ダイエット、美容、ココロに効く「眠トレ」はじめませんか

良質な睡眠から得られる効果は絶大です!ダイエットにも美容にも、そしてココロの平安にも関わってきます。今日から眠トレで、あなたも美しい健康生活はじめましょう。

view132

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠力アップ

     

    みんなの体は質のよい睡眠を毎日とることによって、それだけでやせやすい体になります。
    人はあるリズムによって生活しています。そのリズムは生態リズムと呼ばれ自律神経が支配しています。朝起きると自律神経のひとつである交感神経が血圧を上げて体の状態をアグレッシブにします。逆に夜になると副交感神経が働き始め体を穏やかにしどんどん眠くなってきます。
    毎日の生活が体にあった生態リズムで過ごすことで、体の健康と精神面が安定的になります。

  • 睡眠時間はどのくらいとるのがいいのかは断言することはできないですが、時間にとらわれすぎるよりも、同じ睡眠時間でも朝目覚めたときに『スッキリとした目覚め』『機能の疲労感がない』といった、より質のよい睡眠を目指していくことが必要になります。
    出典 :【目指せ睡眠力アップ】 | スロートレーニング/動画 | ダイエット | ダイエットSlism
     

    まずは、自分に適した睡眠を知ることから

  • 二足歩行の人間の一番自然な姿勢はまっすぐに立っている状態です。まっすぐ立っている状態だと気道が確保され血流を阻害しにくくなります。体をねじって睡眠をとるとどこかの箇所の血管を圧迫してしまいます。
    そのため、寝るときは仰向けで、まっすぐ立っている姿勢に近い感じで寝るとよいのです。
    出典 :【目指せ睡眠力アップ】 | スロートレーニング/動画 | ダイエット | ダイエットSlism
     

    寝るときの姿勢は、仰向けがいいみたいですね。

  • 枕の位置は、枕が頭を持ち上げるのではなく、枕で首と布団の間にできる隙間を埋める感じがいい状態です。そうすることで、気道が開くことで呼吸がしやすくなり血液の循環までよくなります。自分にあった枕にするためにバスタオルをくるくる巻いたりすることでオリジナルのフィット枕を作ってみることもひとつの方法です。
    出典 :【目指せ睡眠力アップ】 | スロートレーニング/動画 | ダイエット | ダイエットSlism
     

    自分に合った枕を探して、作ることも大事ですね。

  • やわらかい寝具といってもやわらか過ぎる寝具には問題があります。やわらかすぎることで背骨が湾曲し、それによって内臓に負担をかけてしまいます。
    出典 :【目指せ睡眠力アップ】 | スロートレーニング/動画 | ダイエット | ダイエットSlism
     

    寝具のやわらかさにも気配りを。

  • 人は興奮状態では眠ることはできません。よい睡眠をとるためには自分にあったリラックス方法を見つけ睡眠前には体をリラックスした状態にしましょう。リラックスの方法としてはたとえば、音楽を聴いたり、ハーブティーやホットミルクを飲むとか、アロマをやってみるとか、眠気を誘うつぼを刺激するなど自分にあった方法を見つけましょう。
    出典 :【目指せ睡眠力アップ】 | スロートレーニング/動画 | ダイエット | ダイエットSlism
     

    自分なりのリラックス方法を見つけて

  • 寝る前の食事は良い睡眠を阻害します。ですから,夜食は余裕を持って食べる必要があります。 また,睡眠時間のおよそ30分前には部屋を暗くして寝るための準備をすることが,良い睡眠の条件のひとつとなります。 さらには,起床したら早めに朝食を食べることが良いとされます。
    出典 :脳と睡眠の関係 | 頭の回転を早くする脳のトレーニングを無料で!
     

    寝る直前は食べないように。

  • 決められた時間に起きる,決められた時間に仕事や勉強を行う,決められた時間に食事をする, そして,決められた時間に寝る。まるで同じようなことを粛々とやる印象がありますが, 規則的な生活リズムを保つことが,健康維持の秘訣でもあり,それは脳力の向上にもつながります。
    出典 :ログイン|カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    規則正しい生活リズムをつかむトレーニングが必要です。

  • 寝つきが悪くなった,朝起きることが辛いと感じたとき,それは睡眠のリズムが乱れているサインの可能性があります。 出来るだけ早いうちに,規則正しい生活のリズムを取り戻すことを心がけましょう。 些細なことではありますが,このようなことの積み重ねは脳力の向上のみならず,健全な精神衛生を保つためにも重要なことです。
    出典 :脳と睡眠の関係 | 頭の回転を早くする脳のトレーニングを無料で!
     

