不安障害の原因はストレス?

不安障害の原因は心と体両方にあると言われています。ショックな出来事や悩みが原因であることもあり、またそういったことはなくてもストレスが重なり症状が出ることも。また、神経質の人は陥りやすいとされています。

view220

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 誰でもなる可能性がある不安障害

  • パニック障害、対人恐怖症、PTSDなど不安障害にはさまざまな症状があります。ストレスやショックなどが原因になることが多いと言われています。それぞれどのようなことが原因で起こるのでしょうか?

  •  

    不安障害の一つであるパニック障害。原因の一つは脳内神経物質のノルアドレナリンとセロトニンのバランスが崩れることだと言われています。

  • 病院を何度変えても原因が分からず、半ば諦めていた人たちも、薬に頼らずパニック障害・自律神経失調症を治すことができました⇒http://t.co/dsfCIDyogy
     

    原因が分からないことも多いそうです。

  • 【定期】パニック障害のセルフケア ~パニック発作は自律神経症状~

    パニック障害は低血糖症が原因のようです。ちなみに向精神薬はパニック発作を一瞬軽くしても、長い目でみれば悪化させていくだけです。http://t.co/tbdUmaYJWI
     

    心だけでなく体が原因の場合もあるのですね。

  • パニック障害が起こる原因は、恐怖や不安に関係している神経伝達物質「ノルアドレナリン」と、興奮を抑える神経伝達物質「セロトニン」とのバランスが崩れるためと考えられています。これについて詳しいことはわかっていませんが、脳内のセロトニンが増加する治療を行うと、パニック障害の改善がみられることから推測されています。
    出典 :パニック障害ってどんな病気?
     

    脳内神経物質が影響を受けやすいと不安障害の原因になるのかもしれません。

  •  

    不安障害の一つである対人恐怖症の原因には、自分に自信が持てないこと。それは家庭環境も影響しているそうです。

  • 1960年代に母子手帳と共に配られた小冊子には
    子供の自立のために赤ちゃんはできるだけ抱っこも添い寝もしないのがいい、と書かれていた。(間違った理論)
    そしてそう育てられた子供が思春期になった頃、今まで無かった暴力事件・不登校・対人恐怖症などが急増した。
    子供はいつも抱っこしよう
     

    家族の愛情を感じることは大事ですね。

  • 母親との関係で学ぶ最も大切なことは、優れているから愛されているのではない、自分は自分だから母親に愛されているという感覚である。人から愛されるためには優れている必要はないと感じる。その感覚があれば対人恐怖症にはならない。
    「だれにでもいい顔をしてしまう人」
     

    愛されていると感じることは自分の自信につながりますね。

  • 対人恐怖症になる原因は、単一の要因ではなく複数の要因が関与しているもの。本人のもともとの内気な気質や、本人の中で心の傷になってしまうような対人状況における失敗、不安や恐怖感が増幅されやすい脳内環境、さらには、家庭環境などが挙げられます。
    出典 :対人恐怖症(社会不安障害)の特徴・原因・症状 [メンタルヘルス] All About
     

    自分に自信がなくなるといろいろなものが怖くなりますね。

  •  

    不安障害になりやすいのは主に女性だと言われています。頑張り屋さんで人目を気にする人、自分に自信が持てない人、周りからよく見られたいという重いが強い人が陥りやすいそうです。

  • 病院を何度変えても原因が分からず、半ば諦めていた人たちも、薬に頼らずパニック障害・自律神経失調症を治すことができました⇒http://t.co/dsfCIDyogy
     

    真面目な人はなりやすいのかもしれません。

  • 不安障害や強迫関連障害になりやすい人の傾向は、①内省的(まじめすぎて自分を責める)②感受性(繊細で心配性)③固執的(こだわりが強く融通が利かない)④向上心(上昇志向・完璧主義)
     

    いろいろなことを気にし過ぎると心が疲れてしまうのかもしれません。

  • 社会不安障害になりやすい人は、もともと人から良い評価を得たいという思いが強く、それと同時に「自分は劣っている」との考えも強く持っています。人から良い評価を得たいのに、自分は良い評価を得られないと考えると、人は強い恥や緊張感を感じるものです。それらは動悸や発汗、息切れ、手足のふるえといった形で表出されます。
    出典 :社会不安障害(SAD)
     

    心と体がつながっているのですね。

  • 不安障害の原因の一つはストレスです。ストレスを溜めやすいのは、完璧主義だったり、周囲の目を気にする人。自分の評価を気にしてばかりいては心も疲れてしまいます。それが不安障害につながってしまうのでしょう。