歯ブラシで磨かないところはどうしますか

口腔の保護はとても重要なことです。特に、歯ブラシで磨かないところはどうしますか?これは口腔問題を引き起こす原因です。

view24

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康的な生活を維持するためには、80歳になっても自分の歯を20本以上保つことが推奨されています。しかし、現状では80歳の平均歯数は13.9本、20本以上の歯を保っている人の割合は38.3%(平成23年歯科疾患実態調査)と、目標を達成している人は半数を下回っています。日本人の平均寿命が延びる一方で、歯の寿命も延ばすことが課題となっている状況です。

  • このように、プラークを完全に取り除くためには、かなり時間をかけて念入りに歯を磨く必要があります。歯磨きは毎食後に行うことが理想ですが、毎回時間をかけるのが難しい方は1日1回、夜寝る前だけでも、時間をかけて、しっかりと歯を磨くようにして下さい。
    正しい歯磨き方が必要になるだけでなく、長く続ける根気もあります。そして、毎日少なくとも歯を二回磨いたほうがいいです。

  • 歯と歯茎の境目、歯並びが悪くて歯が重なっているところ、上下の歯が噛み合う部分の溝などは、プラークがつきやすい上に磨き残しが生じやすい場所です。磨き残しは歯周病の原因になるので、特にていねいにみがきましょう。ここには、歯科器具をおすすめします。
    また、どんなにていねいに歯磨きをしても、歯と歯の間は歯ブラシが届きにくくプラークが残りがちです。歯磨きをしたあとにデンタルフロスで仕上げをする習慣をつけましょう。(コントラハンドピース)

  • 一方で、歯の寿命も延ばすことが課題となっている状況です。
    口腔の保護はとても重要なことです。特に、歯ブラシで磨かないところはどうしますか?これは口腔問題を引き起こす原因です。