妊娠初期にいいレシピ

妊娠初期にいいレシピ
つわりがひどく食べられない人も
おいしくてついつい食べてしまう人も

  • ramu 更新日:2014/03/16

view655

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦さんが食べていいもの

  • 自分の体に、もうひとり、別の人間が育っている……。赤ちゃんが生まれるって、本当に神秘的なことですね。でも、妊娠中は食生活のどんな部分に注意すればいいのでしょうか。

    健康的な妊娠生活、おなかの赤ちゃんの成長、そして、産後のママと赤ちゃんのために、何を食べたらいいのかまとめてみました。
    出典 :ピジョンインフォ | 妊娠・出産・育児情報 妊娠・育児マスターへの道
  • 栄養バランスに注意して食事をとるのは、妊娠前と同じ。
    でも、おなかにはこれから成長していく赤ちゃんもいます。特にとったほうがいい栄養素をみてみましょう。
    出典 :ピジョンインフォ | 妊娠・出産・育児情報 妊娠・育児マスターへの道
  • 鉄分

     

    レバー、牛肉の赤身を中心に
    肉類、カキ、アサリ、卵、大豆など。

  • 妊娠中は生理的な貧血になりやすいものです。鉄分は血液の成分に欠かせない栄養素。貧血になると力が入らないばかりか、赤ちゃんに必要な酸素も不足してしまいます。

    健診には貧血検査もありますが、ここでチェックされると、鉄剤を処方されることに。こうなる前に、できれば日常の食事で鉄分を摂りましょう。

    ビタミンCやたんぱく質とあわせて摂取すると、体への吸収がスムーズです。動物性の食品に含まれる、ヘム鉄のほうが吸収されやすいですよ。

  • タンパク質

     

    動物性たんぱく質では肉・魚・卵、牛乳やチーズなどの乳製品からも多くのたんぱく質をとることが出来ます。
    植物性たんぱく質は豆類・豆腐・がんもどき・おから、小豆など意外と種類が豊富です。

  • たんぱく質は赤ちゃんの体を形成するために必要な栄養素です。特に妊娠後期のたんぱく質不足は妊娠中毒症をひきおこす原因ともなります。
    たんぱく質は各種アミノ酸によってつくられており、良質なたんぱく質とは必須アミノ酸(体の中でつくられないアミノ酸)を多く含んでいる食品のことです。たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質とがあり、必須アミノ酸は両方を摂取することによりまんべんなく取り入れることができます。

  • カルシウム

     

    乳製品、大豆製品、小魚、小松菜などの
    緑黄色野菜、海藻類。

  • 言わずと知れた、骨や歯の素。胎児の骨や歯だけでなく、ママの体にも必要です。カルシウム不足になると、イライラしたり、こむら返りも起きやすくなります。

    非妊娠時でも一日600mg必要です。妊娠時にはその1.5倍……900mgは必要。

  • 食物繊維

     

    乾燥ワカメ・ひじきなどの海藻類
    サツマイモ・ごぼうなどの根菜、他

  • 妊娠をするとホルモンの関係で腸の働きが鈍くなり、また子宮が大きくなることで腸が圧迫されるため便秘をしやすくなります。
    肥満・便秘を防ぐため食物繊維を多く含む食品をとるよう心掛けましょう。

  • つわりで食べられない

     

    つらいですね。
    見たり、想像しただけで”うっ”ときてしまうことも・・・

  • 妊娠初期には、食べられなくて体重が減ってしまう人もいます。
    でも、ふつうのつわり状態なら、それほど心配しなくて大丈夫です。
    赤ちゃんはお母さんの体から、自分に必要な栄養はしっかり取り入れているのです。

    ですから、つわりで気分が悪いときには、食べられるときに食べられるものを、ということを原則にしてください。無理やり栄養価の高い食べ物を選んで食べる必要はありません。
    あまりひどいようなら担当医に相談してください。

  • 栄養たっぷりレシピ

  • ほうれん草とあさりのトマト炒め

     

    材料(2人分)

    ほうれん草          160g
    あさりの水煮缶         40g
    干しひじき           10g
    トマト             1個
    味の素KKコンソメ顆粒タイプ  小さじ1/2
    こしょう            少々
    AJINOMOTO オリーブオイル エクストラバージン  小さじ2

    【ほうれん草とあさりのトマト炒めの作り方】

    (1)ほうれん草は4等分の長さに切る。トマトはヘタを取ってザク切りにする。
    ひじきはぬるま湯に約10分つけてもどす。あさりは汁をきっておく。

    (2)フライパンにオリーブオイルエクストラバージンを熱し、
       (1)のひじき・ほうれん草を入れて炒める。

    (3)(1)のあさり・トマト、「コンソメ」、こしょうを加えて炒め合わせる。

  • 油揚げと小松菜・もやしのにんにく炒め

     

    材料(4人分)

    油揚げ         2枚
    小松菜         1束(300g)
    もやし         1/2袋(100g)
    にんにく        1片
    味の素75g瓶       4ふり
    A酒           大さじ1
    Aしょうゆ        小さじ2
    A味の素75g       8ふり
    瀬戸のほんじお      少々
    こしょう      少々
    AJINOMOTO サラダ油  大さじ1

    【油揚げと小松菜・もやしのにんにく炒めの作り方】

    (1)油揚げは8等分し、小松菜は5cm長さに切る。にんにくは薄切りにする。
       もやしはひげ根を取る。

    (2)フライパンを熱して(1)の油揚げを入れ、「味の素」をふり、カリッとするまで焼いていったん取り出す。

    (3)フライパンに油を熱し、(1)のにんにくを炒め、香りが出たら(1)の小松菜・もやしを加えて炒める。

    (4)しんなりしたら(2)の油揚げを戻し入れ、Aを加えてさらに炒め、塩・こしょうで味を調える。

  • ヘルシーキウイヨーグルトジュース

     

    材料(2人分)

    キウイ・正味      3個(200g)
    パルスイート     大さじ4(24g)
    レモン汁        小さじ2
    プレーンヨーグルト  大さじ8
    牛乳・冷たいもの    カップ1

    【ヘルシーキウイヨーグルトジュースの作り方】

    (1)キウイは皮をむき、8mm角に切り、耐熱ボウルに入れる。

    (2)「パルスイート」、レモン汁を加えて混ぜ合わせ、ラップをせず、電子レンジ(600W)で6分加熱する。サッと混ぜ合わせて、軽くつぶし、さらに4分加熱し、キウイジャムを作る。

    (3)グラスにそれぞれ(2)のキウイジャム大さじ2、プレーンヨーグルト大さじ4を入れ、混ぜ合わせる。

    (4)牛乳カップ1/2ずつを注ぎ、サッと混ぜ合わせる。

    *「パルスイート」を使用したジャムは、砂糖を使用したジャムに比べて 保存期間は短くなりますので、なるべく早めにお召し上がりください。