「排卵と生理」の関係性をしっかりと知ろう!

「排卵と生理」の関係性を知ろう!排卵がきちんとされていないと、妊娠が出来ないのです

view275

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵と生理

  • 脳の中にはホルモン中枢(視床下部)がありますが、ちょうど視床下部にある脳下垂体を、ホルモン中枢から分泌された「GnRH」というホルモンが刺激するのです。脳下垂体を刺激することにより、脳下垂体から2種類のホルモン(黄体化ホルモンと卵胞刺激ホルモン)が分泌されます。
    出典 :排卵と生理の基礎知識
     

    この刺激によって卵が排出されます。これが排卵ですね

  • ホルモンの分泌によって、子宮内膜は妊娠に備えるためにだんだんと厚くなり、生理前には約1㎝ほどになるといわれています。生理のときにでる出血は、必要のなくなった内膜の組織が、はがれ落ちることでおこる症状なのです。健康な人の身体には、毎月この仕組みを繰り返し生理がくるのです。
    出典 :生理周期と排卵日
     

    これが生理ですね

  • 妊娠したい人は

  • 妊娠して赤ちゃんを産むために毎月排卵がおこります。女性の身体で排卵は、一生のうち約35年、月に1度排卵するといわれ、数にすると400回も排卵するそうです。妊娠したい人の身体には排卵があることが必要で重要になってきます。生理周期を知ることで排卵日を確認することができ、排卵の有無を知ることができます。
    出典 :生理周期と排卵日
     

    ここは知っておきたいですね

  • ホルモン分泌の変化

     

    このようにホルモンの分泌が変化している表になります。この表も参考にしてみてくださいね

  • 排卵日を予測してみよう

  • 月経周期というと、どうしても前の月経が始まった日から考えてしまいがちですが、排卵予定日を考える場合は「次の月経が始まる予定日から逆算する」というのがポイントになります。
    出典 :月経と妊娠・避妊・排卵予定日 [女性の健康] All About
  • 月経予定日の大体14日前が排卵日になります。ただし多少前後することがるので、正確な排卵日は基礎体温をつけて一番体温の下がった日を目安にするなど、違う方法でも確認をする必要があります。
    出典 :月経と妊娠・避妊・排卵予定日 [女性の健康] All About
     

    体温の下がった日を目安にするのですね

  • 基礎体温を測ろう

  • 「基礎体温」とは、人間が生命を維持していくのに必要な、最低限の体温のことを言います。これは一般的に、起床した直後、ほとんど身を動かしていない状態で計ります。 基礎体温は、大きく分けて「高温期」と「低温期」の2つの時期があり、それは女性ホルモンのバランスによって変化します。
    出典 :排卵の基礎知識
     

    生理周期と関係しているので自分の体のサイクルをしる一つの指針になるのです
    排卵や生理の時期がわかるなどのメリットもあります

  • 排卵痛が起きる事もあります

  • 人によっては排卵期に、排卵痛という痛みが起こることもあります。原因としては、排卵に向けて大きく成長した卵胞が腹膜を刺激したり、卵巣から卵子が飛び出たときの傷や出血などが考えられます。
    出典 :月経(生理)のしくみ | ライブラリー | ソフィ-ユニ・チャーム
     

    生理痛と呼ばれるものになるのですね

  • がまんできる程度の痛みであれば心配はいりませんが、個人差が大きく月経痛(生理痛)と同じくらい痛むという人もいるんですよ。痛みが強い場合には、治療が必要なことも。基礎体温を測って、痛みの時期や状態を記録したうえで、婦人科を受診しましょう。
    出典 :月経(生理)のしくみ | ライブラリー | ソフィ-ユニ・チャーム
     

    ここでも基礎体温がでてきましたね!

  • 排卵と生理は

     

    大きく関係しているのがお分かり頂けたと思います。しかし、生理がきていても排卵していない場合もあり、注意が必要なのです