知って得する!生命保険の必要性まとめ

なんとなく生命保険は入るべき?そんな漠然としたイメージの生命保険の必要性について調べてみました。

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生命保険について

     

    まず生命保険の必要性を知るためには、生命保険の役割や目的などを知る必要がありそうです。
    最初に生命保険の基本的な知識を身につ行けてゆきましょう。

  • 産業が発達し、社会的分業が行われるようになり、家族の構成単位が小さくなってくると、一家の主な収入を得ている者が死亡した場合、残された家族の生活への影響はかつてないほど大きくなってきました。 そこで考え出されたのが、相互扶助の理念によって助け合う生命保険の仕組みです。
    出典 :生命保険の役割 | 生命保険について | 保険比較の保険市場
  • 生命保険の役割

  • 生活の中には、さまざまなリスクがひそんでいます。死亡や病気、ケガ、介護など予期しないできごとで経済的に生活が困難になったり、思い描いていた生活が実現できなくなったりすることがあります。このようないつ起きるかわからないけれども、いったん起きるとまとまったお金が必要となるような場合に備えておくのが生命保険です。
    出典 :生命保険は本当に必要?
     

    生命保険は自分や家族を守るための、生活を保障する手段の1つが、生命保険というわけですね!

  • 生命保険に加入する主な目的

  • ・遺族の生活費
    ・葬式の費用
    ・相続税
    ・住宅ローンなど、ローンが残っている場合の返済
    出典 :価格.com - 生命保険の必要性 | 生命保険の選び方 | 見直し、相談、比較
  • ある時期の死亡(または高度障害)だけを保障するものもあれば、病気やケガによる入院・手術費用の補填を目的とするもの、特定の病気だけを対象として保障するものなど、目的の異なる色々な種類の生命保険があるのが現状です。そこで大事なことは、必要性に合わせて生命保険を選択するという発想ではないでしょうか。
    出典 :生命保険の必要性
  • 生命保険の必要性

     

    生命保険は人生のなかで家に続いて2番目に高い買い物ともいわれます。
    高いお金を支払ってまでも、生命保険に加入する必要があるのでしょうか。

  • 生命保険は万が一があった場合に備えて加入をするものです。実際は若くして死亡する可能性は低いですが、万一自分の身に起こった場合残されたご家族はしっかりと生活をしていけるでしょうか?日本の社会保障制度は充実しており一定の保障は受けられます。ただ、十分ではありません。その時に役に立つのが生命保険です。
    出典 :生命保険は本当に必要?
     

    生命保険は、国の社会保障では足りない分を補える、とても心強い味方になってくれます。不安がある場合には、おのずと必要性も高くなっていきますね。

  • 生命保険は、死亡や災害の場合の遺族の保障だけでなく、病気やケガに対する医療資金の確保や老後の生活を保障する方法としても、また、子どもの教育。結婚住宅などの資金を確保する方法としても、他の手段にはない幅広い機能をもっていますので、私たちの家庭にとって欠かすことの出来ないものです。
    出典 :生命保険の必要性 | 保険比較の保険市場
  • 一方こんな逆な意見も…

  • 生命保険の必要性の見直しを!

     

    将来の不安感に煽られて、必要ではない保障までにも入っていませんか?

  • 各家庭の生命保険保険料の平均は月々5万円を超えるそうです。月5万円ということは、年間60万円になります。20年掛け続ければ1200万円です。都内にワンルームマンションが買えそうな値段ですよね。もちろん、必要な保険にお金を使うのは、正しい判断です。でも、必要でない保険にお金を使っていないでしょうか?
    出典 :生命保険って本当に必要? │ 生命保険・医療保険は必要か
  • 万一のことがあってもだれにも経済的な負担がないようなお金があれば保険は不要です。生命保険にはいっさい加入しておりません。期待値を考えたら貯蓄した方が有利に決まっています。保険に頼らなくてもいいだけの資産が築けます。簡易生命表を見れば死ぬ確率が低いことに気がつくと思います。
    出典 :医療保険の必要性 (1/2) - 生命保険 - 教えて!goo