気になる子供のおねしょ、このまま様子を見ていて大丈夫!?

成長と共に夜間のおむつも不要になっていく子供たち。
でも、中にはどうしても夜中のおむつがとれない、おねしょが治らない・・・といった子供たちもいます。周りがどんどんおむつ離れしていく中で、我が子のおねしょがいつまでも治らない・・・っていうのは本当に不安なことです。
そんなおねしょについて調べてみました

view120

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「おねしょ」と「夜尿症」について

  • 「おねしょ」とセットでよく耳にするのが「夜尿症」。
    どちらも同じようですが、実はちょっと違うって知っていましたか??

  • おねしょは、寝ているとき、しらずしらずのうちにおふとんのなかに「おしっこ」をもらしてしまうことをいいます。
    これは、夜眠っている間につくられるおしっこの量と、そのおしっこをためる膀胱の大きさとのバランスがとれていないために起こります。
    出典 :おねしょとは? | 夜尿症ってなあに? | 夜尿症(おねしょ)ナビ
  • 生まれて2歳ごろまでの子供は毎晩おねしょをしますが、その頻度は年齢とともに減っていきます。
    「おねしょ」と「夜尿症」の違いは年齢がポイントです。幼児期の夜尿を「おねしょ」といいますが、5~6歳(小学校入学前後)以降は病気と捉え、一般的に「夜尿症」と呼びます。
    出典 :夜尿症とは|おねしょ・夜尿症の悩み解消「おねしょ卒業!プロジェクト」
     

    小学校入学がひとつの目安なんですね。
    ここを目安にして、あまり夜尿が続くようであれば治療をする方がいい、ということのようです。

  • どうして「おねしょ」をするの?

  • 夜間の尿量と膀胱の大きさのバランスがとれていない

  • おねしょがなくなるために必要なのは、十分な「抗利尿ホルモン」の分泌と膀胱の容量です。
    夜眠っている間に「抗利尿ホルモン」がたくさん分泌されると、おしっこが濃くなって量を減らしてくれます。また、膀胱の容量が増えればたくさんのおしっこを貯めておくことができますね。
    出典 :[おねしょ] おねしょを減らすには 1 - 赤ちゃんのおむつ・おしり研究所 ユニ・チャーム
  • 眠りが深くて起きることができない

     

    眠っているときに尿意を感じても起きることができる子もいれば、起きることができない子もいます。

  • 心理的ストレス

     

    1度収まっていたおねしょが再び始まってしまった場合はストレスが原因の可能性があります。

  • 腎臓と膀胱の器質的異常

     

    器質的異常は組織そのものに異常があること。
    つまり、腎臓と膀胱の組織が正常ではないということです。
    そのため、夜尿(おねしょ)を引き起こすというのです

  • つまり、「おねしょ(夜尿)」は体の準備が整わない限りはなくならないものといえます。
    とはいえできることなら少しでも早くおねしょ(夜尿)を解消させてあげたいもの。
    親が子供にしてあげることができることってあるのでしょうか。

  • おねしょを減らすためにできること

  • 水分補給を控えめにする

     

    とはいえ、夏場は汗もかくので無理な水分の制限はできません。
    適度に水分をコントロールすることが大切です。

  • 午前中にしっかりと水分をとり、午後からは控えめにし、夕食後はできるだけ制限するのも一つの方法です。ただし、汗をたくさんかく夏場の熱中症対策が必要な時期は、十分な水分補給が必要です
    出典 :[おねしょ] おねしょを減らすには 3 - 赤ちゃんのおむつ・おしり研究所 ユニ・チャーム
  • 塩分の摂取を控える

     

    塩分の取りすぎはのどの渇きを引き起こし、さらなる水分補給の原因となるので減らしたいものです。