめると酸欠になって頭が痛くなる。毎日少しづつやり、じょじょに身体を慣らし、回数を増やしていくことが望ましい。
    出典 :バレエストレッチとは 意味|バレエストレッチの意味を解説
  • ウォームアップ

  •  

    脚をそろえてまっすぐ立ち、腕はひじを外側に広げるようにします。ひざを曲げながら、腕を左右にゆっくりと広げていきましょうひざを伸ばしながら腕を真上に上げたら、胸の前に下ろします。ひじを外に広げるようにして。

  • 腕を下ろして(1)の姿勢に戻します。腕を左右に広げたら、ひざを曲げながら腕を胸の前まで上げます。そのまま腕を真上に上げてひじを外に広げるようにします。脚はまっすぐ伸ばして。腕を左右に広げながら、ゆっくり下ろして(1)の姿勢に戻します。
    出典 :バレエ・ダイエット - gooダイエット
  • 腕を胸の高さまで上げて、ひじを外に広げるようにします。そのまま腕を左右に開きましょう。 腕を左右に広げながら、ゆっくり下ろして(1)の姿勢に戻します。腕を胸の高さまで上げて、ひじを外に広げるようにします。そのまま腕を左右に開きましょう。
    出典 :バレエ・ダイエット - gooダイエット