産み分けたい!産み分けについて☆

産み分けをしたい!そんな人に向けて
産み分けのあれこれを知っておこう☆

view1018

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 産み分け

  • 男の子、女の子、どちらかを希望するパパ・ママにとって興味があるのが、いわゆる「産み分け」法。男女の性別を決めるのはパパ側の精子です。XY遺伝子の精子が受精すると男の子になり、XX遺伝子の精子が受精すると女の子が生まれるとされています。
    出典 :産み分け [チビタスキーワード] All About
     

    これらの方が多いですね

  • 女性は排卵日に膣内がアルカリ性に傾くため、排卵日当日に性交すると、男の子が生まれやすいといわれています。また逆に排卵日の2・3日前に性交すると膣内が酸性に傾きやすく、女の子が生まれやすいといわれています。
    出典 :産み分け [チビタスキーワード] All About
     

    色々と方法がありそうですね!

  • 産み分けを考える理由

  • •二人目は一人目と違う性別の子供が欲しかった。
    •子供は一人と決めていたので希望する性別の子供が欲しかった。
    •男の子の跡継ぎが欲しかった。
    •女の子にかわいい洋服が着せたかった。
    出典 :男女の産み分け妊娠にチャレンジ
  • •夫(または妻)が赤ちゃんの産み分けを希望した。•すでに兄弟(または姉妹)がいるので、三人目は別の性別の子供が欲しかった。•女の子(または男の子)の方が、育てやすそうだったから。
    出典 :男女の産み分け妊娠にチャレンジ
  • 100%はない

  • 産みわけに挑む人は、100%に近い確立を望んでいるでしょう。産み分けに挑む以上、確実に望む性別の赤ちゃんが欲しいと思うのは仕方のないことです。ですが、染色体レベルでもない限り、絶対はありえないと言うことです。確立が高くなるという認識でいなければいけません。
    出典 :【教えて!男女の産み分け】男の子女の子を産み分けるための情報満載!
  • 男女の違い

  • 女の子はX精子が決め手に!精子にある染色体は2種類。そのうちのXX染色体を「X精子」といい、これと卵子が受精すると女の子が生まれるのです。23対の染色体のうち性染色体がXXになっている
    出典 :性別が決まる仕組み - gooベビー
  •  

    男の子はY精子がカギ
    YY染色体を持つY精子
    こちらと受精すると男の子と精子によって性別が決定します
    23対の染色体のうち性染色体がXYになっているのです!

  • 夫婦力を合わせる必要がある

  • まず男女の産み分け妊娠を実行するには、赤ちゃんの性別が決まる仕組みはもちろんですが、その他にも女性が妊娠する仕組み、女性の排卵日の予測、男性の精子の仕組み、女性の体の仕組みなど様々な知識が必要になります。そして、それら全ての知識を得た上で夫婦が協力し、実践しなければなりません。
    出典 :男女の産み分け妊娠にチャレンジ
  •  

    最終的に男女の性別を決めるのは
    ご夫婦の気持ちや行動ではありません
    赤ちゃん自身が、あなた達の元に産まれたいと望み
    厳しい競争を生き抜き産まれて来るのです!!!

  • 精子と卵子には、それぞれ23組の対になっている染色体があり、その中には遺伝子情報がたくさん詰まっています。髪の毛や肌の色などもそうですが、この中に性別を決める遺伝子も含まれています。そして男女どちらの子が生まれるかは、精子の中にある23組目の染色体がカギになっているのです。
    出典 :性別が決まる仕組み - gooベビー
     

    ちょっとした知識として覚えておきましょうね!
    きっとためになると思いますよ!