腰にコルセットを巻くときの対処方法

腰にコルセットを巻くときの対処方法を紹介します。どの位置に巻いたら良いのか?どんな商品が良いの?と思ったら見てみてください。

view416

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腰痛にコルセットは必要?

  • そもそもコルセットとは医療用のものを指しています。市販されている商品だと効果が薄い場合もあるようですから、症状がひどいなら医療機関で買い求めると良いでしょう。

  • 腰痛ベルトもコルセットも、腰痛のときに体を支える筋肉や背筋の働きを助け、痛みの出る姿勢をとらないようにさせるものであり、腰痛を治すものではないということを知っておかなければいけません。
    出典 :【腰痛ベルト・コルセット】 - つける位置や効果について
     

    腰痛を治すものでは無いけど、痛みを軽くする効果が期待できる。

  • 腰痛コルセットの選び方

  • 整形外科を受診すると、体に合った腰痛ベルト(病院ではコルセットと呼ばれることもあります)を処方してもらえることも。 まずは病院で聞いてみるのもよいでしょう。
    出典 :ぎっくり腰になったときの腰痛ベルトの選び方 [ぎっくり腰] All About
     

    まずは整形外科で聞いてみるのも良さそうです。

  • 急性期の腰痛にはサポート力が高いもの

     

    サポート力が高いものは硬めに作られています。芯が入っているものは動きにくいのですが、腰を支える力が強くなります。

  • ベルトの種類は2重ベルト式(ベルトの上から更に別のベルトで固定するタイプ)
    がお勧めです。2重なので強く固定できます。
    出典 :整体師が勧める「腰痛ベルトの選び方」
     

    急性期には2本のベルトでしっかりと支えるもの。

  • 予防にはソフトタイプ

     

    腰痛が起こりやすい動作を多くする方は、予防のために動きやすいサポーターをするのもひとつの方法です。

  • コルセットをする前に、体を前後左右に動かしてみて、どの動きで腰痛、腰の痛みを感じるのか確認してから、コルセットを巻いてみて、体を動かして再確認
    出典 :腰痛対策・腰痛予防の質問:横浜瀬谷のこぼり整体
     

    コルセットは実際に巻いて動いてみて、痛みが出ないか確認することが大事なんですね。

  • コルセットの巻き方

  • ごとう整骨院が教えるコルセットの巻き方.wmv - YouTube

  • コルセットの巻き方は、息を吐いたところでマジックテープでしっかり留めますが、このときあまり上の部分に巻くと胃を圧迫して苦しくなってしまうので、へそよりも下の部分に巻きます。胃がある上腹部はゆるめに、下腹部はきつめにします。
    出典 :腰痛・コルセットの巻き方と使い方(サイズ・場所)
     

    上下でキツさが変えられる商品だと便利です。

  • 圧迫のし過ぎによる血行不良も腰痛によくありません。 「強く締めればいいんだ」という間違った考えをされている方が多くいらっしゃいます。
    出典 :間違った腰痛予防1 | 新潟腰痛
     

    強く締めればいいというものでもない。

  • 腰痛コルセットのおすすめ

  • 2段式

     

    2本のバンドで上下からしっかりと支えるコルセットなら、ズレにくくなります。

  • 腰痛コルセット

     

    医療用として提供されているコルセットは、1つ数万円とちょっと値段は高めですが、保険が適用されています。