妊娠しやすいセックスの謎に迫る!ポイントはタイミングより◯◯!?

いったい妊娠しやすいセックスとはどんなものなんでしょうか?実はタイミングより大事なのは◯◯って知ってました?また、妊娠しやすい体位ってあるの?なかなか妊娠できなくて悩んでいるべべ待ちカップル必見です!

view780

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠しやすいセックスの謎に迫る!

  •  

    身体的にも問題なく適齢なのになかなか赤ちゃんができない・・・

    そんなべべ待ちカップルがいちばん初めに試してみる方法。それが排卵日近くを狙ってセックスをする「タイミング法」なのではないでしょうか?

  • でも、このタイミング法、なかなか効果が出ないという人も多いのでは?
    実はいくら排卵日前を狙ってセックスしたとしても、月の回数はそのときの1、2回になってしまっているカップルがすごく多いんだそうです。
    これではさすがに回数、少ないですよね〜・・・。
    それに排卵日の前に合わせてセックスをすることばかり考えてしまうと、せっかくの2人の愛を確かめ合う時間が味気ないものになってしまう恐れも。
    いっそのことタイミングばかりを意識したセックスをやめて、もっと自然に妊娠力を高められるセックスに切り替えてみてはどうでしょうか?

  • ★排卵日にこだわらず週に2〜3回のセックスを

     

    回数が多い方が妊娠しやすいから、という単純な理由だけでもないようなのです。

  • 妊娠するためのセックス」の第一のポイントは、頻度です。週に2〜3回
    出典 :女医が教える 妊娠するためのセックス | アラフォー・ボディは女の証明 | Project DRESS (プロジェクト・ドレス)
  • 排卵日付近のみセックスをするのではなく、愛情表現やコミュニケーションの一貫として定期的にセックスをすることは妊娠に結びつく大きな効果が
    出典 :回数?気持ちよさ?妊娠しやすいセックスとは | ラルーン
  • 定期的なセックスは生理周期や排卵を整える働きがあるから
    出典 :回数?気持ちよさ?妊娠しやすいセックスとは | ラルーン
     

    これまで1ヶ月につき排卵日前の2〜3回だったというカップルは、排卵日にこだわらずに週2〜3回に回数を増やしてみましょう。
    もちろん、ただ回数が多くなったので妊娠のチャンスが上がる、ということもあるのですが、それ以外にも、
    ・どんどん新しい精子になるため精子の質が良くなり妊娠力アップ!
    ・女性の体の機能を整えてくれる効果があるので健康的になり妊娠力アップ!
    といいことづくめ♫
    もちろん、大事なのは義務感からではなく2人が心から楽しむこと!

  • ★気持ちのよいセックスを!

     

    セックスで気持ちよさやオーガズムを感じると妊娠力アップにつながるんだそうです!
    その理由とは?

  • セックスで快感と感じると、脳の一部である視床下部や下垂体から女性ホルモンが沢山分泌
    出典 :回数?気持ちよさ?妊娠しやすいセックスとは | ラルーン
  • 精液が射出された後は、1時間以内に女性がオーガズムを得た場合、そうでない場合に比べて多くの精子を子宮内に留め、より多くの精子を頸管まで吸い上げる
    出典 :不妊にまつわる6つの誤解|不妊症、子宮筋腫の診断は名古屋「享福漢方薬局」
     

    これ、すごくないですか?まるで女性の体そのものが「愛する人との気持ちのよいセックスで妊娠したい」言っているみたいです!
    まず、女性が性的興奮を感じると、
    膣内の潤滑液が増える→妊娠にまつわるホルモンの分泌が促進→卵子が成熟。
    という現象が起こるんだそう。
    これだけで、本気のセックスと義務的なセックスとでは妊娠力に差が出そうですよね。
    また、膣内の粘液が増えると精子が生き残りやすくなるとのこと。
    そして最終的にオーガズムに達した女性の子宮は精子をぐんぐん取り込むように収縮するんだそうです。

    セックスと妊娠の関係ってとても自然に、よくできていると思いませんか?

  • ★妊娠しやすい体位ってあるの?

     

    最後に、妊娠しやすい体位のポイントは「精子を留めておける」こと。

  • 妊娠することが目的なら、騎乗位や座位、立位はあまりおすすめできません
    出典 :妊娠しやすい体位|妊娠したいコム
     

    女性の上半身が起き上がった状態の体位は、射精後の精液が女性器から流れ出やすいので妊娠という目的にはおすすめできません。
    また、
    ・正常位
    ・後背位(バック)
    ・後側位(バックの状態で横向きになった体勢)
    ・側仰位(お互いに寝た状態で向き合った体勢)
    に関してはどれも射精後の精液がこぼれにくく、精子が子宮まで到達しやすい体位だと言われているようです。

  • 最後に•••やっぱり大切なのは2人の愛情!

     

    今回まとめながら感じたのは、女性の体は幸せになるためにできているのだということ!
    義務的なセックスより愛情いっぱいで気持ちいいセックスの方が妊娠力が上がるなんてまさにその証拠。
    排卵期を意識しすぎてセックスを楽しめなくなっていたカップルは、これからちょっと意識を変えてまずお互いにラブラブな雰囲気を取り戻すことから始めてはどうでしょうか?