症状が軽ければ自宅で治せる?頸椎椎間板ヘルニアのストレッチ治療法

首にビリビリと痛みを感じる「頸椎椎間板ヘルニア」。症状が軽ければ自宅で治せるそうです。そんな、頸椎椎間板ヘルニアのストレッチ治療法について、まとめてみました。

view296

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 首にも起きるヘルニアの症状

  • 椎間板ヘルニアと聞けば、腰部での椎間板ヘルニアをよく連想しますが、頚部でも椎間板ヘルニアが発症します。
    出典 :頸椎椎間板ヘルニア
  •  

    ヘルニア=腰の痛みと思っている人も多いかと思いますが、首に起きるヘルニアも存在します。

  • ヘルニアとは「飛び出してしまった状態」という意味をもっていて、腰におきることもあれば、首や肩などに起きる事もあります。このうち、首や肩あたりにある「頚椎」でクッションの役割をしている軟骨が飛び出してしまったために痛みをともなう頚椎椎間板ヘルニアです。
    出典 :頚椎椎間板ヘルニアとストレッチ【FITNESS-JAPAN ストレッチ館】
  • 腰部とは少し違って、こちらは「頸椎症」と呼ばれる骨の変形から生じることが多く、重症例になると、脊髄を圧迫する「頚椎症性脊髄症」と呼ばれる疾患になることがあります。ここでは、頸椎部が原因で手がしびれる疾患について述べて、他の疾患との鑑別と日常での注意点などについて説明していきます。
    出典 :頸椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアとは?

  • 頚椎椎間板ヘルニアは40代からが最も発症しやすいと言われ、原因としては姿勢の悪さや運動不足などが挙げられます。姿勢の悪さについては、特にムチ打ちが起きるようなことを頻繁にしたり、寝違えるような姿勢で寝る習慣を避けなければなりません。
    出典 :頚椎椎間板ヘルニアを改善するにはある運動がとてもお薦めです
  •  

    頚椎椎間板ヘルニアは、日常生活で首に負担をかけた時になる可能性があります。

  • 頚椎椎間板ヘルニアは基本的には神経性の痛みなのでビリビリと痛みを感じます。
    肩や首などは筋肉がこりやすい場所なのでなかなかヘルニアに気づかない人も多いのですが、ビリビリとした痛みを感じたらヘルニアを疑ってみてください。
    出典 :頚椎椎間板ヘルニアとストレッチ【FITNESS-JAPAN ストレッチ館】
  • 頚椎椎間板ヘルニアの場合には痛みのレベルもいろいろあり、我慢できないぐらいの痛みを伴う事も在れば、痛みをこらえて日常生活を送る事ができる程度の痛みしか感じない場合もあります。
    出典 :頚椎椎間板ヘルニアとストレッチ【FITNESS-JAPAN ストレッチ館】
  • もう一つのタイプとしては、両手のしびれがみられたり、両手を使って行う細かい動作(箸を使う動作・ボタンをかける動作・ページをめくる動作など:巧緻運動)が徐々に出来にくくなり、それと時期を同じくして両足が足先から段々としびれてきたり、歩行がなんとなく不自由になるなどの症状が数日から数週間の経過で急速に進行するものです。
    出典 :頸椎椎間板ヘルニア|病気の解説と治療法の紹介|日本脊髄外科学会
  • 我慢できないほどの痛みがある場合には直ちに病院へ行かなければいけませんが、「なんとなく痛いな」ぐらいの場合なら、ストレッチをする事で症状を軽減する事も可能なようです。
    出典 :頚椎椎間板ヘルニアとストレッチ【FITNESS-JAPAN ストレッチ館】
  • 頸椎椎間板ヘルニアのストレッチ治療法

  • 頚椎椎間板ヘルニアの症状が現れている場合には、筋肉残りをほぐそうとマッサージに行ったり整体に行ったりするのはNGです。自宅で適度なストレッチ程度ならOKですが、症状がどんどんひどくなるような場合には病院での治療を受ける事をおススメします。
    出典 :頚椎椎間板ヘルニアとストレッチ【FITNESS-JAPAN ストレッチ館】
  • 頚椎ヘルニアを予防するため、あるいは既に発症している人が症状を改善するためにストレッチを行うことは有効なことです。ただし、予防目的で行う方はともかくとして、発症している人が症状を改善させる目的でストレッチを実行するにあたっては、必ず主治医と相談の上で行ってください。
    出典 :頚椎ヘルニアに効果のあるストレッチ
  •  

    頸椎椎間板ヘルニアと思われる症状がある場合には、一度病院で診断を受けましょう。
    軽症でストレッチなどの運動を勧められた場合には、肩甲骨あたりの筋肉をストレッチさせたりするのが効果的とのこと。

  • ストレッチ方法

  • ◆肩を落とすストレッチ
    ①ゆっくりと首を横に曲げ、反対側の肩をできる限り下にさげます。
    ②左右それぞれ10回程度同じ動きを繰り返します。

  • ◆体をひねるストレッチ
    ①まず、あおむけに寝て両ひざを立てます。
    ②両肩が床から離れないように注意してゆっくり真横に倒します。
    ③倒した状態で、10秒ぐらい静止します。
    ④左右それぞれ10回ずつ同じ動きを繰り返します。

  • ◆足をかかえるストレッチ
    ①あお向けになって両膝を両手でゆっくりとかかえます。(肩は浮かないように注意)
    ②腰などに痛みを感じない程度で止めて、そのまま5秒間保持します。
    ③10回程度同じ動きを繰り返します。

  • また、頸椎椎間板ヘルニアのストレッチ動画なども、インターネットで探すことができます。

  • 椎間板ヘルニア緩和ストレッチ

  • 最後に

  • 何よりも大切なのは、頚椎椎間板ヘルニアにならないように普段から筋肉のコリをほぐしたり、血行を良くする工夫をしたりして予防策を講じる事。ストレッチは頚椎椎間板ヘルニア予防にも大きな効果があるのでぜひおススメです。
    出典 :頚椎椎間板ヘルニアとストレッチ【FITNESS-JAPAN ストレッチ館】
  • 特に女性の場合は、男性よりも筋力が少ないため、常日頃から意識してストレッチやトレーニングで首周りを鍛えることが必要になってきます。
    出典 :頚椎椎間板ヘルニアを改善するにはある運動がとてもお薦めです