どうしたら良い?「敏感肌の洗顔」方法のまとめ

敏感肌の洗顔方法を正しくしってしっかりと対処しましょう!洗顔は間違えれば悪化させてしまうのです

view107

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 優しい洗顔を意識しよう

  • こちらでは、敏感肌の方に最適な洗顔方法を細かく解説しています!保湿化粧水や美容液をいくら使っても、全然敏感肌が治らない…。そういう方は洗顔方法が間違っているために、かえって肌を傷つけてしまっているという可能性があります。一刻も早く正しい洗顔法を身につけて、スキンケアの土台づくりを始めましょう
    出典 :敏感肌をいたわる洗顔ガイド~専門ドクターが教える洗顔法
  • 正しい洗顔をして

     

    肌をいたわってあげる事こそが、大切なのです。敏感肌はまずそこからスタートになるのです。シートタイプのクレンジングをしていませんか?これも良くない事だそうですよ

  • 敏感肌の方は、外部からの刺激に耐える力を失っているわけですから。力を入れてゴシゴシこするような洗顔は厳禁!それどころか、コットンやティッシュで拭くだけでも皮膚表面を傷つけてしまう恐れがあります。
    出典 :敏感肌をいたわる洗顔ガイド~専門ドクターが教える洗顔法
     

    シートタイプはダメですよね

  • 肌への刺激の違い

  • 画像はクリックして拡大

     

    こちらがクレンジング剤の肌への刺激のリストのようです。これならわかりやすいですね。拭き取りタイプはどうしても避けたいとおもわざるをえないのではないでしょうか

  • 界面活性剤が気になる場合は、界面活性剤を使わないクレンジング・洗顔料もありますし、石油系ではなく自然由来の界面活性剤を使用しているものを選びましょう。軽いメークの場合は、クレンジングは使わず石鹸での洗顔だけにするなど、肌への負担を最小限にすることを心がけましょう。
    出典 :敏感肌の方がクレンジング&洗顔で気をつけるべきこと | スキンケア大学
     

    肌への負担軽減を一番に考えよう

  • 洗顔後に大切なのが保湿です。セラミドやアミノ酸、ヒアルロン酸などが入った化粧水などでしっかり保湿をしましょう。植物性エモリエント成分配合なども保湿効果に優れています
    出典 :敏感肌の方がクレンジング&洗顔で気をつけるべきこと | スキンケア大学
  • 洗顔方法

  • 1.手のひら、手の甲、指の間を石鹸などでよく洗います。
    (手が汚れていると洗顔料の泡立ちがいまいちなんですよ)
    出典 :美肌の法則|若々しさを保つ洗顔
  • 2.毛穴を開くために、一度ぬるま湯を顔全体にかけます。
    ぬるま湯とは「ぬるいお湯だ」と思う温度では熱すぎます。(但し脂性の人は大丈夫!)「水よりなんとなくあったまっている気がする」くらいが適温です。
    出典 :美肌の法則|若々しさを保つ洗顔
  • 3.洗顔料をよく泡立てます。
    最近は泡立てネットなど、泡立てる道具が手ごろな価格で販売されていますので、それらを使うと短時間で容易に泡立てることができます。
    出典 :美肌の法則|若々しさを保つ洗顔
  • 4.たまご一個分の泡が出来たら洗顔開始です
    泡を分けた時に、角が立つくらいが理想の泡です。最初によく泡立てた泡を指の腹につけてアゴの下、アゴの先からアゴ骨にそって外側へ、上に向かって泡でなでるように置いていきます
    出典 :美肌の法則|若々しさを保つ洗顔
     

    すすぎは十分にするようにしましょう。残っていては敏感肌を悪化させてしまいます

  • 肌が強い方なら適当に拭いていても大丈夫かもしれませんが、敏感肌の方は細心の注意を払ってください。一般に売られているナイロン素材のタオルは肌への刺激が強く、本当はフェイスタオルとしては不向きなのです。毛足が長く柔らかいタオルや、マイクロファイバーのタオルを使って、押し当てるように拭いてください。
    出典 :敏感肌をいたわる洗顔ガイド~専門ドクターが教える洗顔法
  • 決してゴシゴシと摩擦してはいけません。感覚としては、あぶらとり紙をあてるように、軽く押さえるだけ。タオルは水を吸いますから、あてるだけで充分!第一、こすっても顔は乾きません。洗顔も拭き取りも、肌をこすらないことが何より大切です。
    .
    出典 :敏感肌をいたわる洗顔ガイド~専門ドクターが教える洗顔法
     

    肌への負担軽減!