    乱れたと感じたら、すぐに修正を。

  • 方法は、イスに腰掛け、(ベッドの人はベッドに腰掛けてOK)

    1. 気分を落ち着けて

    2. 「肩が重たい~」 『背中が重たい~』 『肩が温か~』 『背中が温か~』
    と心の中で唱え

    3. 大きな伸びをして終了

    たったこれだけです。

    さらに丁寧にやりたい場合は

    1.できるだけ静かで薄暗い場所に行き、椅子に身体を預けます。

    2.「気持ちが落ち着いている」と心の中で唱えます。気持ちが落ち着くまで繰り返します。

    3.「右腕が重たい」「左腕が重たい」「右足が重たい」「左足が重たい」と順番に唱えます。

    4.「右腕が温かい」「左腕が温かい」「右足が温かい」「左足が温かい」と順番に唱えます。

    5.最後に必ず「大きな伸び」をして、自律訓練法に区切りをつけます。

    体が睡眠に適した体温になり、呼吸も深くなり、入眠に最適なコンディションになります。
    そこで床につきます。
    出典 :睡眠と美容の深~い関係|セルフヒプノで快眠(オフィーリア)[ispot]
     

    入眠のための自律訓練法だそうです。

  • 睡眠美容

     

    眠っている間には、「メラトニン」というホルモンも分泌されます。 「メラトニン」は細胞の老化を防ぐほか、細菌やウイルスを体内に侵入させないように免疫の働きを高めたり、抗酸化力を高めることも明らかになっています。さらに、肌のハリやツヤに欠かせない女性ホルモンの「エストロゲン」も、睡眠不足になるとその分泌が減ってしまうことがわかっています。
    加えて、十分な睡眠が摂れないと、食欲を高める「グレリン」というホルモンが多く分泌されてしまうため、食べ過ぎて美容状態が悪くなってしまう可能性もあるのです。

  • 眠っている間の呼吸も大事

     

    大きなポイントのひとつに「呼吸」があげられます。眠っている間の呼吸がしっかりできていると、脳も体もリラックス状態になります。すると血管が拡張し、体のすみずみまで血液や酸素が運ばれ、それが肌のターンオーバーを促進することにもなるのです。

  • もっと簡単に、寝ている間の鼻呼吸をサポートしてくれるのが「ブリーズライト」のような鼻孔拡張テープです。このテープを小鼻に貼るだけで、鼻の通気率が最大31%アップするというデータ(※グラクソ・スミスクライン社調べ)もあるほど。
    出典 :熟睡、鼻呼吸、ブリーズライト…美を育む「睡眠講座」
     

    睡眠時の鼻呼吸をサポートしてくれます

  • 人は眠りに入ると、まずは深い眠り「ノンレム睡眠」に入ります。個人差はありますが、ノンレム睡眠の長さは、60分~90分ぐらい。その後、10分~15分ぐらい浅い眠りの「レム睡眠」があり、またノンレム睡眠に入ります。ノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返し、朝が近づくにつれノンレム睡眠の深さが徐々に浅くなっていき、やがて覚醒する、というのが睡眠のサイクルです。
    睡眠時間が短いなどの理由で、ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルを繰り返すことが出来ないと、睡眠に満足感が得られなくなってしまいます。また、年齢を重ねると、眠りの深さが浅くなったり、睡眠のサイクルが短くなり、質の良い睡眠が取りづらくなると言われています。
    出典 :美肌の必須条件は、質の良い睡眠 [肌の悩み・対処法] All About
     

    睡眠のサイクルを覚えましょう。

  • 1.血行を良くすること
    2.脳を刺激しないこと


    寝る前は、ほっとできるやさしい明かりで過ごすのもおすすめ
    私たちは身体の深部の体温をゆっくりと下げながら眠りに入っていきます。入浴や温かい飲み物で身体を温め、血行を良くすると、睡眠に導くための体温低下がスムーズに行われます。ただ、入浴後、すぐに布団に入るのはおすすめしません。汗が引かない状態で布団の中に入ってしまうと、汗で身体が冷えてしまいます。入浴後は、髪を乾かしたり、肌のお手入れをするなど、ゆっくりと過ごしてから布団に入るようにしましょう
    出典 :2/2 美肌の必須条件は、質の良い睡眠 [肌の悩み・対処法] All About
     

    寝る前の環境を整えましょう